1. TOP
  2. 映画
  3. 上戸彩、安達祐実、中村獅童の出演作をご紹介!【誕生日(9月14日)】

上戸彩、安達祐実、中村獅童の出演作をご紹介!【誕生日(9月14日)】

上戸彩、安達祐実、中村獅童の出演作をご紹介!【誕生日(9月14日)】
(C)2017フジテレビジョン 東宝 FNS27社
9月14日は上戸彩さん、安達祐実さん、中村獅童さんの誕生日! そこで、Rakuten TVで配信中の作品の中から、出演作をご紹介。
目次

上戸彩 関連作

昼顔

240122

決して、もう二度と。せめて、もう一度。

お互いに結婚していながら、惹かれあい愛し合うようになった笹本紗和と北野裕一郎。その一線を越えた関係はいつしか明るみになり、ついに2人は別れざる得なくなってしまった。そして、紗和は夫とも別れ一人になった。
あれから3年――紗和は海辺の町で慎ましく暮らしていた。オーナーの杉崎尚人が営むレストランでのアルバイトと狭いアパートの往復が日課で、北野の夢を見る事さえ既に無くなっていた。海岸沿いの小さな町には、彼女の過去を知る者は誰もいない。
一方、大学の非常勤講師となっていた北野は蛍に関する講演を、ある街で行う事に。講演中、客席に目を向けたとき、彼は言葉を失ってしまう。そこには、紗和の姿があった。
「神様、私を試しているのでしょうか」運命のいたずらか、再びめぐり会う二人。あの時に交わした愛を忘れられず、どちらからともなく逢瀬を重ねていく。清流ながれる蛍の住処が“約束の場所”。そんな中、二人の前に現れたのは、北野の妻・乃里子だった……。

出演:上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行
監督:西谷弘
脚本:井上由美子


武士の献立

106018

料理上手の”出戻り娘”が嫁いだのは、”でき損ないの包丁侍”。ふたりは本当の夫婦になれるのか?

優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となって1年で離縁された春(上戸彩)は、ひょんなことから加賀藩の料理方である舟木伝内(西田敏行)に料理の腕を見込まれ「息子の嫁に」と懇願される。伝内のたっての願いで、息子安信(高良健吾)のもとへ嫁ぐことを決意した春だったが…。

出演:上戸彩、高良健吾、西田敏行、余貴美子、夏川結衣、成海璃子、柄本佑、緒形直人、鹿賀丈史
監督:朝原雄三
脚本:柏田道夫、山室有紀子、朝原雄三


おしん

111018

日本は、この涙で強くなった。「生きる力」の物語。

明治40年、不作のため困窮を極めた谷村家では、7つのおしんが奉公に出される事となる。初めは家族と離れる事に抵抗したおしんだが、母のふじがおしんを手元に残すために冷たい川に浸かり、お腹の子どもを堕胎しようとする姿を見て、おしんは奉公に出る覚悟を決めるのだった。
最初の奉公先の中川材木店では、早朝から夜遅くまで、働き詰めの毎日を強いられた。女中頭・つねのきついしごきに耐えながら、おしんは我慢強く奉公を続けた。しかし店の財布から50銭銀貨がなくなり、盗みの疑いをかけられたとき、吹雪の中、黙って店を飛び出してしまう。山中で雪に埋もれていたおしんは、俊作という漁師に命を助けられ…。

出演:濱田ここね、上戸彩、稲垣吾郎、泉ピン子
監督:冨樫森

安達祐実 関連作

捨ててよ、安達さん。【テレ東OD】

347676

安達祐実が芸歴36年目にして最初で最後の安達祐実役!

ある日、安達さん(安達祐実)は女性誌の編集長から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに”毎号私物を一つ捨てる”という連続企画の相談を持ちかけられる。その夜、いつものように眠りについた安達さんの夢の中に謎の少女(川上凛子)と「捨てられないモノ」たちが擬人化して次々に登場し、自分を捨ててほしいとお願いする。子であり母であり妻であり女優である安達祐実のリアルとフィクションが入り混じった、「安達さん」の心を紐解く物語。

出演:安達祐実、川上凛子、西村晋弥、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知
脚本:下田悠子、大九明子


花宵道中

142104

たとえ叶わぬ恋だとしても、美しい花を咲かせたい

江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧は、縁日で半次郎という青年と出会う。幼い頃に母から受けた折檻のつらい記憶から、心を閉ざし空っぽな日々を送っていた朝霧だったが、半次郎に生まれて初めて胸のときめきを感じ、今まで知らなかった女性としての気持ちが徐々に目覚めていく。しかし、過酷な現実が彼女の運命を大きく変えてしまう――。

出演:安達祐実、淵上泰史、小篠恵奈、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野、松田賢二、中村映里子、不破万作、友近、高岡早紀、津田寛治
監督:豊島圭介
脚本:鴨義信


野のなななのか

https://im.akimg.tv.rakuten.co.jp/content/73/10/333701/chapter_l_0002.jpg

人の生き死には、常に誰か別の人の、生き死に繋がっている。

雪の北海道芦別市、現代。風変わりな古物商《星降る文化堂》を営む元病院長、鈴木光男(品川徹)が92歳で他界した。散り散りに暮らしていた鈴木家の面々が葬式のために古里・芦別に戻ってくる。そんな中、謎の女・清水信子(常盤貴子)が現れる。「まだ、間に合いましたか――?」。不意に現れては消える信子により、次第に光男の過去が焙り出される。1945年8月15日以降も戦争が続いていた樺太で、旧ソ連軍の侵攻を体験した光男に何が起きたのか?そこには信子が大切にしていた古本の、最初の持ち主である少女・綾野(安達祐実)の姿もあった。果たして信子と綾野の関係は? 明らかになる清水信子の正体とは? 生と死の境界線が曖昧な“なななのか(四十九日)”の期間に生者も死者も彷徨い人となり、やがて家族や古里が繋がっていることを学び、未来を生きようと決意をする。

出演:品川徹、常盤貴子、村田雄浩、松重豊、柴山智加、山崎紘菜、窪塚俊介、寺島咲、安達祐実、左時枝、伊藤孝雄
監督:大林宣彦
脚本:大林恭子

中村獅童 関連作

みをつくし料理帖

https://im.akimg.tv.rakuten.co.jp/content/96/37/376973/chapter_l_0004.jpg

角川春樹、最後の監督作品!累計発行部数400万部突破のベストセラー時代小説シリーズを映画化!

時代は享和二年の大坂。暮らし向きは違えども8歳の澪と野江は、まるで姉妹のように仲が良い幼なじみだった。「何があってもずっと一緒や。」しかしそんな2人が暮らす大坂を大洪水が襲い、澪と野江は生き別れてしまう。それから10年後。大洪水で両親を亡くした澪は引き取られ、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」で女料理人に。野江は吉原にある遊郭に買い取られ、幻の花魁・あさひ太夫と名乗っていた。澪が苦心して生み出した料理が、別々の人生を歩む2人を再び引き寄せていく。 

出演:松本穂香奈緒、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、小関裕太、藤井隆、野村宏伸、衛藤美彩、渡辺典子、村上淳、永島敏行、反町隆史、榎木孝明、鹿賀丈史、薬師丸ひろ子、石坂浩二、中村獅童
監督:角川春樹
脚本:江良至、松井香奈、角川春樹

男たちの大和/YAMATO

63109

総製作費25億円! 反町隆史、中村獅童、仲代達也、松山ケンイチら豪華スター競演の一大戦争ドラマ。

昭和16年12月8日、日本軍の真珠湾奇襲によって口火を切られた太平洋戦争。だが日本軍はミッドウェイ海戦で米軍に大敗を喫し、徐々に追い詰められていく。そんな緊迫した状況下で、神尾、伊達、西ら新兵たちは憧れの戦艦大和へと乗り込む。彼らは厳しい訓練にあえぐが、烹炊所班長の森脇二主曹や機銃射手の内田二兵曹に幾度か危機を救われる。

出演:反町隆史、中村獅童、仲代達矢、松山ケンイチ、鈴木京香、蒼井優
監督:佐藤純彌
脚本:佐藤純彌


いま、会いにゆきます

100840

全国書店員に支持されたロングセラー純愛小説を映画化した大ヒット作。

原作は、読者を感涙につつんだ市川拓司原作の純愛小説。妻に先立たれ、6歳の息子と暮らす巧の前に、亡くなったはずの妻が梅雨の季節のある雨の日、森の中に現れる。ただ彼女は一切の記憶を失っていた。巧たちは妻をやさしく迎え入れ、三人のちょっと不思議な共同生活が再び始まる。そして、三人の心に生涯消えることのない、ある大切な宝物が残されていくことになる…。

出演:竹内結子、中村獅童、武井証、中村嘉葎雄、YOU、小日向文世
監督:土井裕泰
脚本:岡田恵和

Rakuten TVで視聴する

240122,347676,100840

上戸彩 安達祐実 中村獅童
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ