寺田心が主演の映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の新キャスト、新ビジュアル解禁!

(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ

主演・寺田心、監督・三池崇史による話題作『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(2021年公開予定)に、杉咲花大沢たかおが出演することが新たに発表された。また、映画の世界観が伝わってくる新ビジュアルも解禁に。

1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』。令和版としてスケールアップした本作では、寺田演じる主人公・渡辺兄(わたなべけい)が、数奇な運命に導かれ世界の存亡をかけた戦いに挑む姿を描く。そんな主人公を導くことになるメインの2大妖怪役を、杉咲花大沢たかおが演じることが発表された。

杉咲が扮するのは「狐面(きつねめん)の女」。妖怪たちとの大冒険に巻き込まれていく主人公に、厳しく接しつつも守ろうとする役どころで、その名の通り、狐の面とクールなコーンローのヘアスタイルがトレードマークの謎多きキャラクターだ。
一方、大沢が扮するのは、狸の総師「隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)」。三池監督いわく、「過激でありながら優しい。人間が支配しているように見える地球のその先を見据えて、その視点から人間と対峙している存在。スケールのでかい孤高の野獣」という役どころ。一見すると誰かわからないほどの特殊メイクにも注目だ。

また、杉咲、大沢が加わった新ビジュアルも公開された。
さまざまな妖怪たちがひしめく百鬼夜行の中心で、刀を胸に凛々しく佇む主人公・兄。その両脇を、美しい狐面の女と迫力ある隠神刑部が固める3ショットは、映画の世界観がひしひしと伝わってくる1枚になっている。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は、2021年全国ロードショー。


Rakuten TVで視聴する

関連記事

前の記事へ

桐山漣主演の映画『海の底からモナムール』が12月に公開!

次の記事へ

Rakuten TV 先週の販売本数ランキング(11/9〜11/15)