1. TOP
  2. 映画
  3. 邦画
  4. 藤木直人、宮藤官九郎の関連作をご紹介!【誕生日(7月19日)】

藤木直人、宮藤官九郎の関連作をご紹介!【誕生日(7月19日)】

藤木直人、宮藤官九郎の関連作をご紹介!【誕生日(7月19日)】
7月19日は藤木直人さんと宮藤官九郎さんの誕生日! そこで、Rakuten TVで配信中の作品の中から関連作品をご紹介。
目次

藤木直人 出演作

映画 ホタルノヒカリ

紆余曲折を経て、同居人にして上司である高野部長と結婚したホタル。心機一転、ステキ奥様をめざして奮闘するわけもなく、相変わらず自宅の縁側でゴロゴロと寝転がってばかり。“トド新妻”と化したホタルだったが、ノリノリの高野部長と共に新婚旅行でイタリアに行くことに。そしてローマへと飛び立ったふたりの前に、イタリア版干物女とでもいうべき莉央と弟の優が現われる。

出演:綾瀬はるか、藤木直人、手越祐也、板谷由夏、安田顕、松雪泰子
監督:吉野洋


g@me.

狂言誘拐を仕組んだ男女の恋の行方を描いたラブ・サスペンス。原作は・東野圭吾の『ゲームの名は誘拐』。

エリート広告クリエイターの佐久間は、仕事で屈辱を味わわされた広告主・葛城の娘・樹理が家出するのを偶然目撃する。樹理に、自分を人質として父親から3億円の身代金を奪うという、狂言誘拐を持ちかけられる。計画を実行していくうちに、二人は恋に落ちていくのだが……。

出演:藤木直人、仲間由紀恵、石橋凌、宇崎竜童、IZAM、椎名桔平、入江雅人、ガッツ石松、小日向文世、生瀬勝久
監督:井坂聡
脚本:尾崎将也


ラストコップ THE MOVIE

これまで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の不死身のパワーが、遂に限界に到達。 自らの死を覚悟しながら、なんとか自分の生き様を亮太に託そうとする京極だが、その目の前で発生する、最新鋭の人工知能が巻き起こした大事件。昭和のアナログ刑事vsハイテク人工知能の対決の中、ニッポンの壊滅を阻止するため、京極は最後の決断をする…。
死を覚悟した京極を前に、京極に大切な生き方を教えられてきた仲間たちはどうするのか?そして亮太と京極の愛娘、結衣との結婚は?そもそも、京極はどうなる!?

出演:唐沢寿明、窪田正孝、佐々木希、藤木直人、小日向文世、和久井映見、黒川智花、竹内涼真、松尾諭、桜井日奈子、武田玲奈、伊藤沙莉、田山涼成、マギー、宮川一朗太、加藤雅也、吉沢亮、升毅、出川哲朗
監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治

宮藤官九郎 出演作

なくもんか

幼い頃、むちゃくちゃな人生を送る父に捨てられ、生き別れた兄弟がいた。二人は、お互いの顔も名前も知らずに成長する。兄・祐太は、その人柄と秘伝のソースをかけたハムカツを名物に、行列のできる超人気店「デリカの山ちゃん」の店主として東京下町・善人通り商店街の顔に。弟・祐介は、「金城ブラザーズ」という超売れっ子芸人になっていた。そんなある日、10数年前に善人商店街を出て行ったきり全くの音信不通だった「山ちゃん」初代店主夫婦の一人娘・徹子が突然帰ってくる…。

出演:阿部サダヲ、永山瑛太、竹内結子、いしだあゆみ、塚本高史、伊原剛志、陣内孝則
監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎


謝罪の王様

前代未聞、映画史上初の“謝罪エンターテイメント”超大作誕生!

架空の職業である「謝罪師」を生業とする黒島譲(阿部サダヲ)が、ケンカの仲裁のような小さなトラブルから、政府を巻き込んだ国家存亡の危機まで、ひと癖もふた癖もある依頼人から舞い込む大小さまざまな事件に遭遇。降りかかる難問を次から次へと謝罪のテクニックを駆使して解決し、ついには土下座を超える「究極の謝罪」で謝る!

出演:阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子
監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎


GO

金城一紀の直木賞作品を、監督・行定勲、窪塚洋介、柴咲コウ競演で映画化した傑作青春ドラマ。

杉原は高校3年生。普段はまったく意識しないが、韓国の国籍を持ついわゆる“在日”だ。中学までは民族学校に通っていたが、広い世界を見たくなり、意を決して日本の普通高校へ入学した。杉原の父・秀吉は元ボクサーであり、杉原は幼い頃からボクシングを叩き込まれ喧嘩では現在24連勝中。記念すべき初勝利の相手は、今やすっかり仲良くなったヤクザの息子・加藤だった。

出演:窪塚洋介、柴咲コウ、大竹しのぶ、山崎努、新井浩文、山本太郎
監督:行定勲
脚本:宮藤官九郎

Rakuten TVで視聴する

108384,63019,62819

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ