1. TOP
  2. 映画
  3. ドラマ『らせんの迷宮』田中圭、安田顕、倉科カナの出演作品をご紹介!

ドラマ『らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~』田中圭、安田顕、倉科カナの出演作品をご紹介!

ドラマ『らせんの迷宮』田中圭、安田顕、倉科カナの出演作品をご紹介!
(c)テレビ朝日・MMJ
ドラマ『らせんの迷宮』の主要キャストである田中圭、安田顕、倉科カナの出演作品をご紹介!
目次

ドラマ『らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~』が10月15日(金)20:00からテレビ東京系列でスタートする。主演は田中圭。共演には安田顕倉科カナ

「DNAは嘘をつかない」が口癖である神保仁(田中圭)は、天才遺伝子科学者であるが、研究に没頭するあまり周りからは変人扱いされている。彼とバディを組むことになるのは、経験と勘が何より大事と信じて疑わない、昔気質の刑事、安堂源次(安田顕)。そんな正反対の性格の二人が難事件に挑むミステリードラマとなっている。


主要キャストである田中圭、安田顕、倉科カナの出演作品をご紹介。

田中圭 出演作

相棒シリーズ X DAY

369254

俺たちは、何と戦っているんだ?

“謎のデータ”がネット上にバラ撒かれ、削除された…。直後、燃え残った数十枚の一万円札と男の死体が発見された現場で、警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一とサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬は出会った。死体は東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を流していた疑いで、サイバー犯罪対策課にマークされていたのだ。殺人事件として真実を追う伊丹、不正アクセス容疑を追う岩月。いがみ合いながらも、共に捜査を進めていく二人だったが、目に見えない圧力に曝され、捜査は行き詰っていく…。「人が一人死んでるんだぞ!」伊丹の正義は、殺人の真相に辿りつけるのか?時同じくして、杉下右京を始めとする面々も、そのデータに触れ、否応無く事態に巻き込まれていく。その裏に蠢くのは、政官財の巨大な権力構造。そして、浮かび上がる 謎の“X DAY”計画の存在。それは何の計画なのか?誰が動いているのか?伊丹も岩月もそこに真相に辿りつけないまま焦燥感を募らせていく。「俺たちは、何と戦っているんだ…」。一人の熱血刑事と一人の専門捜査官は殺人犯を追い詰められるのか!?そして、その裏で蠢く金融界と霞ヶ関の思惑とは!?

出演:田中圭、川原和久、国仲涼子、別所哲也、深水元基、戸次重幸、関めぐみ、矢島健一、田口トモロヲ、宇津井健、木村佳乃、鈴木杏樹、大谷亮介、山中崇史、山西惇、六角精児、神保悟志、原田龍二、小野了、片桐竜次、水谷豊、及川光博
監督:橋本一
脚本:櫻井武晴


先生を消す方程式。

361989

「私を殺したいですか?そういうの嫌いじゃないです」

稀代のヒットメーカー・鈴木おさむが放つ衝撃の問題作!!いつも笑顔の謎の教師VS彼に殺意を抱く高IQ生徒たち…。壮絶バトルが開幕!!この『先生を消す方程式。』の舞台は、東大進学率も高い、都内の進学校“帝千学園”。特に、3年D組は成績優秀者が集められていました。しかし、3年D組の担当になった教師は皆、短期間でメンタルを蝕まれ、退職…。実は、このクラスには大人を追い詰め、壊れていく姿をゲームのように楽しむ生徒が集っていたのです! 完全犯罪に近い形で、自らの手を汚すことなく担任を潰していく――。そんな闇深き高偏差値クラスに、田中演じる新たな担任・義澤経男(よしざわ・つねお)がやって来ます。義澤はなぜ、この学校に現れたのか!? 義澤は生徒たちが仕掛ける罠を、いつまで笑顔で耐えていくのか!? 学校という閉ざされた空間で、教師と生徒がバトルを繰り広げていきます。

出演:田中圭、山田裕貴、高橋文哉、久保田紗友、森田想、高橋侃、秋谷郁甫、榊原有那、川瀬莉子、田中亨、奥山かず、さ手塚とお、る松本まりか
脚本:鈴木おさむ


おっさんずラブ

260543

ある日、僕は部長に告白された。

女好きだけど、まったくモテない33歳のおっさん・春田創一(田中圭)。だが、しか~し!彼はある日突然、“未曽有のモテ期”を迎えることに!!それは文字通り“未曽有”の事態。なぜなら、愛を告白してきた相手は…ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)だったからだ――!2016年の年末深夜に単発ドラマとして放送され、ネットでも話題を呼んだ、あの抱腹絶倒の胸キュン・ラブコメディー『おっさんずラブ』が、レベルアップ&リニューアルを経て連続ドラマ化!

出演:田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎
脚本:徳尾浩司

安田顕 出演作品

愛しのアイリーン

289998

二人で歩む、地獄のバージン・ロード。

未だに熱狂的なファンを持つ「ザ・ワールド・イズ・マイン」や、ドラマ化された「宮本から君へ」で再び脚光を浴びる、生ける伝説・新井英樹の傑作漫画が史上初めて映画化される。監督は、原作「愛しのアイリーン」を“最も影響を受けた漫画”と公言する吉田恵輔。『ヒメアノ~ル』で日本を震撼させた吉田演出の集大成がここにある。主演は稀代のカメレオン俳優・安田顕。伝説的な漫画の主人公を全身全霊を注いで怪演した。究極の個性派トリオが渾身の”愛”を込めて放つ、魂揺さぶる黙示録がここに誕生! また、共演陣にも実力派俳優が結集した。岩男の母にして強烈な愛憎でアイリーンを追い詰める姑・ツル役を名優 木野花が恐るべき迫力で演じる。深遠なるヤクザ・塩崎役には伊勢谷友介。謎めいた存在感で映画にサスペンスフルな重圧を与える。そして、本作のヒロインであるアイリーン役にはフィリピンオーディションで吉田監督により見出された新星ナッツ・シトイ。さらには、本作のために書き下ろされた主題歌「水面の輪舞曲」を歌唱する奇妙礼太郎が、ラストの情感を美しく、切なく包み込む。

出演:安田顕、ナッツ・シトイ、河井青葉、ディオンヌ・モンサント、福士誠治
監督:村松正浩


家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

https://im.akimg.tv.rakuten.co.jp/content/47/43/277434/chapter_l_0002.jpg

死んだふりが、夫婦を救う!?「Yahoo!知恵袋」伝説の投稿から始まったコミックエッセイが、実写映画化!

サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

出演:榮倉奈々、安田顕、大谷亮平、野々すみ花
監督:李闘士男
脚本:坪田文

倉科カナ 出演作品

刑事7人(2021)

https://im.akimg.tv.rakuten.co.jp/content/87/82/387828/main.jpg

新たなステージへ。7人の物語が始まる。

東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』。2015年からスタートし、シーズンを重ねるごとに好評を博し、“水9”の刑事ドラマ枠でロングランシリーズの仲間入りを果たした今作が、7年目を迎えるこの夏、待望のシーズン7の放送を開始!天樹をはじめ、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)の7人のスペシャリストはもちろん健在! 巧妙に仕組まれた犯罪はもちろん、その犯罪の裏に潜む人間の弱さや複雑な心理までも丁寧に描き出す骨太な人間ドラマというシリーズの醍醐味はそのままに、7人が新たな形に進化して帰ってきます!!

出演:東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也


あいあい傘

302540

25年ぶりに巡り会った、父と娘のたった5日間の物語。

恋園神社のある小さな田舎町。年に一度の祭りが近づいた日、さつきは25年前に姿を消した父の六郎を探しにその町へやってきた。宿に向かう途中、偶然にも六郎を知るテキ屋の清太郎と出会い、祭りの取材をしたいという嘘をついて町を案内してもらうことにする。散策しながら次第に明らかになる現在の六郎の生活。さつきは意を決して、父の新しい家族ー奥さんの玉枝と彼女の一人娘に会いに行こうとする。

出演:倉科カナ、市原隼人、立川談春、原田知世、入山杏奈、高橋メアリージュン、やべきょうすけ、トミーズ雅、永井大、金田明夫、大和田獏、越村友一
監督:宅間孝行
脚本:宅間孝行

Rakuten TVで視聴する

369254,289998,302540

らせんの迷宮 田中圭 安田顕 倉科カナ
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ