1. TOP
  2. ドラマ
  3. 綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』、2024年正月SPでついに完結!

綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』、2024年正月SPでついに完結!

綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』、2024年正月SPでついに完結!
ⒸTBS
ドラマ『義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャル』が、TBSで2024年1月2日(火)21時から放送されることが決定した。

ドラマ『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴による4コマ漫画「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)を原作に、TBSで2018年7月期に放送。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いたヒューマンドラマ。義母と娘、そして娘の実父という3つのコードがブルースを奏でるかのように、愛すべきキャラクターたちが繰り広げる少しおかしな日常と小さな奇跡を描き、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得た。2020年、2022年の正月には連続ドラマのその後を描いたスペシャル版を放送。そして今回3度目のお正月スペシャルでついに完結となる。

2018年のシリーズ放送開始から5年半。一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語がついに完結する。義母・亜希子と初対面では小学生だった娘・みゆきも時を経て、大学生に。亡き夫・良一から託され、みゆきを育ててきた亜希子も、義母として一区切りがつく頃を迎えようとしていた。小さな奇跡と大きな愛に紡がれ、約15年にわたって家族として過ごしてきた亜希子とみゆき。ファイナルとなる今作では、悲喜こもごも、共に支え合ってきた2人の新たな門出を描く。

主人公の宮本亜希子を演じるのはもちろん、映画『はい、泳げません』『奥様は、取り扱い注意』などの綾瀬はるか
さらに、亜希子の亡き夫・良一役の竹野内豊、娘・みゆき役の上白石萌歌、亜希子がアルバイトをする「ベーカリー麦田」の店長・麦田役の佐藤健、みゆきの幼なじみ・黒田大樹役の井之脇海と、豪華主要キャストが引き続き出演する。

ドラマ『義母と娘のブルースFINAL2024年謹賀新年スペシャル』は、TBSにて、2024年1月2日(火)21時より放送。


コメント

綾瀬はるか / 宮本亜希子 役

https://news.tv.rakuten.co.jp/.assets/230921gibotomusume_01.jpg ⒸTBS

約5年半にわたって亜希子さんを演じさせていただいて、私自身も亜希子さんと共に成長していった感じがあるので、そういう意味ではこうして同じ役を長きにわたって演じることができたのはとてもうれしいことですし、ありがたいことだなと思っています。
私にとって『義母と娘のブルース』で、共演者の皆さんをはじめ、この作品に関わるたくさんのスタッフの方と過ごせるこの時間は、なんとも温かくて優しくて、まさに“ホーム”のような存在。そんな素敵な作品はついに今回「ファイナル」を迎えてしまうということで、これまで以上に愛が深く、温かな物語になっていると思います。どんな大きな愛に成長しているのか、ぜひ皆さんも一緒に見届けていただけたらうれしいです。

竹野内豊 / 宮本良一 役

https://news.tv.rakuten.co.jp/.assets/230921gibotomusume_02.jpg ⒸTBS

『義母と娘のブルース』がついにファイナルを迎えるということで、連続ドラマの撮影が始まったばかりの頃、綾瀬さんのセリフの話し方や身のこなしがロボットのようで「そうくるか!」と、慣れるまで時々笑ってしまいそうになっていたのがとても懐かしい思い出です。
悲しいお別れで終わる作品がある中で、亡くなってからの家族の成長や周りの変化を見続けられる作品はあまりないと思いますので、それこそがこの作品の魅力なのかなと思っています。こんなに長く続けられたのも、観てくださった皆様がそれぞれのキャラクターに一喜一憂してくれたからだと思いますので、ぜひ最後までそれぞれの人生を見届けて楽しんでいただけたら幸いです。

佐藤健 / 麦田章 役

麦田のような役は他では出会わないので、久々に演じることができてとてもうれしいです。これで終わりかという寂しさもありますが、最後まで噛みしめながら演じたいと思います。
「ベーカリー麦田」というパン屋さんが実際に日本のどこかにあって、ここに集まる人たちには日々いろんなことがあるけど、最後まで笑いながら生きてたんだろうなっていうのを感じてもらえたらうれしいです。

上白石萌歌 / 宮本みゆき 役

私自身、連続ドラマのときはまだ18歳で、2回目のスペシャルのときにやっと成人をして今23歳になって・・・。みゆきちゃんも今回21歳になって就職活動をするということで、自分の人生と同じ段階をみゆきちゃんという役と一緒に歩めている気がしています。
連続ドラマ開始から約5年半が経って、その間に世の中はいろんなことが起きて大きく変わりましたが、宮本家は変わらずにすごくのんびりとした空気が流れていました。大きな愛情や小さな奇跡、そういうことにお正月にみんなで気づいてもらえるようなファイナルにしたいと思っています!
ハラハラしながら見届けたいと思います。

井之脇海 / 黒田大樹 役

僕は大樹という役がすごく大好きで、いつも演じるのを楽しみにしていて、定期的に演じられるのがすごくうれしかったので終わるのが寂しいです。
僕自身、いろんなことがある中でこのメンバーとこの作品で会うたびに心がすごくホッコリしてきましたし、安心できるような作品なので、それがきっと画面越しに皆さんにも伝わると思うので、ぜひお正月からホッコリしていただけたらうれしいです。


キャスト・スタッフ

原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)
出演:綾瀬はるか竹野内豊佐藤健上白石萌歌井之脇海
脚本:森下佳子
演出:平川雄一朗

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

389135,456569,412748

ドラマ 2024 正月 国内ドラマ 綾瀬はるか 竹野内豊 佐藤健 上白石萌歌 井之脇海 TBS
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ