1. TOP
  2. ドラマ
  3. 国内ドラマ
  4. ウエンツ瑛士が10月スタートの日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』に出演!

ウエンツ瑛士が10月スタートの日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』に出演!

ウエンツ瑛士が10月スタートの日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』に出演!
(C)TBS
小栗旬主演の『日本沈没―希望のひと―』にウエンツ瑛士が出演することが発表された。日本の未来に立ち向かう日本未来推進会議メンバー最年少・石塚平良役で登場する。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。刊行の翌年にはTBSでテレビドラマ化され、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。2021年10月スタートの本作は、刊行から48年の時を経てこの原作を大きくアレンジ。原作でも描かれていた「環境問題」を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて鮮明に描き出す。

さらに、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語が展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。

今回新たに発表されたのは、小栗旬演じる主人公の天海啓示と共に各省庁の代表として召集された、個性豊かな“日本未来推進会議”メンバーの1人、石塚平良役のウエンツ瑛士。厚生労働省代表でメンバー最年少。各省庁間で対立し合う会議メンバーの中で、潤滑油となる存在だ。

子役時代からドラマ・映画・舞台とエンターテインメントの世界で多岐にわたる活躍をしてきたウエンツは、バラエティ番組にも引っ張りだこの中、2018年10月からイギリス・ロンドンに演技留学。今作が帰国後初のドラマ出演となる。そんなウエンツはドラマ初主演作もTBSで、2005年に放送した愛の劇場『正しい恋愛のススメ』。日曜劇場への出演は2006年放送の『輪舞曲−ロンド−』以来15年ぶりとなる。『禅と骨』『ゲゲゲの鬼太郎』などで主演を務めたこともあるウエンツが、帰国後初のドラマ出演でどんな演技を見せるのか気になるところだ。

罪の声』『人間失格 太宰治と3人の女たち』『銀魂』など、様々な話題作、人気作に出演しトップを走り続ける主演の小栗とは、『ごくせん』(2002年、NTV)で共演経験があるウエンツ。未曾有の危機に立ち向かう中、“日本未来推進会議”で小栗とどのような掛け合いを見せるのか、必見だ。

ドラマ『日本沈没―希望のひと―』は、TBSにて2021年10月スタート(毎週日曜21:00)。

ウエンツ瑛士コメント

素晴らしいキャスト、スタッフさんの皆さんとお芝居を出来る喜びに満ち溢れています。
歴史のある作品で気の抜けないシーンが続いていきますが、その中で、弱さが剥き出しになった時に起こる人間ドラマを楽しんでいただけるんじゃないかと思います。
1つの判断が命を左右する未曾有の危機においてのムードメーカーという役割は、役柄的にも僕自身も常に不安との闘いでした。しかし希望も絶望も全て人の中にある事を改めて学べる素晴らしい作品です。

あらすじ

2023年、東京。東山総理(仲村トオル)は、世界環境会議で「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。さらに東山は、“未来の日本”を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”を発足する。そのメンバーに環境省の天海啓示(小栗旬)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、厚労省の石塚平良(ウエンツ瑛士)も選ばれていた。
そんな折、ある週刊誌に関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介(香川照之)の記事が載る。この記事が原因で、一部の団体がデモを起こし、天海は事態収束のために田所と対面する。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不気味な予言を放ち、天海は翻弄される。
そんな矢先、天海は週刊誌・サンデー毎朝記者の椎名実梨(杏)に「Dプランズ」という環境ビジネスで稼ぐ企業と環境省のあらぬ癒着疑惑を突きつけられる。
一抹の不安を抱えつつ、常盤と共に趣味のスキューバダイビングに出かけた天海は、そこで衝撃的な出来事に遭遇する・・・。

キャスト・スタッフ

原作:小松左京「日本沈没」
脚本:橋本裕志
プロデュース:東仲恵吾
出演:小栗 旬、松山ケンイチ、杏、ウエンツ瑛士、仲村トオル、香川照之 ほか

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

302522,62829,379649

ドラマ TBS 日本沈没
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ