1. TOP
  2. ドラマ
  3. 国内ドラマ
  4. 長澤まさみが弁護士になって帰ってくる!ドラマ『ドラゴン桜』続編に前作と同じ役で出演!

長澤まさみが弁護士になって帰ってくる!ドラマ『ドラゴン桜』続編に前作と同じ役で出演!

長澤まさみが弁護士になって帰ってくる!ドラマ『ドラゴン桜』続編に前作と同じ役で出演!
2021年4月期のTBS日曜ドラマ枠で放送されることが決定しており、主演の阿部寛と同じく、長澤まさみも前作に続いて出演することが発表された。

三田紀房の同名人気コミックを2005年に実写ドラマ化した『ドラゴン桜』。経営難の三流私立高校に債権者代理として乗り込んだ元暴走族の弁護士・桜木が、弁護士としての名を上げるため、東大受験のための特別進学クラスを創設し、生徒たちの東大合格のために奮闘する姿や、受験を通して成長する生徒たちの姿を描いて人気を博した。

そんな『ドラゴン桜』の続編が4月からTBSで放送される。原作は同じく三田の「ドラゴン桜2」(週刊漫画誌「モーニング」にて2018年から人気連載中)。『下町ロケット』『まだ結婚できない男』などの阿部寛が、前作に引き続き主役の桜木を演じる。

そして今回、『キングダム』『コンフィデンスマンJP』シリーズなど、数々の話題作で活躍する人気女優・長澤まさみの出演が決定した。長澤が演じるのは前作同様、桜木がかつて受け持った“東大クラス”の教え子・水野直美役。
前作では、母親の病気という不運も重なり東大受験を諦めざるを得なかった水野だが、一浪の末に東大に合格。その後、弁護士資格を取得し、桜木が経営する法律事務所に入所。桜木と共に、新時代の高校生に立ち向かっていく。
今作では、16年前は桜木の教え子だった水野が成長し、生徒たちを導く側に。長澤演じる水野が今作の新時代の生徒たちとどのような形で関わり、桜木とどんなコンビネーションを見せてくれるのか、大注目だ。

長澤まさみコメント

私にとって『ドラゴン桜』は青春が詰まった作品です。本当に長く愛されている作品で「好きだった!」と今でも言われることが多く、前作から16年も経っていたという実感が私自身あまりありませんでした。
きっとテレビの前の皆様もこの作品が戻ってくることを、楽しみにしていてくれたんじゃないかなと思います。私も撮影をすごく楽しみにしています。
私が演じる水野は前回と立場が変わっているので、改めて身を引き締めて頑張ります。ぜひ楽しみにしていてください!

日曜劇場『ドラゴン桜』は、TBSにて2021年4月スタート(毎週日曜21:00)。

キャスト・スタッフ

原作:三田紀房「ドラゴン桜2」(講談社刊)
プロデュース:飯田和孝、黎景怡
演出:福澤克雄 ほか
出演:阿部寛、長澤まさみ ほか

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

277414,362409,312376

ドラマ TBS ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ