1. TOP
  2. ドラマ
  3. 国内ドラマ
  4. 加藤清史郎が東大合格を目指す生徒役に!ドラマ『ドラゴン桜』の新キャスト解禁

加藤清史郎が東大合格を目指す生徒役に!ドラマ『ドラゴン桜』の新キャスト解禁

加藤清史郎が東大合格を目指す生徒役に!ドラマ『ドラゴン桜』の新キャスト解禁
TBSで4月にスタートする新ドラマ『ドラゴン桜』の、東大合格を目指す“東大専科”の生徒役が続々解禁。加藤清史郎のほか、志田彩良、鈴鹿央士の出演も発表された。

本作は、三田紀房の同名コミックを2005年に実写ドラマ化し人気を博した『ドラゴン桜』の続編で、今の時代のエッセンスを取り入れたドラマオリジナルのストーリー展開が予定されている。

前作から引き続き、阿部寛が主人公・桜木建二を演じるほか、桜木がかつて受け持った「東大クラス」の教え子・水野直美役に長澤まさみ、今作の舞台となる学園の教頭・高原浩之役に及川光博、桜木が信頼を寄せる弁護士・岸本香に元宝塚歌劇団トップスターの早霧せいな、学園の理事長・龍野久美子役に江口のりこ、桜木の元教え子・米山圭太役で佐野勇斗が出演。

また、東京大学合格を目指す特別クラス「東大専科」の生徒役として、今まで何かに本気で打ち込んだことがないイマドキ女子・早瀬菜緒役で南沙良、ある問題を抱えて周囲から孤立している原健太役で細田佳央太が出演することが明らかになっていた。

そして新たに、東大専科の生徒役が続々と発表。
成績は学園文系トップで優秀だが受験に興味がなく、卒業後は就職を考えている小杉麻里役を『チア☆ダン』『mellow メロウ』などの志田彩良が、成績が優秀ゆえに他人を見下す癖があり、周りから浮いている生徒・藤井遼役を、『蜜蜂と遠雷』で新人賞を総なめにした鈴鹿央士が演じる。
また、優秀な弟と常に比較され続けてきたため、劣等感がしみついている天野晃一郎役を、加藤清史郎が演じることも明らかになった。『忍たま乱太郎』など子役時代から活躍する加藤は、最近では『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』などで印象的な演技を披露し、さらなるステップアップが期待されている。

キャリアも実力も兼ね備えた加藤、ネクストブレイク必至の志田と鈴鹿。期待の若手3人が演じる生徒たちが、桜木との出会いでどう成長していくのか、注目だ。

キャストコメント

志田彩良

オーディションで決まった時は信じられませんでした。本当にうれしいです。出演させていただくからには小杉麻里として進路としっかり向き合いつつ、私自身も真剣に丁寧に役と向き合って、勉強をさせていただきます。大先輩も同世代の皆さんもいらっしゃる現場で、自分にできることを一生懸命やりながら、たくさんの方にお届けできればと思っています。


鈴鹿央士

日曜日に『ドラゴン桜』を観て、月曜日から頑張ろうと思っていただけたらいいなと思いますし、そこに自分が携われることを幸せに感じています。世の中が大変な状況のなかで、受験生の方をはじめ、学生や社会人の皆さんを元気づけられる作品になるよう、頑張って演じていきます。


加藤清史郎

オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました。
天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の一人として、精一杯、役を生きていきたいです。

日曜劇場『ドラゴン桜』は、TBSにて2021年4月スタート(毎週日曜21:00)。

キャスト・スタッフ

原作:三田紀房「ドラゴン桜2」(講談社刊)
プロデュース:飯田和孝、黎景怡
演出:福澤克雄 ほか
出演:阿部寛、長澤まさみ / 南沙良、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太 / 佐野勇斗、早霧せいな / 江口のりこ、及川光博 ほか

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

62969,349186,337110

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ