1. TOP
  2. 映画
  3. ドラマ『生きるとか死ぬとか親父とか』主演・吉田羊、國村隼の出演作品をご紹介!

ドラマ『生きるとか死ぬとか親父とか』主演・吉田羊、國村隼の出演作品をご紹介!

ドラマ『生きるとか死ぬとか親父とか』主演・吉田羊、國村隼の出演作品をご紹介!
ドラマ『生きるとか死ぬとか親父とか』主演・吉田羊、國村隼の出演作品をご紹介!
目次
(C)2018 『ラブドック』製作委員会

人気エッセイ『生きるとか死ぬとか親父とか』の実写化ドラマが4月9日(金) 0:12からテレビ東京系列でスタートする。主演は吉田羊國村隼

原作は、ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める“独身のカリスマ“ことジェーン・スーの同名エッセイ。自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリーとなっている。
また、主演の二人以外にも、主人公・トキコの20代の回想シーンを松岡茉優、トキコの母親を富田靖子、蒲原トキコの相方として番組を進行するアナウンサー東七海を田中みな実、トキコの元カレ・青柳タツヤを岩崎う大(かもめんたる)が演じる。

今回は主演の吉田羊、國村隼の出演作品をご紹介。

吉田羊 出演作

母さんがどんなに僕を嫌いでも

”大好き”をあきらめない。20年以上、母の愛を諦めなかった息子の実話

一流企業で働き、傍目には順風満帆な生活を送る主人公のタイジ(太賀)だったが、実は幼い頃から母・光子(吉田羊)に心身ともに傷つけられてきた経験を持っていた。辛い気持ちを悟られまいと、つくり笑いを浮かべながら、本心を隠し精一杯生き抜いてきたタイジ。やがて大人になったタイジは、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、かつて自分に手をあげた母親と向かいあう決意をする。

出演:仲野太賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、小山春朋、斉藤陽一郎、おかやまはじめ、木野花
監督:御法川修
脚本:大谷洋介


ラブドック

運命の恋、遺伝子で判断します―

とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意昧のある場所。
ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。
そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。
これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?いくつになっても恋をしたい!人生を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない…。
そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメティ!

出演:吉田羊、野村周平、玉木宏、吉田鋼太郎、広末涼子、成田凌、大久保佳代子、篠原篤、唐田えりか
監督:鈴木おさむ
脚本:鈴木おさむ


記憶にございません!

この男に任せて大丈夫か。

国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介。
ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官3名のみ。国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていく……。

出演:中井貴一、ディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)、石田ゆり子、草刈正雄、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、山口崇、田中圭、梶原善、寺島進、藤本隆宏、迫田孝也、ROLLY、後藤淳平(ジャルジャル)、宮澤エマ、濱田龍臣、有働由美子
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜


嫌な女

女優・黒木瞳の映画監督デビュー作で、黒木主演でNHKドラマ化もされた桂望実の同名小説を映画化。

石田徹子はストレートで司法試験に合格し、弁護士となった才媛。29歳で結婚をし、人も羨む幸せな人生を送る筈が、仕事も結婚生活も上手くいかず、心に空白と孤独を抱えた日々を過ごしていた。
そんなある日、婚約破棄で慰謝料を請求されたという女性が徹子の元に訪れる。女性の名は小谷夏子。徹子の同い年の従姉だった。夏子は初対面の相手でも、たちまちするりとその懐に入ってしまい、男をその気にさせる天才。彼女との未来を夢見た男は、いつの間にか自らお金を出してしまうのだ。しばらくぶりで再会した二人だったが、この日以来、徹子は生来の詐欺師の夏子に振り回され、トラブルが起こるたびに解決に引っ張りだされることになり…。

出演:吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、佐々木希、袴田吉彦、田中麗奈、織本順吉、寺田農、ラサール石井、永島暎子
監督:黒木瞳

國村隼 出演作

影裏

日本中を感動に包んだ、心震わすヒューマンミステリーの傑作!

今野(綾野剛)は、転勤で移り住んだ盛岡で日浅(松田龍平)に出会う。慣れない地でただ一人心を許せる存在。成熟した青春の日々に、今野は言いようのない心地よさを感じていた。しかしある日、日浅は突然姿を消してしまう。日浅を探し始めた今野は、日浅の父に捜索願を出すよう頼むが、何故か断られてしまう。そして見えてきたのは、これまで自分が見てきた彼とは全く違う別の顔。陽の光の下、ともに時を過ごしたあの男の”本当”とは…

出演:綾野剛、松田龍平、筒井真理子、中村倫也、國村隼、安田顕
監督:大友啓史
脚本:澤井香織


KOKORO

そして、あなたもまた生きている。

夫と思春期の子供二人とフランスで暮らすアリスの元に、長い間旅に出ていた弟ナタンが戻ってきた。日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語った数日後、弟は突然この世を去ってしまう。弟の死にショックを受けたアリスは、弟を変えた人々、そこにある何かに出会うため、ひとり日本を訪れる。弟の足跡をたどりアリスが行き着いたのは、投身自殺の名所と知られる崖のある海辺の村。そこで出会った元警察官の男ダイスケは、悩める人々の心に寄り添い、自殺を思いとどまらせていた。求めすぎず、静かに傷を癒すことのできるその場所にアリスはどこか安らぎを感じる。
そしてダイスケをはじめジロウ、ヒロミ、ミドリ、ハルキら、その村で出会った人々との交流が、静かにアリスの心に変化をもたらしていく──。

出演:イザベル・カレ、國村隼、安藤政信、門脇麦
監督:バンニャ・ダルカンタラ
製作総指揮:アンヌ=ロール・ゲガン


かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発- 

人生は鉄道に乗った長い旅―『RAILWAYS』シリーズ第3弾!

東京で幸せな結婚生活を送っていた晶は、夫・修平の突然の死によりシングルマザーとなる。生活は一変し、晶は、修平の連れ子・駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ。そこには、修平と疎遠だった義父・節夫が暮らしていた。運転士の仕事一筋で生きてきた節夫は、突然やってきた晶たちに戸惑いながらも、3人での暮らしが始まる。晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のために、鉄道の運転士を目指すことを決意。「このままじゃダメだって分かってます。変わりたいんです。」母として、不器用ながらもまっすぐに生きようとする晶の姿に、これまで家族を顧みずにひとり生きてきた節夫も心を動かされはじめる――。

出演:有村架純、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高
監督:吉田康弘
脚本:吉田康弘


DESTINY 鎌倉ものがたり

愛する妻の命を取り戻すため、夫は黄泉の国へ旅に出る――

鎌倉に暮らすミステリー作家・一色正和のもとに嫁いだ年若い妻・亜紀子はその生活に驚くばかり。道を歩けば、魔物や幽霊、妖怪や仏様、死神までも現れるのだ。どうやらここ鎌倉は、人と人ならざるものたちが仲良く暮らす街らしい。亜紀子の理想とはちょっと違うけれど、楽しい新婚生活が始まった。しかし、正和には亜紀子に隠していた秘密があった。その秘密が原因で正和は結婚に疑問を感じて生きてきたようだ。正和はなぜ亜紀子を見初めたのだろうか?
ある日、病に倒れた正和が目を覚ますと、亜紀子の姿が消えていた。なんと亜紀子は不慮の事故で亡くなっており、黄泉の国(あの世)に旅立っていたのだった。失って初めて気づく妻・亜紀子への愛。正和は亜紀子の命を取り戻すため、一人黄泉の国へ向かう決意をする…。

出演:堺雅人、高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、市川実日子、ムロツヨシ、要潤、大倉孝二、神戸浩、國村隼、古田新太、鶴田真由、薬師丸ひろ子、吉行和子、橋爪功、三浦友和
監督:山崎貴
脚本:山崎貴


Rakuten TVで視聴する

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ