1. TOP
  2. ドラマ
  3. 韓国ドラマ
  4. 過激描写で19禁指定に。韓国歴代最高視聴率ドラマ『夫婦の世界』が描くドロドロ不倫愛憎劇の恐怖

過激描写で19禁指定に。韓国歴代最高視聴率ドラマ『夫婦の世界』が描くドロドロ不倫愛憎劇の恐怖

過激描写で19禁指定に。韓国歴代最高視聴率ドラマ『夫婦の世界』が描くドロドロ不倫愛憎劇の恐怖
(C) JTBC studios & Jcontentree corp All rights reservedBased upon the original series “Doctor Foster” produced by Drama Republic for the BBC, distributed by BBC Worldwide
日韓で大ヒットし、一大ブームを巻き起こし、日本でも竹内涼真主演でリメイク作『六本木クラス』が制作された韓国ドラマ『梨泰院クラス』。韓国でその『梨泰院クラス』の後続ドラマとして放送され、『梨泰院クラス』や、セレブのお受験戦争を描き社会現象を巻き起こし韓国ケーブルドラマ最高視聴率を記録した『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』の人気を超え、28.4%という当時の韓国ケーブルドラマ史上歴代最高視聴率をたたき出したドラマが『夫婦の世界』だ。

イギリスBBCのテレビドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の韓国リメイク版として制作された本作のヒロイン チ・ソヌ(キム・ヒエ)は、医師で病院の副院長。ハンサムな夫のテオ(パク・ヘジュン)は映画監督。郊外の洗練された家に住み、幸福な家庭、優しい夫、かわいい息子、そして地位と名誉と美貌と、すべてを手に入れた勝ち組女性だ。

しかしソヌは夫のマフラーに自分のものではない長い髪の毛が付いているのを発見し、夫の不貞を疑うように。あらゆる手を使って夫を探ると、なんと浮気相手は自分よりもはるかに若くて美しい、地元イチの名士の娘ヨ・ダギョン(ハン・ソヒ)で、妊娠もしているという。さらに、近しい友人たちも自分を裏切っていたことを知りショックを受ける。

テオの営む制作会社に資金援助をするなど家庭内で優位な立場にいたソヌだったが、ダギョンの出現で圧倒的な地位から転落し、どん底に。ソヌと離婚したテオはダギョンと再婚。ダギョンの実家から資金援助を受けて手掛けた映画が大ヒットし、たちまち時の人となった。

ソヌが浮気をあぶりだす過程や、離婚にいたるまでがまるでサスペンスのような展開で、ハラハラすること必至。後半に見せるテオの執着は、ホラーのように恐ろしい。

狂っていくのはソヌ夫婦だけではない。テオとは中高の同級生という隣に住む会計士のソン・ジェヒョク(キム・ヨンミン)夫婦、そしてソヌのスパイとなるヒョンソとその恋人と、次々と周りの人々を巻き込んでいく。とにかく、テオという男がゲスすぎる。このゲス不倫男のせいで、息子までもが闇落ち。さらに不倫相手のダギョンとその娘と、当事者たちのもっとも近くにいる人たちが不幸になっていくのが悲しい。ソヌ夫婦の狂気の様は、ほとんどの回が「19禁」(日本のR-18にあたる)指定を受けるほどの過激さ。先が読めない展開に夢中になってしまう。

ソヌを演じたキム・ヒエは、ドラマ『密会』では20歳年下のユ・アインとの不倫愛を演じたが、本作はそれとはまったく別ベクトル。『密会』のセレブ奥さまも美しかったが、50代のキム・ヒエが見せるハイスぺキャリア奥さまのファッションも、女性には見どころに。

また、『愛の不時着』の耳野郎として注目されたキム・ヨンミンがテオの同級生ソン・ジェヒョク役に大抜擢されたことも、放送当時かなり話題となった。テオの不倫相手役を演じたハン・ソヒも、本作での活躍がドラマ『わかっていても』に繋がり、今では主演女優に昇格している。そしてゲス不倫男を演じたパク・ヘジュンは、デビュー14年目にして本作で大ブレイク。今年2月には日本のマンガ原作のドラマ『俺はまだ本気出してないだけ』で初のドラマ単独主演に抜擢された。是枝裕和監督の映画『ベイビー・ブローカー』にも出演しているが、これは是枝監督がドラマ『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』を見てイ·ジウン(IU)をキャスティングしたように、『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』で仏門に身を投じる堅物僧侶を演じたパク・ヘジュンを見たからなのかもしれない。

すべての不幸は、相手に対する執着。愛なのか、憎しみなのか、状況によってその執着の呼び方は変わってしまう。韓国中が夢中になったドロドロ不倫愛憎劇は、ノンストップで見続けてしまう中毒ドラマだ。

(文・坂本ゆかり)

Rakuten TVで視聴する

425158,324966,310064

夫婦の世界 キム・ヒエ パク・ヘジュン ハン・ソヒ
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ