『さよなら、人類』監督の最新作!映画『ホモ・サピエンスの涙』公開決定

アロノフスキー(『ブラック・スワン』)、アリ・スター(『ミッドサマー』)、イニャリトゥ(バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)など、数々の名匠たちが敬愛する、奇才ロイ・アンダーソン監督5年ぶりの最新作『ホモ・サピエンスの涙』が、11月20日より公開することが決定した。

監督は、前作『さよなら、人類』(14)で、第71回ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞(グランプリ)に輝き、さらに5年ぶりとなる本作でも同映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞という快挙を成し遂げた巨匠ロイ・アンダーソン。
CG全盛のこの時代にCGはほぼ使わず、巨大なスタジオにセットを組み、模型や手描きのマットペイントを多用するという、アナログにこだわった手法で傑作を生みだし続けてきた。
動く絵画のような唯一無二の映像美と、独特のユーモアが散りばめられた哲学的な世界観が絶賛され、『散歩する惑星』(00)、『愛おしき隣人』(07)、『さよなら、人類』(14)とカンヌやヴェネチアなど各国の映画祭で受賞を重ねている。

そんな彼が最新作で描くのは、時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇。
監督自身が構図・色彩・美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーンすべてをワンシーン・ワンカットで撮影し、圧倒の映像美にのせて「千夜一夜物語」の語り手シェヘラザードを彷彿とさせるナレーションが物語へと誘う。

この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル…悲しみは永遠のように感じられるが、長くは続かない。これから愛に出会う青年。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャー…幸せはほんの一瞬でも、永遠に心に残り続ける――。人類には愛がある、希望がある。だから、悲劇に負けずに生きていける。
悲しみと喜びを繰り返してきた不器用で愛おしい人類の姿を万華鏡のように映し出した本作は、海外メディアも絶賛!

映画『ホモ・サピエンスの涙』は、11月20日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

作品情報

ホモ・サピエンスの涙

出演:マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム
監督・脚本:ロイ・アンダーソン(『愛おしき隣人』『さよなら、人類』)
2019年/スウェーデン=ドイツ=ノルウェー
配給:ビターズ・エンド

関連記事

前の記事へ

長谷徳人、榊原優希の『Readyyy! の ゆるすた』と大河元気の『DX 大変恐れいりますが、大河元気のラジオです。』が7月31日(金)からRakuten TV声優チャンネルで配信再開!

次の記事へ

夏フェス出演アーティストが音楽担当!?夏フェスがない今年の夏に、おウチで楽しむ映画 第一弾