1. TOP
  2. ドラマ
  3. 『日本沈没―希望のひと―』 小栗旬、松山ケンイチ、杏らの場面写真が解禁!!

『日本沈没―希望のひと―』 小栗旬、松山ケンイチ、杏らの場面写真が解禁!!

『日本沈没―希望のひと―』 小栗旬、松山ケンイチ、杏らの場面写真が解禁!!
2021年10月TBSでスタートするドラマ『日本沈没―希望のひと―』の場面写真が解禁され、主演の小栗旬、松山ケンイチ、杏ら、豪華俳優陣の最新ショットが公開された。
目次

2021年10月TBSでスタートするドラマ『日本沈没―希望のひと―』の場面写真が解禁され、主演の小栗旬、松山ケンイチ、杏ら、豪華俳優陣の最新ショットが公開された。


本作は、1973年に刊行された小松左京の「日本沈没」を基に、舞台を2023年の東京に移して大きなアレンジを加えた新たな物語。
沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」というテーマを、ドラマオリジナルの登場人物で描いていく。

主人公となる野心家の環境省官僚・天海啓示を演じるのは、『人間失格 太宰治と3人の女たち』の小栗旬。その天海も参加している“日本未来推進会議”に経産省代表として参加している常盤紘一を、『宮本から君へ』などの松山ケンイチが演じる。さらに週刊誌の女性記者・椎名実梨役を、総理大臣・東山栄一役を仲村トオル、そして原作でも重要な鍵を握る屈指の人気キャラクター・田所雄介を香川照之が演じる。

そしてこのたび、本作の場面写真が解禁となった。
小栗旬演じる環境省官僚の主人公・天海啓示が、大学の同期である経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)とデモ隊を前にするシーンや、スクープを狙う週刊誌記者・椎名実梨()と天海が秘密裏に接触するシーン、天海と常盤が東山栄一総理(仲村トオル)と面会するシーン、沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介博士(香川照之)が内閣府に招かれるシーンが公開。
昨年冬にクランクインした今作は、2023年の日本ならではの舞台で撮影が行われている。初共演の小栗と杏が織りなす水面下での交渉シーンや、リアルを追求しこだわり抜いた首相官邸一室にも注目だ。

ドラマ『日本沈没―希望のひと―』は、TBSにて2021年10月スタート(毎週日曜21:00)。

あらすじ

2023年、東京。
東山総理(仲村トオル)は、世界環境会議で汚染物質を液化して海底地層の隙間に貯留する「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。さらに東山は、“未来の日本”を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”を発足。そのメンバーに環境省の天海啓示(小栗旬)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)も選ばれていた。
そんな折、ある週刊誌に関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介(香川照之)の記事が載る。この記事が原因で、一部の団体がデモを起こし、天海は事態収束のために田所と対面する。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不気味な予言を放ち、天海は翻弄される。
そんな矢先、天海は週刊誌・サンデー毎朝記者の椎名実梨()に「Dプランズ」という環境ビジネスで稼ぐ企業と環境省のあらぬ癒着疑惑を突きつけられる。
一抹の不安を抱えつつ、常盤と共に趣味のスキューバーダイビングに出かけた天海は、そこで衝撃的な出来事に遭遇してしまう・・・。

キャスト・スタッフ

原作:小松左京「日本沈没」
脚本:橋本裕志
プロデュース:東仲恵吾
出演:小栗旬松山ケンイチ仲村トオル香川照之 ほか

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)


Rakuten TVで視聴する

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ