『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の新キャストは大魔神!? 本ポスター&予告映像が解禁!

(C)2021『妖怪大戦争』ガーディアンズ

8月13日公開の話題作『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の本ポスターと予告映像が解禁。特撮界の象徴ともいえる”大魔神”が劇中に新たに登場することがわかった。

本作は、1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』を、大幅にスケールアップさせた令和版。
監督は、2005年に公開された前作に引き続き、ヒットメーカーの三池崇史。主人公で、伝説の妖怪ハンターの血を継ぐ小学生・渡辺兄(ケイ)を、『パパはわるものチャンピオン』『ハル~総合商社の女~』などの天才子役・寺田心が演じる。
そのほか妖怪役として、杉咲花大沢たかお大森南朋安藤サクラ大倉孝二三浦貴大大島優子赤楚衛二SUMIRE岡村隆史遠藤憲一石橋蓮司荒俣宏、HIKAKINが出演。さらに人間役として、北村一輝松嶋菜々子柄本明、子役の猪股怜生が出演するなど、日本を代表する超豪華キャストが勢ぞろい。

そして今回新たな本ポスター、場面写真、予告映像が解禁され、超豪華キャストに負けない“大物”が55年ぶりスクリーンに参戦することがわかった。
その大物の名は“大魔神”。1966年に大映(現・KADOKAWA)が製作・公開した日本映画の特撮時代劇シリーズ三部作、「大魔神」、「大魔神怒る」、「大魔神逆襲」に登場する守護神であり日本特撮界を代表するキャラクターだ。本作では埼玉の将軍塚に眠る古代の巨大な武神として、古代の妖怪ハンターの血を引く渡辺兄弟(寺田心、猪股怜生)の手によってのみ蘇るという、敵か味方かわからない役どころだ。
前身は鎧で覆われ、腰には刀、普段は穏和な表情だが、怒りが頂点に達すると憤怒の形相で破壊の限りを尽くすアノ大魔神の登場は、映画のオールドファンにはたまらないシーンとなるだろう。

解禁になった予告編では、人気アーティスト・いきものがかりが本作のために書き下ろした主題歌「ええじゃないか」のもと、気弱な主人公ケイが勇気を振り絞り「ぼくが相手だ!」と叫び妖刀を引き抜くシーンや、怒りの表情が大迫力の大魔神などが公開されている。
また、巨大な妖怪獣と大魔神を背に、勇ましく妖刀をかまえたケイや個性的な妖怪たちが並んだ本ポスターと、大魔神の肩に乗るケイと弟のダイ(猪股怜生)の姿など新たな場面写真も公開された。

この夏、何でもアリの“最強超ド派手ファンタジー”作品に注目だ。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は、2021年8月13日(金)、全国ロードショー。

予告映像はコチラ


解禁された場面写真はこちら

キャスト・スタッフ

出演:寺田心、杉咲花、猪股怜生、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE / 北村一輝 / 松嶋菜々子 / 岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司 / 柄本明 / 大森南朋 / 大沢たかお
監督:三池崇史
脚本:渡辺雄介
製作総指揮:角川歴彦、荒俣宏
主題歌:「ええじゃないか」いきものがかり(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:東宝、KADOKAWA


Rakuten TVで関連作を視聴する

関連記事

前の記事へ

アカデミー賞3冠の『ノマドランド』 Rakuten TVで配信スタート!

次の記事へ

松たか子の出演作をご紹介!【誕生日(6月10日)】