1. TOP
  2. ドラマ
  3. 趣里 主演ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』、11月17日放送スタート

趣里 主演ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』、11月17日放送スタート

趣里 主演ドラマ『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』、11月17日放送スタート
東洋経済オンラインでの連載が人気を博した書籍を連続ドラマ化した『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』が、WOWOWで11月17日から放送される。

原作は、東洋経済オンラインで1億5000万PV突破の人気連載を書籍化した「東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか」。
ドラマでは、経済誌の契約編集者であるヒロインが貧困女性たちを取材しながら、現代の孤独と社会の矛盾や問題点を浮き彫りにする姿をフィクションとして描く。

主演は、映画『生きてるだけで、愛。』で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、この秋からNHK連続テレビ小説『ブギウギ』でもヒロインを務める趣里。今最も勢いのある俳優である趣里が、シングルマザーとして自身も貧困のボーダーラインに立つ編集者・雁矢摩子役を演じる。
また、摩子とコンビを組むフリーライター﨑田祐二役を演じるのは、映画『ゴーストマスター』『ローリング』などの三浦貴大。確かな取材力と筆力を持つ祐二は風俗街にも精通しているが、それには彼のある過去が関係しており……。
さらにヒロインを取り巻く人物として高橋ひとみ淵上泰史が、貧困当事者役として霧島れいか宮澤エマ田辺桃子東風万智子、安斉星来らが出演。

取材の中で貧困当事者たちと向き合う摩子は、何を感じ、記事として何を世の中に出していくのか。令和の時代にも存在する“貧困”の現実をドラマとしてリアルに描く。

連続ドラマW-30『東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-』は、WOWOWにて、2023年11月17日(金)から、毎週金曜23:00放送。


ストーリー

シングルマザーの雁矢摩子(趣里)は、離婚を機に経済誌の契約編集者に復職し、“女性の貧困”をテーマにした連載を担当。だが、紹介されたフリーライター﨑田祐二(三浦貴大)の取材態度にいらだち、衝突してしまう。
そんな中、国立大学医学部に通うため風俗で働く広田優花(田辺桃子)へのインタビュー記事が炎上。摩子は祐二の反対を押し切り謝罪と記事の削除を優花に申し出るが、本人からの思わぬ言葉に自身の浅はかさと偏見を痛感する。そしてライターとしての祐二の覚悟を感じた摩子は、肉親の介護、親からの性的虐待、パワハラ・モラハラ被害、再雇用の実情、戸籍と就学の問題など、生きることに困難を抱える当事者への取材を重ねていく。それは同時に、不安定雇用のもと子育てに奮闘する摩子自身も、“貧困”が他人事ではないという自覚につながり……。


キャスト・スタッフ

原作:中村淳彦「東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか」(東洋経済新報社刊)
脚本:高羽彩
監督:青木達也、遠藤光貴
音楽:田渕夏海
出演:趣里三浦貴大霧島れいか宮澤エマ田辺桃子、安斉星来、東風万智子金澤美穂高田夏帆樋井明日香三浦獠太梅舟惟永川島潤哉柿丸美智恵淵上泰史高橋ひとみ

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/08/2023akidrama.html 【2023年10月スタート】地上波秋ドラマ一覧(放送日順)

Rakuten TVで視聴する

299228,339466,173422

ドラマ 2023秋ドラマ 国内ドラマ 趣里 三浦貴大 WOWOW
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ