北川景子主演の映画『ファーストラブ』 センセーショナルな特報映像&ティザービジュアルが解禁

解禁されたティザーポスターⒸ2021『ファーストラヴ』製作委員会

島本理生の直木賞受賞作である同名小説を、監督・堤幸彦、主演・北川景子で映像化した映画『ファーストラブ』の公開が2021年2月に決定し、特報映像とティザービジュアルが解禁された。

映画『ファーストラブ』は、島本理生の同名小説が原作。‟稀代の問題作“とも称された傑作サスペンス・ミステリーで、第159回直木賞受賞作。
主演を務める北川景子は、女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀を演じる。
そして由紀の義弟で、彼女と共に事件の真相に迫る弁護士・庵野迦葉を中村倫也、父親殺しの容疑者・聖山環菜には芳根京子、さらに由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞を窪塚洋介がそれぞれ演じている。
監督は『十二人の死にたい子どもたち』をはじめ『TRICK』シリーズ『SPEC』シリーズなどを手掛けてきた堤幸彦、脚本はドラマ『八日目の蝉』(NHK)や『彼女がその名を知らない鳥たち』浅野妙子が担当。

解禁された特報映像は、冒頭から「娘の環菜被告は、父親の胸を包丁で刺して殺害したとみられます」というニュースのナレーションとともに、血まみれの包丁を手に持った聖山環菜が川辺を歩く場面から始まる。
事件を取材する真壁由紀に対して、環菜が「嘘つきなんですよ、私」と衝撃の一言を放ち、戸惑う由紀のシーンや、数々の記憶の断片とも見える意味深なカットも映し出されている。
そして、環菜が口にする「動機はそちらで見つけてください」という挑発的な台詞の先に一体何が待っているのか。
続報に期待が膨らむ特報映像となっている。

映画『ファーストラブ』は2021年2月に全国公開。

作品情報

ファーストラブ

あらすじ

川沿いを血まみれで歩く女子大生が逮捕された。殺されたのは彼女の父親。「動機はそちらで見つけてください。」 容疑者・聖山環菜の挑発的な言葉が世間を騒がせていた。 事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、夫・真壁我聞の弟で弁護士の庵野迦葉とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねる-- 二転三転する供述に翻弄され、真実が歪められる中で、由紀は環菜にどこか過去の自分と似た「何か」を感じ始めていた。そして自分の過去を知る迦葉の存在と、環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになるのだが…。 なぜ、彼女は父を殺さなければならなかったのか? <ファーストラヴ>に隠された事件の真相に、あなたの<愛の記憶>も揺らぎ出す――

出演:北川景子、中村倫也、芳根京子、窪塚洋介
監督:堤幸彦
脚本:浅野妙子
原作:島本理生『ファーストラヴ』(文春文庫刊)
配給:KADOKAWA


Ⓒ2021『ファーストラヴ』製作委員会


関連作品をRakuten TVで視聴する

関連記事

前の記事へ

宝塚歌劇のディナーショーがRakuten TVでLIVE配信決定!

次の記事へ

日ハム・有原、リベンジなるか!?無料配信試合、日本ハム VS 楽天の見どころ(8/22)