ラッセル・クロウが史上最悪のあおり運転ドライバーに!最新主演作『アオラレ』の予告編が解禁

これがあおり運転の最終形態!?危険極まりないラッセル・クロウがどこまでも追ってくる“ヤバすぎる”予告映像&ポスタービジュアルが公開された。

世界中でロックダウンが相次いだ後の公開にも関わらず、19の国と地域でNo.1 ヒットを記録した映画『アオラレ』が5月に公開される。

誰もが遭遇してしまう可能性のある“あおり運転”の恐怖を描く本作。『グラディエーター』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した名優ラッセル・クロウが、暴力的なあおり運転をする悪漢を演じていることでも話題だ。
監督を務めたのは『レッド・バレッツ』『幸せでおカネが買えるワケ』のデリック・ボルテ。出演には、謎の“男”を演じるラッセル・クロウをはじめ、謎の“男”のあおり運転のターゲットになってしまうレイチェル役を、『光をくれた人』『否定と肯定』などのカレン・ピストリアス、レイチェルの息子・カイル役を、『チャイルド・プレイ』『ライト/オフ』などのガブリエル・ベイトマンなどが参加している。

今回、そんな本作の予告映像とポスターが解禁された。
予告映像は、子供を送り届けるために車を走らせるシングルマザーのレイチェル(カレン・ピストリアス)が、見知らぬ“男”(ラッセル・クロウ)と信号で言い合いになってしまうところから始まる。青信号でも停車したままの男の車に対してクラクションを鳴らし、追い抜くレイチェルに「運転マナーがなっていない」と告げる男。急いでいるレイチェルは「わざとよ」と答えるが、そのささいな小競り合いから、レイチェルは想像もしていなかった恐怖に巻き込まれていく。狂気を秘めた表情でレイチェルの乗る車をアオりまくり、常軌を逸した行動で追い詰めていく男。他にも、相手構わず車で突進していく姿や、周りの目などお構いなしで次々に攻撃をする姿、さらには銃弾を受けてもびくともしないなど、男の規格外の”ヤバさ”が満載。果たしてこの男からレイチェルは逃げ切れるのか?
また、予告映像と併せてポスターも解禁。息子や家族を守るため男から必死で逃げようとするレイチェルと、レイチェルを今にも捕えようとするかのような男のデザインが不穏な空気を感じさせるポスターとなっている。

映画『アオラレ』は、2021年5月、全国ロードショー。

予告映像はコチラ


Rakuten TVで関連作を視聴する

関連記事

前の記事へ

【誕生日(2月9日)】新海誠監督作をご紹介!

次の記事へ

【俳優ピックアップ】『ジョーカー』での怪演が話題のホアキン・フェニックス出演作品をご紹介!