1. TOP
  2. ドラマ
  3. 国内ドラマ
  4. 西島秀俊×芦田愛菜 初共演!TBS日曜劇場『さよならマエストロ』、2024年1月スタート!

西島秀俊×芦田愛菜 初共演!TBS日曜劇場『さよならマエストロ』、2024年1月スタート!

西島秀俊×芦田愛菜 初共演!TBS日曜劇場『さよならマエストロ』、2024年1月スタート!
(C)TBS
2024年1月期のTBS日曜劇場で『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』を放送することが決定し、西島秀俊芦田愛菜が父娘役で初共演することが発表された。

ドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』は、“ある事件”で家族も音楽も失った天才指揮者とそんな父を拒絶し音楽を嫌う娘が、地方オーケストラを通して失った情熱を取り戻し、親子の絆と人生を再生させていくアパッシオナート(イタリア語で情熱的の意味)なヒューマンドラマ。

主人公・夏目俊平を演じるのは、映画『グッバイ・クルエル・ワールド』『ドライブ・マイ・カー』などの西島秀俊
夏目は20代の頃から海外で活動し、数々の有名オーケストラと共演してきた才能あるマエストロ(指揮者)だが、音楽以外の能力はゼロで、家事は何一つできない超マイペースかつ天然な男。5年前に起きた“ある事件”をきっかけに家族は夏目のもとを去り、夏目自身は音楽界から離れていたが、日本のとある地方の楽団の指揮をするために数十年ぶりに帰国する。
そんな夏目の娘・響を演じるのは、映画『メタモルフォーゼの縁側』『星の子』などの芦田愛菜
父親とは真逆で音楽を嫌い、音楽の無い人生を送っていた響は、5年前の“ある事件”をきっかけに父と決別していた。ところが父が突然帰国することになり、気まずい同居生活が始まることに。

脚本は、ドラマ『凪のお暇』や映画『サヨナラまでの30分』などを手掛けた大島里美によるオリジナルストーリー。
そして、劇伴を担当するのはドラマ『テセウスの船』『日本沈没―希望のひと―』をはじめ多くの作品の劇伴を手掛けている菅野祐悟。
さらに、東京音楽大学教授であり、日本クラシック界を牽引している世界的指揮者・広上淳一がオーケストラを全面監修し、オーケストラの演奏部分は東京音楽大学が全面バックアップする。

日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』は、TBSにて、2024年1月スタート(毎週日曜21:00~21:54放送)

コメント

西島秀俊 / 夏目俊平 役

https://news.tv.rakuten.co.jp/.assets/SAYONARA_Maestro_nishijima.jpg (C)TBS

企画書を読んだ段階から涙が出るほどで、さらに脚本を読んでみると、大島さんの心の中にあるものが繊細に描かれており、非常に音楽の力を感じました。
先日、クランクイン前に本読みをしましたが、出演者の方それぞれの個性が強くて、いい意味でバラバラだなと感じました。しかし、だからこそキャスト全員で一体感が生まれたら面白いだろうなと思い、ワクワクしております。

僕が演じる俊平は、音楽に対する熱意や純粋な気持ちを持っていますが、それ故に周りが見えなくなってしまい、迷惑をかけてしまうキャラクターでもあります。
今回共演する芦田さん演じる娘・響や家族とのシーンでは、全く相手にされない父親をコミカルに演じつつも、時にはそのコミカルさが胸に刺さったり、ぎくしゃくしているように見えても深いところで愛情を持っていたりといういくつもの気持ちのレイヤーがあるので、想像していないところで心が震えるような瞬間が起きるのではないかというたくさんの可能性を感じています。

マエストロ役を演じるにあたって指揮の練習をしていますが、教えてくださる先生方が本当に素敵な方たちで、本質的なこともそうですが、指揮者がどのようなイメージを持ってやっているのかということや、音楽の構造も教えていただけるので興味深く、おもしろいです。
ただ、ものすごくハードルが高いので毎回ぐちゃぐちゃになりながらもなんとか頑張っています(笑)。

今作では、素敵な共演者、スタッフの方々のお力を借りてひとつひとつのシーンに心を込めて演じたいと思っています。
俊平をはじめ、物語の登場人物が再生していき、力を得ていくように、ドラマを見てくださった皆さんが、月曜日から「今週も頑張ろう、何か新しいことを始めよう」と力が湧くような素敵なドラマになるように全力を尽くしたいと思います。ぜひ、ご期待ください。



芦田愛菜 / 響 役

https://news.tv.rakuten.co.jp/.assets/SAYONARA_Maestro_ashida.jpg (C)TBS

台本を読むと、登場人物がいきいきと楽しそうに音楽を奏でているのが印象的でした。
音楽に触れたことのあるなしや、楽器の得意・不得意、音感があるとかないとかではなくて、音楽を前にしたら「音楽が好きなんだ」という気持ちだけでいいんだよ。と、言ってくれる。そんなドラマなんじゃないかなと思います。

今作で私が演じる響は、西島さん演じる父親の俊平にキツく当たる役なので、自分自身としては心が痛いです(笑)。ですが、5年前のある事件をきっかけに絡まってしまった糸をうまくほぐせなくて、父親に対して素直になれない、頑固な娘を一生懸命に演じたいと思います。私も、母親からは「頑固だね」とよく言われるので、響の気持ちはよくわかります(笑)。
親子のシーンでは、素直になりきれない頑固な響と、なんとかして距離を縮めたい俊平のコントのようなコミカルなシーンが楽しみですし、独特な親子の雰囲気を作り出したいです。
たくさんの登場人物が、それぞれの音をドラマの中で奏でるので、音で皆さんと繋がれたらいいなと思っています。


キャスト・スタッフ

出演:西島秀俊芦田愛菜
脚本:大島里美
音楽:菅野祐悟
音楽監修:広上淳一(東京音楽大学)
全面協力:東京音楽大学
プロデュース:益田千愛
演出:坪井敏雄、富田和成石井康晴

情報提供元:ウィルメディア編集部(https://www.willmedia.jp/)

Rakuten TVで視聴する

404209,436146,352371

2024年冬ドラマ TBS 日曜劇場 ヒューマンドラマ 西島秀俊 芦田愛菜
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ