1. TOP
  2. 映画
  3. 洋画
  4. チャドウィック・ボーズマン最後の主演作『21ブリッジ』の場面写真が解禁!!

チャドウィック・ボーズマン最後の主演作『21ブリッジ』の場面写真が解禁!!

チャドウィック・ボーズマン最後の主演作『21ブリッジ』の場面写真が解禁!!
『ブラックパンサー』で喝采を浴び、2020年8月に43歳の若さで惜しくもこの世を去ったボーズマン。2021年4月に公開される最後の主演作の場面写真が解禁された。
目次

『ブラックパンサー』で喝采を浴び、2020年8月に43歳の若さで惜しくもこの世を去ったボーズマン。2021年4月に公開される最後の主演作の場面写真が解禁された。

本作は、ニューヨークのマンハッタン島を舞台に、警察官の父を殺害された過去を持つ刑事が、孤立無援の中、街ぐるみの犯罪に挑むクライム・アクション・ミステリー。
主演はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の主演作『ブラックパンサー』で世界のニューヒーローとなったチャドウィック・ボーズマン。ガンのため2020 年8月に43歳の若さで惜しくもこの世を去った彼は、「脚本を読んで面白くて、観たことのない作品になると思った。そしてその通りの出来になっています」と語るほど惚れ込み、主演のみならずプロデュースという形でも本作に参加した。
監督は『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズを手掛けたブライアン・カーク。製作を手掛けたのは『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の監督、ルッソ兄弟(ジョー・ルッソアンソニー・ルッソ)。共演には『アメリカン・スナイパー』などのシエナ・ミラー。さらに『セッション』でアカデミー賞助演男優賞に輝いた J・K・シモンズなど、豪華実力派が脇を固める。

今回解禁された場面写真では、ボーズマン演じるアンドレ刑事が、緊迫感溢れる面持ちで銃を構えて事件現場に乗り込む姿が切り取られている。このあと、果たしてアンドレ刑事は孤立無援になりながらも、たった一人で事件の裏に隠された闇を暴くことができるのか?緊迫感溢れる犯罪追走劇と、リアルを追求したクライム・アクションの公開への期待が高まる。

映画『21ブリッジ』は、2021年4月全国ロードショー。

あらすじ

N.Y.市警の殺人課に所属するアンドレ・デイビス刑事(チャドウィック・ボーズマン)は、同じ警官だった亡き父親への想いを胸に、忙しい日々を過ごしていた。そんな折、真夜中に大量のコカインを奪って逃げた犯人2人組が、警察官8人を殺害する凶悪な事件が発生。マッケナ署長(J・K・シモンズ)の指令により、デイビスは麻薬取締班のフランキー刑事(シエナ・ミラー)と組んで捜査を開始。そしてN.Y.マンハッタン島に架かる21の橋を全て封鎖し、追い詰める作戦に出た。夜明けまでには犯人の居場所を突き止め、逮捕しなければならない。だがデイビスは追跡を進めるうち、表向きの事件とはまったく別の陰謀があることを悟る。果たしてその真実とは――!?

キャスト・スタッフ

製作:ジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ
出演:チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズほか
配給:ショウゲート


Rakuten TVで関連作を視聴する

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ