1. TOP
  2. ドラマ
  3. 国内ドラマ
  4. 主演・阿部サダヲ × 脚本・宮藤官九郎!『不適切にもほどがある!』、2024年1月スタート!

主演・阿部サダヲ × 脚本・宮藤官九郎!『不適切にもほどがある!』、2024年1月スタート!

主演・阿部サダヲ × 脚本・宮藤官九郎!『不適切にもほどがある!』、2024年1月スタート!
宮藤官九郎が脚本を務めるドラマ『不適切にもほどがある!』が2024年1月にTBSで放送することが決定。阿部サダヲ仲里依紗磯村勇斗吉田羊が出演することが発表された。

ドラマ『不適切にもほどがある!』は、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップしてしまった“昭和のおじさん”小川市郎が、コンプライアンスで縛られた令和の人々に変化をもたらしていく様子とともに、妻を亡くした市郎とその一人娘、そしてタイムスリップしたことで出会う人々との絆を描くタイムスリップ・ヒューマンコメディ。

主演は阿部サダヲ、脚本は宮藤官九郎が担当し、『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』で阿部&宮藤と組んだプロデューサー・磯山晶が再び2人とタッグを組む。

阿部サダヲが演じる主人公・小川市郎は、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップしてしまう“昭和のおじさん”。中学の体育教師であり、野球部の顧問で“地獄のオガワ”と恐れられている。言葉遣いが荒く、令和では考えられない“不適切”な言動を繰り返す。そんな市郎だが、妻を病気で亡くしており、家では一人娘の非行に手を焼く普通の父親でもある。

市郎がタイムスリップした令和で出会うシングルマザー・犬島渚を演じるのは、映画『土竜の唄 FINAL』などの仲里依紗。時空を超えて出会った市郎と渚が、どのような関係性を築いていくのかも大きな見どころのひとつ。
昭和に残された市郎の娘が密かに想いを寄せる相手で、とあるアイドルに心酔するあまり、その身なり言動すべてを完コピする男“ムッチ先輩”こと秋津睦実を演じるのは、映画『PLAN 75』『異動辞令は音楽隊!』などの磯村勇斗
そして、市郎とは逆で、2024年から1986年に息子と共にタイムスリップする向坂サカエを演じるのは、映画『Winny』などの吉田羊。サカエは社会学者で、性差別やジェンダー問題の論者としてメディア露出もしているフェミニズムの旗手。令和時代の代弁者として、市郎たち昭和の人間の破天荒さにするどくツッコんでいく役を担う。

ドラマ『不適切にもほどがある!』は、TBSにて、2024年1月スタート(毎週金曜22:00~22:54放送)

コメント

阿部サダヲ / 小川市郎 役

https://news.tv.rakuten.co.jp/.assets/futekisetsu_abe.jpg (C)TBS

2020年以来のTBSドラマへのレギュラー出演ですし、宮藤さんが脚本のドラマも久しぶりなので、お話をいただけてうれしかったです。脚本を読んで、宮藤さんはやっぱり面白いことを考えるなと思いました。挑戦するところもあるドラマで、今の時代だからできるようなドラマになるだろうと思っています。
今回演じる小川市郎という役は、昭和を知っている方たちが見ると「懐かしい。こういう人いたな」と思うような体育教師なので、僕自身もそういう先生いたなと思いながら役作りをしていこうと思っています。そして、今の時代の方々にも「こういう人っていていいんじゃないか」と思わせてくれるようなキャラクターになれたらいいなと思っています。
皆さん(仲、吉田、磯村)とは2020年の金曜ドラマ『恋する母たち』でも共演していて、色んな役を演じられる方たちなので、今回もどういう芝居になるのか、今から撮影が楽しみでしょうがないです。
昭和を生きてきた方たちが楽しめるのはもちろん、平成から令和を過ごしている若い方たちにも「こんな時代があったんだな」「こんな時代もかっこよかったな」と思っていただけるようなドラマになると思いますので、ぜひ楽しんで観ていただければと思います。


仲里依紗 / 犬島渚 役

https://news.tv.rakuten.co.jp/.assets/futekisetsu_naka.jpg (C)TBS

『恋する母たち』以来、本当にお久しぶりなみなさまと共演できるということで、前もあたたかい現場だったので、今回も撮影がすごく楽しみです。ポスター撮影のときから「絶対面白くなるな」っていう確信が持てました(笑)。
私の役どころは、2024年で市郎さんに出会うシングルマザーでバラエティ番組のAPさんです。私もシングルマザーではないですけど母親なので、ちょっと共感しながら演じられる部分があるのかなと思っています。脚本を読んで、本当に読む手が止まらなくて・・・。まだ言えないんですけど、「どうやって撮るの?」とすごくワクワクするシーンがいっぱい組み込まれていました。今から撮影が楽しみでもあるし、上手にできるかなというプレッシャーもすごくあります(笑)。
すごく元気をもらえるドラマになると思っています。昭和・令和それぞれの世代の方たちが見てもプラスな気持ちになれる、みんなの笑顔につながるようなドラマになればいいなと思っています。頑張ります!


磯村勇斗 / 秋津睦実(ムッチ先輩) 役

https://news.tv.rakuten.co.jp/.assets/futekisetsu_isomura.jpg (C)TBS

またみなさまと共演できるのですごく楽しみです!
宮藤官九郎さん脚本の作品に参加するのは初めてなので、そこも含めて今からワクワクしています。この時代だからこそ描けるテーマに、宮藤さんの生み出す掛け合いや言葉がすごく面白いので、自分の役がこれからどうなっていくのか楽しみです。「この表現どうするんだろう?」と思う部分もあって、僕らも挑戦的なことをするやりがいのある3か月になりそうだなと思っています。
僕の役は、昭和の1986年に生きていて、あるアイドルに憧れているという人物・・・もうそれ以上言えることはないです(笑)。役を通して昭和の時代を体験できるというのも楽しみです。
日々、悶々としていたりちょっと悩んでいたり、そういったものが吹っ飛んでいくようなドラマになっていくと思います。登場人物みんなが個性的ですごく魅力的なので、たくさん笑って楽しんでもらえたらうれしいです。


吉田羊 / 向坂サカエ 役

https://news.tv.rakuten.co.jp/.assets/futekisetsu_yoshida.jpg (C)TBS

宮藤さん脚本のドラマは好きで拝見していたので、選んでいただけてうれしい気持ちでいっぱいです。私が演じるのは令和時代を生きるフェミニストの社会学者です。令和の正義を振りかざしながら市郎さんに斬り込んでいく役どころ。そして、それはきっと視聴者の方の目線と近くなると思うので、私を通して視聴者の方はこのドラマをご覧になっていく、そういう存在になるのかなと思っています。
この4人は『恋する母たち』で共演をしたメンバーなので、配信でサイドストーリーをやるのかなと思ったほど(笑)。緻密な計算したお芝居もできる一方で、アドリブで爆発する瞬間的なお芝居もできる方々なので、シーンが膨らんでいくのもすごく楽しみです。
令和と昭和を行き来するかなりハチャメチャなドラマですが、非常に面白いです。令和という時代に、その感性を持って生きながらも「でもこれってどうなんだろう?」って思ってらっしゃるような方がいたとしたら、それにほんの少し、もしかしたらヒントをくれるようなドラマになるかもしれません。ぜひ最後までご覧いただけたらと思います。


脚本・宮藤官九郎

阿部くんも僕も53歳。
思春期に「夕やけニャンニャン」と「毎度おさわがせします」と「ビートたけしのオールナイトニッポン」で倫理観を設定され、不適切に不適切を塗り重ねて生きてきた世代にとって、日々アップデートを強いられる令和はなかなか生きづらい。「昔は良かった」なんて口が裂けても言いたくない。昭和もそこそこ生きづらかったし、戻りたいとは思わないけど、あの頃の価値観を「古い」の一言で全否定されるのは癪なんです。
だって楽しいこともあったし、大人が自由で元気だったし、若者は携帯電話を使わずに友達と待ち合わせできてたし、カセットテープのレーベルを自己流でレタリングするのに命かけてたし。
そんな瑞々しく甘酸っぱい記憶を無かったことにはしたくないし、「知らねーし」の一言で片付けてほしくない。だからこんなドラマを考えました。
市川森一先生がご存命だったら、こんなタイトルを付けたんじゃないでしょうか。
『正しいのはお前だけじゃない』
自分と違う価値観を認めてこその多様性。
第1話を読んだ関係者から「スカッとした」「痛快です」「溜飲が下がった」
などの感想を頂きましたので、おそらくそんな肌触りのドラマになると思います。
仲里依紗さん、磯村勇斗くん、そして吉田羊さんが、持ち前のコメディセンスで多少の不適切は笑いに転化してくれそう。楽しみです!
宮藤でした。

キャスト・スタッフ

出演:阿部サダヲ仲里依紗磯村勇斗吉田羊
脚本:宮藤官九郎
プロデュース:磯山晶、勝野逸未
演出:金子文紀 ほか

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

393356,210998,414523

2024年冬ドラマ TBS ヒューマンコメディ 宮藤官九郎 阿部サダヲ 仲里依紗 磯村勇斗 吉田羊
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ