【誕生日(3月20日)】竹中直人、スパイク・リーの関連作をご紹介!

3月20日は竹中直人さん、スパイク・リーさんの誕生日! そこで、Rakuten TVで配信中の作品の中から、関連作をご紹介。

竹中直人 出演作

天心

主演・竹中直人。他に中村獅童ら豪華キャストで、岡倉天心と弟子たちの熱い生き様を描く。

明治初期、若き天心はフェノロサと共に日本美術の保護に奔走していた。その後、東京美術学校の校長に就任。横山大観、下村観山、菱田春草ら若き才能の育成に尽力するなど、美術界のエリートコースを歩んでいたが、西洋画派との対立により、辞任に追い込まれる。天心は、彼を慕う大観ら弟子たちと共に日本美術院を立ち上げるが、やがて経営難へと陥ってしまう。

出演:竹中直人 中村獅童 平山浩行 木下ほうか 橋本一郎 渡辺裕之 温水洋一 神楽坂恵 キタキマユ 本田博太郎 大和田健介 イアン・ムーア
監督:松村克弥


ケンとメリー 雨あがりの夜空に

竹中直人、北乃きい競演の痛快ロード・ムービー! マレーシアを舞台に中年日本人とデタラメ中国人の珍道中を描く。

妻に先立たれ、男手ひとつで娘を育ててきた中年サラリーマン・片倉健。彼は愛娘の結婚を阻止すべくマレーシアへと向かったが、飛行機が嵐でマレーシアの僻地に緊急着陸することに。見知らぬ空港ではバスにもタクシーにも乗せてもらえず、挙句に財布をスられ一文無しになった片倉だったが、そんな彼の前に、ド派手な装飾の巨大トラックを運転する中国人メリーが現われる。

出演:竹中直人 フー・ビン 北乃きい ジザン・ラジャ・ローワク
監督:深作健太
脚本:楠野一郎


三文役者

自らを“三文役者”と呼んだ役者・殿山泰司の半生を描いた名作ドラマ。

戦後の日本映画の貴重なバイプレーヤーで、自らを“三文役者”と呼んだ役者・殿山泰司の半生を描いた、新藤兼人監督が贈る名作ドラマ。

出演:竹中直人 荻野目慶子 吉田日出子
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人


Shall we ダンス?

社交ダンスブームを巻き起こした大ヒット作がついに登場!

周防正行監督が、社交ダンスの世界を舞台に描くハートウォーミングな大人のラブコメディー映画。平凡な中年サラリーマンの杉山(役所広司)は、通勤電車のホームから見かけた社交ダンス教室の美女・舞(草刈民代)に魅せられ、ダンスを習うことに。やがて彼は舞目当てではなく、本気でダンスに取り組むようになり、また舞もひたむきな杉山の姿から、見失っていた自分自身を取り戻すようになるが……。

出演:役所広司 草刈民代 竹中直人 渡辺えり子 徳井優 田口浩正 草村礼子 柄本明
監督:周防正行
脚本:周防正行


シコふんじゃった。

女の子にはわからない。肌にくい込むまわしの快感。男の美学がここにある。

周防正行監督の第2作目。今の流行から外れた世界をコミカルに、やがては感動的に描く独特のセンスが遺憾なく発揮されている。楽して人生を乗り切ろうとする典型的現代学生、山本秋平(本木雅弘)は卒業単位と引き換えに廃部寸前の相撲部に入部させられ 試合に出場することになる。しかし彼が足を踏み入れた相撲の世界には、それまで経験したことのなかった熱く魅力的な何かがあったのだ! やがて彼は試合に勝って相撲部を救うためだけでなく、自分自身のためにシコを踏み始める。

出演:本木雅弘 清水美沙 竹中直人 柄本明 田口浩正 松田勝 梅本律子
監督:周防正行
脚本:周防正行

スパイク・リー 監督作

インサイド・マン

前代見聞の“完全犯罪”の謎とは―!

マンハッタンの銀行で強盗事件が発生!頭脳明晰な犯人グループのリーダー、ダルトンは人質全員に自分達と同じ格好をさせ捜査を撹乱する。交渉の糸口が見つからず当惑する捜査官フレイジャー。「奴らの目的は何なのか?何かがおかしい・・・」。女弁護士ホワイトが犯人との交渉役として現れる。前代見聞の“完全犯罪”の謎とは―!

出演:デンゼル・ワシントン クライヴ・オーウェン ジョディ・フォスター クリストファー・プラマー ウィレム・デフォー キウェテル・イジョフォー キム・ディレクター カルロス・アンドレス・ゴメス
監督:スパイク・リー
脚本:ラッセル・ジェウィルス


ラストゲーム

スパイク・リーとデンゼル・ワシントンが「マルコムX」以来6年ぶりに組んだヒューマンドラマ。

スパイク・リーとデンゼル・ワシントンが「マルコムX」以来6年ぶりに組んだヒューマンドラマ。バスケットボールを通じて親子が絆を取り戻す姿を描く。ジーザスは才能あるバスケットボール選手で、高校の卒業を控えて大学へ行くか、NBAに入団するか悩んでいた。そんな彼の前に、父親ジェイクが現われる。ジェイクは、母を死なせた罪で刑務所に入っていたが、一週間の期限で出所してきたのだった。ジーザスは激しく反発するが。

出演:デンゼル・ワシントン レイ・アレン ミラ・ジョヴォヴィッチ ロザリオ・ドーソン
監督:スパイク・リー
脚本:スパイク・リー


ガール6

鬼才スパイク・リーが、現代女性の夢と現実に斬り込む衝撃作。

女優への夢を追いながら、生活のためにテレホンセックスのアルバイトを始めた通称“ガール6”。「相手の話に耳を傾け、親身になって味方してあげるのが成功のコツ」と教えられた彼女は、顧客が求める魅惑の女性像をセクシーボイスで演じ分け、電話を通してまるで映画のヒロインになったような快感を覚えていく。生まれて初めて人気ナンバー1の座にのぼりつめていくガール6だったが…。

出演:テレサ・ランドル イザイア・ワシントン スパイク・リー デビ・メイザー ナオミ・キャンベル
監督:スパイク・リー


サマー・オブ・サム

鬼才スパイク・リー監督が実際に起きた事件を背景に描く、戦慄のサイコ・サスペンス!

その《狂気》の始まりは、1977年ニューヨーク――。 記録的な猛暑、大停電、略奪者の群れ、そして“サムの息子”による連続無差別殺人…。1977年夏、異常なまでの緊張がN.Y.の人々を襲っていた。ヴィニーは美しい妻ディオナがいながら、その夜も浮気に興じていた。そこで偶然に発見してしまった惨殺死体。それは街中を恐怖に陥れていた連続殺人鬼“サムの息子”の新しい被害者だった。街は恐怖とパニックにおちいり、マスコミ報道はされらに加熱。異端とされる者たちは次々と容疑者リストに載せられ、歪んだ愛、ドラッグ、妄想が生み出す狂気で、人々は憎しみと裏切りに麻痺していく。

出演:ジョン・レグイザモ エイドリアン・ブロディ ミラ・ソルヴィーノ ジェニファー・エスポジート
監督:スパイク・リー
脚本:ビクター・コリッチオ マイケル・インペリオーリ スパイク・リー


Rakuten TVで視聴する

関連記事

前の記事へ

吉永小百合主演、松坂桃李&広瀬すず共演の映画『いのちの停車場』メイン&場面写真が解禁!

次の記事へ

第44回日本アカデミー賞 最優秀作品賞に『ミッドナイトスワン』!最多受賞は『Fukushima 50』の6部門