門脇麦&水原希子が共演する映画『あのこは貴族』場面写真が解禁!!

異なる階層に生きる2人の女性の人生を描いた話題作。その主人公、箱入り娘の華子の世界観を感じられる場面写真が解禁された。

本作は、異なる環境で生きる出会うはずのなかった2人の女性が、忘れられない一瞬の出会いを通して、互いに自分の生きる世界とは全く違う世界があることを知り、人生の新しい扉を開いていく姿を描く。
主人公の箱入り娘・華子を『チワワちゃん』『ここは退屈迎えに来て』の門脇麦、地方から上京し自力で生きる美紀を『グッドワイフ』の水原希子が演じる。
その他、2人を繋ぐことになる、弁護士・幸一郎役に扮するのは『人間失格 太宰治と3人の女たち』の高良健吾。そして、華子の学生時代からの友人・逸子役に『楽園』の石橋静河、美紀の地元の友人で同じ名門大学に入学する平田役に『映画 少年たち』の山下リオと、若手実力派俳優が集結した。
監督は初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。原作は、山内マリコによる同名小説。

今回新たに解禁された場面写真では、代々東京の中心地に居を構える良家の子女である華子の、美しい着物に身を包みながらも、それとは対照的に感情に乏しい微妙な表情が切り取られている。
「結婚=幸せ」という世界観を持った上流階級の箱入り娘である華子は、自分の感情を表に出すことに慣れておらず、微妙な表情や雰囲気だけでストーリーを引っ張っていく必要のある、映画的にはきわめて難しい役柄。監督は脚本の段階から「華子ができるのは門脇麦しかいない」とイメージを固めていたそう。門脇自身も「岨手監督の前作を観てからずっとご一緒したかったので期待に応えたい」と強い意気込みを持って挑んだ役柄だ。
また、美紀を演じた水原も役柄への思いを語っている。
地方出身者である美紀は、秀才で、都会に馴染んでいるのに、自己肯定感が薄い。もはや東京への幻想は抱いていないが、地元に帰る気にもなれず、学生時代からの腐れ縁を引きずっている──。そんな複雑な役柄に対して、脚本を読んだ水原は「美紀のキャラクターはほとんど私自身。年齢的にも今の自分にぴったりだと思う」と、自分自身と重ねるほど共感できたキャラクターであることを明かしている。

映画『あのこは貴族』は、2021年2月26日(金)より、全国公開。


Rakuten TVで関連作を視聴する

関連記事

前の記事へ

倉科カナ、上白石萌音の恋のライバル役(?)で『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』に出演!!

次の記事へ

【クリスマス映画】この季節に見たい!聖夜を彩る珠玉の映画をピックアップ!