藤木直人、7月新ドラマ『ボクの殺意が恋をした』で“伝説の殺し屋”役に挑戦!!

中川大志が主演を務める7月スタートの日本テレビ系日曜ドラマに、藤木直人が出演することが発表された。藤木は、主人公の育ての親でもある“伝説の殺し屋”を演じる。

本作は、『G線上のあなたと私』『賭ケグルイ』シリーズなどの人気俳優・中川大志が主演を務める、殺意と恋が入り混じるスリリング・ラブコメディ。

中川が演じるのは、殺し屋・男虎柊(おのとらしゅう)。抜群の身体能力、甘いルックス、優しい性格だが、とにかく“間が悪い”。何者かに殺された育ての親・男虎丈一郎(おのとらじょういちろう)が実は伝説の殺し屋だったことを知り、復讐のために殺し屋家業を継ぐが、肝心なときに必ず失敗してしまう。そんな柊の暗殺ターゲットは、鳴宮美月(なるみやみつき)。しかし、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしてもどうしても殺せず、それどころか危険が迫るターゲットを守ってしまううえに、恋に落ちてしまう。
一方、柊に命を狙われる鳴宮美月役を演じるのは、『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『あのコの、トリコ。』などの新木優子。大人気漫画の原作者である美月は、私生活が謎に包まれているクールビューティー。ある大きな秘密を抱えており、男虎丈一郎殺害の真犯人だと目されているという役どころ。

そして今回新たに、柊の育ての親であり伝説の殺し屋でもある男虎丈一郎を、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『ラストコップ THE MOVIE』などの藤木直人が演じることが発表された。
警察が法律で裁くことができない悪人を暗殺している丈一郎は、柊を育てていくうちに、自分の生き方を見つめ直すようになり、やがて柊には真っ当な道を歩んで欲しいと願うように。そして、次の任務で“殺し屋”の仕事は本当に最後にしようと考えていた。最後のターゲットは、“鳴宮美月”。しかし、丈一郎は返り討ちにあってしまい、その仕事で殺害されてしまう。
厳しくも温かい父親としての一面と、裏の顔である伝説の殺し屋というクールな一面をあわせもつ丈一郎。殺し屋役は初だという藤木が、今作で一体どんな“顔”を見せてくれるのか注目だ。

藤木直人コメント

Q.出演が決まったときのお気持ちをお聞かせください

A. ついに来たかっ!と思いました。6年前に始まった日曜10時半のドラマ枠。「おしゃれイズム」の直後に始まる枠なのでいつか参加したいと思っていました。ゆっくりした日曜の夜、「おしゃれイズム」共々楽しんでいただける作品にしたいと思いました。

Q.男虎丈一郎 役に、どんな感想をもたれましたか?また、どんな風に演じたいなどありましたら、意気込みお聞かせください。

A.殺し屋を演じるのは初めて。しかも伝説!「ゴルゴ 13」を読んで役作りしたいと思います。

Q.“間の悪い”殺し屋を演じる 中川大志さんとの共演、楽しみにしている点などありましたら、お願いいたします

A. 以前朝ドラ「なつぞら」で広瀬すずさん演じるなつの育ての親を演じ、そのなつのお婿さんを演じたのが中川大志くんでした。今回は大志くんの育ての親。1親等近づきました(笑)。どんな親子像になるか楽しみです。

Q.視聴者のみなさんへのメッセージお願いします。

A. 殺し屋、が大勢出て来ますがコメディタッチの面白い作品だと思います。世の中はまだ大変な状況ですが、観て下さっている間に少しでも現実を忘れドラマの世界に入り込める作品になるようみんなで力を合わせ作っていきたいと思います。是非ご覧ください。

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』は、日本テレビ系にて2021年7月スタート(毎週日曜22:30)。

キャスト・スタッフ

出演:中川大志、新木優子、藤木直人 ほか
脚本:徳永友一 ほか
監督:星野和成、宝来忠昭
チーフプロデューサー:岡本浩一
プロデューサー:中間利彦、石田麻衣(ホリプロ)

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)


Rakuten TVで関連作を視聴する

関連記事

前の記事へ

『HIStory4 隣のきみに恋して~Close to You』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #10

次の記事へ

【誕生日(5月30日)】 福士蒼汰の出演作をご紹介!