1. TOP
  2. ドラマ
  3. 眞島秀和主演『しょうもない僕らの恋愛論』の主題歌がJO1の新曲「We Good」に決定!

眞島秀和主演『しょうもない僕らの恋愛論』の主題歌がJO1の新曲「We Good」に決定!

眞島秀和主演『しょうもない僕らの恋愛論』の主題歌がJO1の新曲「We Good」に決定!
JO1のメンバーである木全翔也がレギュラー出演する『しょうもない僕らの恋愛論』の主題歌が、同グループの「We Good」に決定!このドラマのために書き下ろされた楽曲が作品の世界を彩る。

1月19日(木)スタートの連続ドラマ『しょうもない僕らの恋愛論』(読売テレビ・日本テレビ系)。40代の独身デザイナーが、2人の女性との交流を通じて、人生と恋、そして過去にやり残した想いと向き合っていく姿が丁寧に描かれる等身大のヒューマンドラマだ。
本ドラマの主題歌が、JO1の歌う「We Good」に決定した。JO1は、昨年末に初の紅白歌合戦出場を果たし、熱くパワフルなシンクロパフォーマンスを全国へ届ける今大注目の11人組グローバルボーイズグループ。その熱狂の余韻冷めやらぬまま、この度の主題歌が決定。さらに主題歌情報が掲載されたポスタービジュアルも解禁となった。
2023年、JO1にとって第1弾となる新曲「We Good」は本ドラマのために書き下ろされたナンバー。ドラマにはJO1のメンバーである木全翔也のレギュラー出演が発表されており、地上波連ドラ初出演となる木全の演技に加えて、グループとして楽曲でも作品を盛り上げる。

プラチナイト枠木曜ドラマ『しょうもない僕らの恋愛論』は、読売テレビ・日本テレビ系にて、2023年1月19日(木)放送スタート(毎週木曜23:59)。

あらすじ

40代、独身。人生の停滞期に入ったデザイナー・筒見拓郎(眞島秀和)のもとに、SNSの友達申請が届く。差出人は、20年前に愛したひと、谷村安奈。
「今ごろ…なぜ?」
戸惑いとともに、再会の予感に期待が膨らむ拓郎だったが、拓郎の前に現れたのは、安奈ではなく、彼女の17歳の娘・くるみ(中田青渚)。くるみとのめぐり逢いが、過去の果たせなかった約束をよみがえらせる。
「あの時の自分の選択は正しかったんだろうか…」
くるみの純粋な感情に触れることで、拓郎の止まっていた人生が動き始める。一方、くるみの出現は、拓郎の同級生・森田絵里(矢田亜希子)にも変化をもたらす。大手電機メーカーでバリバリ働く絵里には、ずっと素直になれない思いがあった。20年以上も拓郎へ思いを寄せながら、今の関係を壊したくない。くるみと拓郎との出会いが、そんな絵里の心を揺さぶり変えていく。そして、将来のことなんて真面目に考えてこなかった高校生のくるみもまた、拓郎たちとのめぐり逢いの中で自分の未来を見つけていく。
人は誰でも、「やり残したこと」を抱えている。それは「後悔」なのかもしれない。けれど、その後悔は、現在の自分と向き合う原動力にもなる。<心の余裕>を失った、<今の人生>に迷う人たちが、<未来への扉>を開くきっかけになる、ちょっぴり切なく、優しくなれる物語。

キャスト・スタッフ

出演:眞島秀和矢田亜希子中田青渚、木全翔也(JO1)、橋本じゅん嶋田久作杉本哲太手塚理美
原作:原秀則「しょうもない僕らの恋愛論」(小学館ビッグコミックス刊)
脚本:いとう菜のは、今西祐子
監督:近藤啓介、松本花菜、本田隆一
チーフプロデューサー:沼田賢治
プロデューサー:山本晃久、大沼知朗、古賀俊輔、⾧坂淳子

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

https://news.tv.rakuten.co.jp/2022/12/221206renairon.html 原秀則のコミックス「しょうもない僕らの恋愛論」が眞島秀和主演でドラマ化決定!

Rakuten TVで視聴する

414524,389126,389644

ドラマ 2023冬ドラマ 読売テレビ 眞島秀和 矢田亜希子 中田青渚 木全翔也(JO1)
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ