1. TOP
  2. ドラマ
  3. 松本穂香×藤原季節 のラブストーリー『自転しながら公転する』、12月に3週連続で放送!

松本穂香×藤原季節 のラブストーリー『自転しながら公転する』、12月に3週連続で放送!

松本穂香×藤原季節 のラブストーリー『自転しながら公転する』、12月に3週連続で放送!
直木賞作家・山本文緒の同名人気小説を松本穂香主演でドラマ化した『自転しながら公転する』が、日本テレビ系にて12月14日から3週連続で放送されることが決定した。

原作は2021年に亡くなった直木賞作家・山本文緒が手がけた最後の長編小説で、中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞受賞、2021年本屋大賞第5位など、文壇、書店や読者の双方から強い支持を得てきたヒューマンラブストーリー。
憧れだった東京を離れ、地元・茨城に戻ってきて悶々とした日々を過ごす30歳の女性が、結婚に、仕事に、親の介護と、尽きることのない不安を抱えながらもひたむきに幸せを追い求めていく姿を描く。

主演は、映画『“それ”がいる森』やドラマ『リエゾン-こどものこころ診療所-』などの松本穂香。松本が演じるのは、“幸せ”を追い求めて葛藤する等身大の主人公・与野都。そんな都が心惹かれる相手で、優しいけれど経済的に不安定なアルバイト店員・羽島貫一を、映画『空白』『佐々木、イン、マイマイン』などの藤原季節が演じる。
さらに、都に好意を寄せる裕福なベトナム人留学生を長谷川慎(THE RAMPAGE)、都の地元の親友を小林涼子野村麻純が演じるほか、都の両親役で神保悟志鶴田真由が出演する。

3週連続スペシャルドラマ『自転しながら公転する』は、読売テレビ・日本テレビ系全国ネットにて、2023年12月14日(木)、21日(木)、28日(木) 、23:59~24:54放送。

コメント

松本穂香 / 与野都 役

Q.今回の作品と自身の役どころの印象について

家族であっても恋人であっても、やっぱりそれ以上は近づけない一定の距離とか、分かり合えない価値観が絶対にあると思うんですけど、そこを考えて考えて、ぐるぐる回りながら色んな感情を抱えたからこそ辿り着ける場所があるんじゃないかなと、このドラマを通して感じました。 
私が演じる都も、色んな人と色んな感情をぶつけ合ったり共有したりして、最後は自分の意思で答えを見つけ出します。悩んで苦しんで辛くても、そこがゴールじゃない。物語の終わりには優しい希望を感じさせてくれるお話になっています。 

Q.視聴者の皆様へのメッセージ

幸せってシンプルなものでいいんだな~と色んなモヤモヤを軽くしてくれるお話になっていると思いますので、ぜひ観てください!


藤原季節 / 羽島貫一 役

Q.今回の作品と自身の役どころの印象について

『自転しながら公転する』は、地球や太陽のように、自転と公転を繰り返してぐるぐる悩む主人公、都の物語です。原作や脚本を読みながら、心に刺さる台詞が多くて、簡単に読み進められませんでした。 
僕が演じる羽島貫一は、中卒で元ヤンの寿司職人でありながら、大変な読書家という少々複雑な役です。何も考えていないように見えるけど、胸中にはしっかりとした正義感や苦悩を抱えている貫一を、丁寧に演じています。 
都の相手役として、二人で抱き合って自転公転しながら、彼の人生をスパイラル状に駆け抜けたいと思っています。もう二度と同じ軌道に戻れないこの瞬間を、楽しみたいです。 

Q.視聴者の皆様へのメッセージ

新作をテレビで届けられるのは久しぶりです。いつも応援してくださる方々を、ずいぶんお待たせしてしまいました。素敵なドラマに出会いましたのでご期待ください。 
『自転しながら公転する』を、全国の皆さまに届けられることを、心から嬉しく思います。自転公転しながらぐるぐる生きている誰かにとっての、宝物になるような全3話を贈ります。

あらすじ

結婚、仕事、親の介護。 
幸せはぐるぐる巡った先にある。 
 
与野都(よの・みやこ)、30歳独身、契約社員。
憧れだった東京を離れ、地元・茨城に戻ってきて1年の月日が経った。 
一生懸命頑張っても報われず、将来に不安を抱えて過ごす日々。そんな時に出会ったのは、優しいけれど経済的に不安定なアルバイト店員の羽島貫一(はしま・かんいち)。20代の頃のキラキラした恋愛とは違い、たくさんの「リアル」が突きつけられる中で、2人の関係は深まって、時に離れてを繰り返していく。 

波長が合うというだけで結婚しても良いのか――。 
出産して子育てする未来はあるのか――。 
さらには、一人っ子の都の肩にのしかかる親の介護問題の行く末は――。 

「彼との出会いは、私をどこへ連れて行くんでしょうか…?」 

恋に、仕事に、親の介護に自分自身でぐるぐると思い悩んで、そんな自身の環境もぐるぐると移り変わっていく。まるで地球が自転しながら、公転するかのように――。 
決断力がなく、諦めと希望の間を行ったり来たりの都は、迷いながら、ひたむきに「幸せ」を追い求めていく。 
 
悩むこと、立ち止まることは悪いことじゃない。 
その先には明るい未来が待っている。 
悩める30代女性が、「幸せな生き方」とは何かを考える、 等身大のヒューマンラブストーリー。

キャスト・スタッフ

原作:山本文緒「自転しながら公転する」(新潮文庫刊)
出演:松本穂香藤原季節長谷川慎(THE RAMPAGE)、小林涼子野村麻純神保悟志鶴田真由
脚本:池田奈津子
演出:淵上正人

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

444584,442029,398805

松本穂香 藤原季節 山本文緒
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ