1. TOP
  2. ドラマ
  3. チャン・ルオユン主演の予測不能なサスペンス時代劇、WOWOWで2月に日本初放送!

チャン・ルオユン主演の予測不能なサスペンス時代劇、WOWOWで2月に日本初放送!

チャン・ルオユン主演の予測不能なサスペンス時代劇、WOWOWで2月に日本初放送!
(c) BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.
「風起洛陽〜神都に翔ける蒼き炎〜」の原作者による小説をドラマ化した『天地に問う〜Under the Microscope〜』が、2024年2月にWOWOWで放送することが発表された。

『天地に問う〜Under the Microscope〜』は、「長安二十四時」「風起洛陽〜神都に翔ける蒼き炎〜」などの原作者であり、中国屈指の歴史小説家マー・ボーヨンが、自身の小説をもとに自ら脚本も担当したサスペンス時代劇。数字の計算に誤りを見つけると正さずにはいられない“算術バカ”の主人公が、税の不正を見つけたことで陰謀に巻き込まれていく姿を描く。

主演は、ドラマ『ダイイング・アンサー〜法医秦明〜』『九州天空城〜星流花の姫と2人の王〜』などで存在感を示し、2019年に中国で配信された大ヒットドラマ『慶余年〜麒麟児、現る〜』で大ブレイクしたチャン・ルオユン。その後も主演作を次々とヒットに導き、新人俳優賞をはじめ数々の賞を総なめにした彼が、愛すべき“算術バカ”の主人公・帥家黙(シュアイ・ジアモー)に、持ち前の演技力で息を吹き込む。さらに、ワン・ヤンやウー・ガンら『慶余年〜麒麟児、現る〜』で共演したキャストが脇を固めており、実力派俳優陣の再共演も見どころの一つとなっている。

スリリングな謎解きが展開する本格ミステリー、きっちりとした時代考証、個性際立つキャラクターとテンポのいい掛け合いも加わり、爽快なエンターテインメント作品に仕上がった本作に注目。

『天地に問う〜Under the Microscope〜』は、WOWOWにて、2024年2月放送予定。

ストーリー

数字に誤りを見つけると正さずにはいられない“算術バカ”の帥家黙(チャン・ルオユン)は、ある日、侵入した役所の帳簿から、八つある県のうち仁華県のみが、存在しないはずの税を100年前から支払っていることに気付く。得意の算術を駆使して不正を暴くべく奔走する帥家黙だったが、やがて事件は幼い頃に死別した両親の死の真相につながっていることを知るのだった。

キャスト・スタッフ

出演:チャン・ルオユン、ワン・ヤン、ウー・ガン、フェイ・チーミン、チー・ウェイ
監督:パン・アンズ
脚本・原作:マー・ボーヨン

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

405986,392620,394987

中国ドラマ WOWOW チャン・ルオユン
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ