1. TOP
  2. 映画
  3. 【誕生日(2月17日)】吉瀬美智子の出演作をご紹介!

【誕生日(2月17日)】吉瀬美智子の出演作をご紹介!

【誕生日(2月17日)】吉瀬美智子の出演作をご紹介!
2月17日は吉瀬美智子さんの誕生日! そこで、Rakuten TVで配信中の作品の中から、出演作をご紹介!
目次

2月17日は吉瀬美智子さんの誕生日! そこで、Rakuten TVで配信中の作品の中から、出演作をご紹介!

吉瀬美智子出演作

死刑台のエレベーター

鬼才ルイ・マルの傑作サスペンスを、吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子の競演でリメイク!

愛人関係にある男と共に、周到に殺人計画を企てたひとりの女。それは自分の夫を自殺と見せかけ、男に殺させることだった。しかしその完全犯罪は、男が巻き込まれたエレベーターのアクシデントによってもろくも崩れ去ってしまう。女は約束の場所に現れなかった男を捜して、夜の街をさまよう。一方の男は、閉じ込められたエレベーターで、焦り、苛立ち、恐れを募らせていく。

出演:吉瀬美智子 阿部寛 玉山鉄二 北川景子 平泉成 りょう 津川雅彦 柄本明
監督:緒方明
脚本:木田薫子


白夜

眞木大輔(EXILE)吉瀬美智子共演!

「橋の上で待っています。午後から、ずっと─」フランス・リヨンの赤い橋の上。 親に黙って会社も辞めて、日本を飛び出してきた相沢朋子(吉瀬美智子)はその日、午後12時から橋の上に佇んでいた。昨日までごく普通のOLだった彼女が、待っているのは別れた恋人。「日本人?」彼女にそう声をかけたのは、木島立夫(眞木大輔)。バックパッカーとして海外を放浪して1年、明日帰国する予定の彼が持っているのは、日本行きのエアチケットと小銭だけ。 夜22時に出発するパリ行きの列車まで、どこかで時間をつぶさなければならない。ひと目で心を奪われた朋子と、おしゃべりでもして時を過ごせたら─。

出演:眞木大輔 吉瀬美智子
監督:小林政広


草原の椅子

『八日目の蝉』の成島出監督が、宮本輝の同名小説を映画化したヒューマンドラマ。

バツイチで年頃の娘と二人暮らしの当間憲太郎に、50歳を過ぎての運命的な3つの出会いが訪れる。ひとつは、取引先の社長・富樫に懇願され、いい年になってからの親友としての付き合いを始めたこと。もうひとつは、ふと目に留まった独身女性・貴志子の憂いを帯びた容貌に惹かれ、淡い想いを寄せるようになったこと。最後のひとつとは、親に見放された幼子・圭輔の面倒をみるようになったことであった…。

出演:佐藤浩市 西村まさ彦(西村雅彦) 吉瀬美智子 小池栄子 AKIRA 黒木華 貞光泰風 中村靖日 若村麻由美 井川比佐志
監督:成島出
脚本:加藤正人 成島出


Rakuten TVで視聴する

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ