1. TOP
  2. ドラマ
  3. 国内ドラマ
  4. 堤真一主演の金曜ドラマ『妻、小学生になる。』のメインビジュアルが解禁!

堤真一主演の金曜ドラマ『妻、小学生になる。』のメインビジュアルが解禁!

堤真一主演の金曜ドラマ『妻、小学生になる。』のメインビジュアルが解禁!
ちょっと不思議な家族の物語『妻、小学生になる。』切なくもほっこりと温まるドラマの世界観が伝わる、2種類のメインビジュアルが公開された

原作は芳文社「週刊漫画TIMES」に連載中の村田椰融による同名漫画。
10年前に愛する妻を亡くし生きる気力を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と再会するところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって10歳の小学生になっていた!夫と娘はその姿に戸惑いながらも、彼女から尻を叩かれ叱咤激励されて、生きる喜びを徐々に取り戻していく。

主人公の新島圭介を演じるのは『泣くな赤鬼』など様々な映画やドラマで主演を務める堤真一。10年前に他界した妻・新島貴恵を演じるのは、堤とは映画『望み』でも夫婦役で共演している石田ゆり子。圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣を蒔田彩珠が、貴恵の生まれ変わりで10歳になる白石万理華を毎田暖乃がそれぞれ演じる。
さらに、万理華の母・白石千嘉役には吉田羊、圭介の職場の年下上司・守屋好美役を森田望智が決定し、豪華なキャスト陣が話題となっている。

このたび解禁となったのは、本作のメインビジュアル2種類。

ひとつ目は、堤演じる圭介をはじめ、貴恵、麻衣、そして貴恵の生まれ変わりである万理華の新島家4人と好美、千嘉の6人バージョン。小学生に生まれ変わった貴恵と出会い、圭介をはじめ関わる人々が笑顔で幸せに暮らしている様子が描かれている。また、キャッチコピーに綴られている「私がいない世界でも、あなたに笑っていてほしい。」という愛する圭介に向けた貴恵の想いと、天国を表現した空のカーテンから圭介を見守っている貴恵の姿がとても印象的だ。

もう一方の4人バージョンでは、圭介と貴恵の過去と現在を表現。見つめ合い幸せそうな10年前の2人の姿を背景に、現在の小学生に生まれ変わった貴恵と圭介の姿が描かれている。麻衣はそんな2人を笑顔で見守っていて、10年ぶりに新島家に明るい生活が戻ってきた様子が伺える。

この2種類のデザインは、ドラマや映画などのビジュアルを数多く手掛けてきたデザイナー・吉良進太郎が担当。ドラマ『最愛』のデザインも担当しており、ポスターのデザインが意味する真相の考察で多くの話題を呼んだ。今作のビジュアルについて吉良は「絵本の表紙のような、物語のシーンを覗き見したくなるビジュアルを目指した」と話し、本作の切なくもほっこりと温まる雰囲気を見事に表現している。

ドラマ『妻、小学生になる。』は、TBSにて2022年1月スタート(毎週金曜22:00)。

キャスト・スタッフ

出演者:堤真一、石田ゆり子、蒔田彩珠、森田望智、毎田暖乃、柳家喬太郎、飯塚悟志(東京03)、馬場徹、田中俊介、水谷果穂、萩原利久、小椋梨央、當真あみ、吉田羊
原作:村田椰融「妻、小学生になる。」(芳文社「週刊漫画 TIMES」連載中)
脚本:大島里美
プロデュース:中井芳彦、益田千愛

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

394385,146325,342032

ドラマ TBS 妻、小学生になる。
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ