1. TOP
  2. 映画
  3. 【誕生日(2月5日)】大地真央、松本穂香の出演作をご紹介!

【誕生日(2月5日)】大地真央、松本穂香の出演作をご紹介!

【誕生日(2月5日)】大地真央、松本穂香の出演作をご紹介!
2月5日は大地真央さん、松本穂香さんの誕生日!Rakuten TVで配信中の出演作をご紹介!
目次

2月5日は大地真央さん、松本穂香さんの誕生日!Rakuten TVで配信中の出演作をご紹介!

大地真央 出演作

高台家の人々 

口下手で不器用な“妄想”が大好きなヒロインと、人の心が読める“テレパス”のイケメン・エリートの恋。

口下手で不器用な女子・平野木絵(綾瀬はるか)は、得意の“妄想”で何かと自分の世界に入り込みがち。ある日、木絵の勤めるオフィスに名門「高台家」のイケメンエリート・高台光正(斎藤工)が転勤してくる。決して交わるはずのない二人。しかし、不思議なことに光正は木絵に惹かれていく。それにはある理由が……。光正は人の心を読める“テレパス”だったのだ。心を読めるがゆえに人間関係に辟易していた光正にとって、木絵の奇想天外な妄想と、純粋で温かい心の声は心地良かった。
順調に交際する二人に名家“高台家”という壁が立ちはだかる。釣り合わない恋だと二人の関係を許さない光正の母。そして“テレパス”が2人の関係を変えていくことに……。

出演:綾瀬はるか、斎藤工、水原希子、間宮祥太朗、坂口健太郎、大野拓朗、塚地武雅、堀内敬子、夏帆、シャーロット・ケイト・フォックス、大地真央、市村正親
監督:土方政人


ドラマSP アガサ・クリスティ「予告殺人」

不思議な運命に翻弄される複雑な人間模様…殺人を予告された館の美しき当主に隠された過去とは…?

アガサ・クリスティ作品 第4弾は人気作品ベスト4の『予告殺人』!
大地真央を迎え、沢村一樹演じる警部・相国寺竜也が事件の謎に迫る…

ある朝、新聞の広告欄に唐突に掲載された「殺人のお知らせ」。果たして、世にも恐ろしい殺人の予告は本物なのか…? 壮大な謎とともに幕を開けるドラマ『予告殺人』は、その予告通りの日時と場所で殺人が起きるという衝撃の展開へと発展していきます。
「誰が、何の目的で殺人を予告したのか?」「犯人はいったい誰なのか?」――散りばめられた謎を解き明かすため、現場にやってくるのは、沢村一樹演じる警視庁捜査一課・特別捜査係の相国寺竜也(しょうこくじ・りゅうや)警部。『そして誰もいなくなった』、そして『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』でも活躍を見せてきたキレ者警部が、またもアガサ・クリスティの世界で躍動します。
そして殺人を予告される“小径の館”の美しき当主・黒岩怜里(くろいわ・れいり)を演じる大地真央。“レーリィ”と呼ばれる不思議な魅力を持った女性・怜里と相国寺が、劇中でどんな駆け引きを見せていくのか…

出演:沢村一樹、大地真央、荒川良々、芦名星、北乃きい、国広富之、田島令子、夏樹陽子、村田雄浩、室井滋
脚本:長坂秀佳

松本穂香 出演作

この世界の片隅に【TBSオンデマンド】

松本穂香松坂桃李で名作を連続ドラマ化!

松本穂香松坂桃李で、こうの史代の同名マンガ(双葉社刊)を連続ドラマ化!太平洋戦争のさなか、広島県の江波から呉に嫁いだヒロイン・すずが、嫁ぎ先の北條家で暮らすかけがえのない日常を丹念に描く。日本が泥沼の戦争に突き進んでいく中、戦場ではない所では、市井の人々の”普通”の暮らしがそのまま続いていた。物資が不足し、家族や友人たちが戦場に送られていく。そんな不安と闘いながらも、前向きに、そしてけなげに日々を生きるすずの姿は、”今”を懸命に生きる全ての人と重なるはずだ。音楽は、民放連続ドラマ登板は24年ぶりとなる久石譲が担当する。

出演:松本穂香、松坂桃李、村上虹郎、伊藤沙莉、土村芳、ドロンズ石本、久保田紗友、新井美羽、稲垣来泉、二階堂ふみ、榮倉奈々、古舘佑太郎、尾野真千子、木野花、塩見三省、田口トモロヲ、仙道敦子、伊藤蘭、宮本信子
脚本:岡田惠和


青くて痛くて脆い

この青春には嘘がある

人付き合いが苦手で、常に人と距離をとろうとする大学生・田端楓と空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃。ひとりぼっち同士の2人は、「世界を変える」という大それた目標を掲げ秘密結社サークル【モアイ】を作るが、秋好は“この世界”からいなくなってしまった…。秋好の存在亡き後、モアイは社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系の就活サークルに成り下がってしまう。取り残されてしまった楓の怒り、憎しみ、すべての歪んだ感情が暴走していく……。アイツらをぶっ潰す。秋好を奪ったモアイをぶっ壊す。どんな手を使ってでも……。楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み【モアイ奪還計画】を企む。青春最後の革命が、いま始まる−− 。

出演:吉沢亮、杉咲花、岡山天音、松本穂香、柄本佑、清水尋也、森七菜、茅島みずき、光石研
監督:狩山俊輔
脚本:杉原憲明


his

『愛がなんだ』の今泉力哉監督人気急上昇俳優・宮沢氷魚、映画初主演!恋人役には若手演技派俳優・藤原季節!男性同士の恋愛の“その先”を描いた人間ドラマ

春休みに江の島を訪れた男子高校生・井川迅と、湘南で高校に通う日比野渚。二人の間に芽生えた友情は、やがて愛へと発展し、お互いの気持ちを確かめ合っていく。しかし、迅の大学卒業を控えた頃、渚は「一緒にいても将来が見えない」と突如別れを告げる。出会いから13年後、迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れた渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に暮らしたい」と気持ちを伝える。しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判官から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく――

出演:宮沢氷魚、藤原季節、松本若菜、松本穂香、外村紗玖良
監督:今泉力哉
脚本:アサダアツシ


わたしは光をにぎっている

人、場所、時間――

両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子の入院を機に東京へ出てくることになった澪。都会の空気に馴染めないでいたが「目の前のできることから、ひとつずつ」という久仁子の言葉をきっかけに、居候先の銭湯を手伝うようになる。昔ながらの商店街の人たちとの交流も生まれ、都会の暮らしの中に喜びを見出し始めたある日、その場所が区画整理によりもうすぐなくなることを聞かされる。その事実に戸惑いながらも澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする―

出演:松本穂香、渡辺大知、徳永えり、吉村界人、忍成修吾、光石研、樫山文枝
監督:中川龍太郎
脚本:中川龍太郎、末木はるみ、左近圭太郎


Rakuten TVで視聴する

松本穂香 大地真央 誕生日
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ