1. TOP
  2. 映画
  3. 実写映画『耳をすませば』の本予告編と本ポスターが解禁!夢にまっすぐなふたりの物語が動き出す。

実写映画『耳をすませば』の本予告編と本ポスターが解禁!夢にまっすぐなふたりの物語が動き出す。

実写映画『耳をすませば』の本予告編と本ポスターが解禁!夢にまっすぐなふたりの物語が動き出す。
(C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会
清野菜名松坂桃李W主演『耳をすませば』の新映像などが公開!がカバーする名曲「翼をください」が主題歌に決定したことも発表された。

1989年、柊あおいが少女コミック誌「りぼん」(集英社)で発表した青春恋愛漫画「耳をすませば」。読書が大好きな中学生の女の子・月島雫(つきしましずく)が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司(あまさわせいじ)に想いを寄せる健気な姿が共感を呼び、1995年にスタジオジブリがアニメ映画化して大ヒットを記録。その後、度々地上波でも放送されるなど、青春漫画の金字塔として多くの人々の胸に刻まれてきた。

本作は漫画・アニメ映画で描かれた中学生時代の物語はもちろん、10年後の物語も描かれる完全オリジナルストーリー。
大人になった月島雫を『今日から俺は!!劇場版』や『恋は雨上がりのように』の清野菜名、天沢聖司を『孤狼の血 LEVEL2』や『空白』などの松坂桃李がW主演で演じ、中学生時代のふたりには安原琉那、中川翼が抜擢。監督は『ROOKIES-卒業-』や『ツナグ』をはじめ、数々の名作を世に送り出してきた平川雄一朗が務める。

予告編は「チェロ奏者になるのが夢なんだ」「聖司君がイタリアに行ってる間、私もっと勉強して書くから。物語」と、中学時代に固い約束を交わした過去のふたりの映像からスタート。さらに、地球屋を訪れバロンとの再会を果たす雫やチェロを演奏する聖司など現在の姿が描かれ、がカバーする主題歌「翼をください」が物語を彩る。

解禁された本ポスターは、見晴らしの良い丘の上で約束を交わす中学生の雫と聖司が朝日に照らされている象徴的なシーン。10年の月日を経てイタリアと日本で離れて暮らすふたりのほか、そのふたりを変わらぬ眼差しで見守り続けるバロンの姿が映されている。

さらに追加キャストも発表!雫が働く出版社の部長に音尾琢真、先輩役に松本まりか、後輩に中田圭祐。そして雫が担当を受け持つことになる作家・園村役に田中圭、雫の両親を小林隆森口瑤子が演じ、松坂演じる聖司の祖父であり地球屋の店主でもあるおじいさんは近藤正臣が演じる。

不朽の名作を完全オリジナルストーリーで描く実写映画『耳をすませば』は、2022年10月14日(金)ロードショー。

予告動画はコチラ

あらすじ

読書が大好きで元気いっぱいな中学生の女の子・月島雫。彼女は図書貸出カードでよく見かける、ある名前が頭から離れなかった。天沢聖司――全部私よりも先に読んでる――どんなひとなんだろう。あるきっかけで“最悪の出会い”を果たしたふたりだが、聖司に大きな夢があることを知り、次第に惹かれていく雫。聖司に背中を押され、雫も自分の夢を胸に抱くようになったが、ある日聖司から夢を叶えるためイタリアに渡ると打ち明けられ、離れ離れになってもそれぞれの夢を追いかけ、また必ず会おうと誓い合う。
それから10年の時が流れた1998年。雫は児童書の編集者として出版社で働きながら夢を追い続けていたが、思うようにいかずもがいていた。
もう駄目なのかも知れない――そんな気持ちが大きくなる度に、遠く離れたイタリアで奮闘する聖司を想い、自分を奮い立たせていた。
一方の聖司も順風満帆ではなかった。戸惑い、もどかしい日々を送っていたが、聖司にとっての支えも同じく雫であった。
ある日、雫は仕事で大きなミスをしてしまい、仕事か夢どちらを取るかの選択を迫られる。答えを見つけに向かった先は――。


キャスト・スタッフ

出演者:清野菜名、松坂桃李、山田裕貴、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、音尾琢真、松本まりか、中田圭祐、小林隆、森口瑤子、田中圭、近藤正臣
■原作:柊あおい「耳をすませば」(集英社文庫<コミック版>刊)
■監督・脚本:平川雄一朗
■主題歌:「翼をください」杏(ソニー・ミュージックレーベルズ)
■配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹

Rakuten TVで視聴する

366481,277451,416624

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ