1. TOP
  2. 映画
  3. 洋画
  4. アンソニー・ホプキンス主演作『ファーザー』の公開決定!ショート予告&ビジュアルも解禁

アンソニー・ホプキンス主演作『ファーザー』の公開決定!ショート予告&ビジュアルも解禁

アンソニー・ホプキンス主演作『ファーザー』の公開決定!ショート予告&ビジュアルも解禁
83歳の名優アンソニー・ホプキンス、役者人生の最高傑作にして集大成ともいわれる話題作の公開が5月に決定した。あわせて予告動画とビジュアルも解禁された。
目次

83歳の名優アンソニー・ホプキンス、役者人生の最高傑作にして集大成ともいわれる話題作の公開が5月に決定した。あわせて予告動画とビジュアルも解禁された。

本作は、世界30カ国以上で上演された傑作舞台の映画化。これまでにない画期的な映像表現で、老いによる思い出の喪失と、親子の揺れる絆を描いた感動作だ。

主演は『マイティ・ソー/バトルロイヤル』『レッド・ドラゴン』などのアンソニー・ホプキンス。現在83歳の名優が、自身と同じ名前、同じ生年月日の、認知症の男性を演じていることでも話題だ。アカデミー賞の前哨戦となる賞も次々と獲得、本年度のオスカー大本命として数多くのメディアが太鼓判を推しており、実現すれば『羊たちの沈黙』のレクター博士役以来30年ぶりの受賞となる。
ホプキンスの娘役を演じるのは、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したオリヴィア・コールマン。繊細な娘役で深い共感を集め、彼女もまたアカデミー賞助演女優賞が有力視されている。

今回解禁された予告は、記憶が薄れゆく自身に困惑するアンソニー(アンソニー・ホプキンス)のシーンから始まる。父親の姿に戸惑う娘のアン(オリヴィア・コールマン)の姿ともに、アンソニーの視点を通して映し出される現実と幻想の境界線が曖昧になっていく様子や、過去の記憶と時間の混乱が、観る者をスリリングな映像体験へと誘っていく。父と娘の深く揺れ動く感情に心をつかまれるとともに、親子の深い愛情が映し出されている。
あわせて解禁されたビジュアルでは、愛おしい眼差しで見つめあう親子の姿が切り取られ、「史上最高の演技」の言葉とともに、豪華オスカー俳優キャストが織りなすアンサンブルに期待が高まる仕上がりとなっている。

先日発表された第78回ゴールデン・グローブ賞では、作品賞〈ドラマ部門〉、主演男優賞〈ドラマ部門〉、助演女優賞、脚本賞の4部門にノミネート。オスカー獲得が現実味を帯びてきた、心揺さぶる感動のヒューマンドラマに注目だ。

映画『ファーザー』は、5月14日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー。

予告動画はコチラ

あらすじ

    

ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは、記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配する介護人を拒否していた。そんな中、アンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられショックを受ける。だが、それが事実なら、アンソニーの自宅に突然現れ、アンと結婚して10年以上になると語る、この見知らぬ男は誰だ? なぜ彼はここが自分とアンの家だと主張するのか? ひょっとして財産を奪う気か? そして、アンソニーのもう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのか? 現実と幻想の境界が崩れていく中、最後にアンソニーがたどり着いた〈真実〉とは──?

キャスト・スタッフ

監督:フロリアン・ゼレール
脚本:クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール
出演:アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン、マーク・ゲイティス、イモージェン・プーツ、ルーファス・シーウェル、オリヴィア・ウィリアムズ


Rakuten TVで関連作を視聴する

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ