1. TOP
  2. ドラマ
  3. 韓国ドラマ
  4. 「赤い糸の伝説」が結ぶ運命の恋と、ブレイク目前の注目俳優、チュ・ヨンウが大学で専攻する美しいダンスシーンに思わずうっとり

「赤い糸の伝説」が結ぶ運命の恋と、ブレイク目前の注目俳優、チュ・ヨンウが大学で専攻する美しいダンスシーンに思わずうっとり

「赤い糸の伝説」が結ぶ運命の恋と、ブレイク目前の注目俳優、チュ・ヨンウが大学で専攻する美しいダンスシーンに思わずうっとり
(C)2021 KIWI MEDIA GROUP& W-STORY COMPANY All rights reserved
タイトル『You make me Dance~紅縁<ホンヨン>』 にあるタイトルにある「紅縁(ホンヨン)」とは、運命の赤い糸のこと。朝のバスの中で偶然同じラジオを聞いていたふたりが、DJが話した「運命の赤い糸」の話に反応し、顔を見合わせた。数年後、運命はふたりの赤い糸を債務者と債権者として手繰り寄せた。

債務者は、現代舞踊を専攻する大学生、ソン・シオン(チュ・ヨンウ)。自身の踊る理由としてミューズと崇めていた母の結婚式のために、1千万ウォン(約100万円)を闇金に借りたが、気付くとその額は2倍となり、借金取りに追われるように。

債権者は、闇金業者<チャチャチャキャピタル>で働くチン・ホンソク(ウォン・ヒョンフン)。夢を諦めて闇金業者で働くホンソクは、ツンデレでぶっきらぼうだが、仕事がでる高身長イケメンで、女社長(イ・スリョン)のお気に入り。

シオンの取り立てを最後に、会社を辞める決意をしたホンソク。早く取り立てたいが、まったく金のないシオンに「1か月後に行われるオーディションに合格すれば借金が返せる。僕のダンスの可能性にかけて、1ヶ月だけ待ってください」と懇願され、ダンスを見せられる。まったくダンスに関心のなりホンソクだったが、シオンが踊る姿を見てなぜか涙が出てしまい、1ヶ月待つことに。

オーディションが迫る中、集中できないシオンを見かね、ホンソクはシオンが住む屋根部屋に押しかけ同居を始め、食事を作り、送り迎えをするなど、献身的に世話をする。家族に愛されなかった心の傷から自分らしいダンスを忘れていたシオンだったが、ホンソクの愛に触れて、自分を取り戻していく。幸せを手にしたと思っていたシオンだが、ある日、ホンソクから急に別れを告げられて――。

ふたりの出会いのきっかけとなったラジオ番組とロマンチックな「赤い糸の伝説」、そして、シオンの美しいダンスシーンがドラマを盛り上げる。
毎話、哀愁漂うCITIのOST曲「Today」と共にオープニングで流れるダンスシーンで心を奪われること間違いなしだが、2話でシオンのダンスを見てホンソクが涙を流すシーンではシオンのバックグラウンドが、そして4話でホンソクが弾くピアノにあわせてシオンが踊るシーンではホンソクのバックグラウンドがそれぞれ垣間見える。言葉で語らず、あえてダンスシーンを通して彼らの心の傷を見せるのは切ない。踊るシオンと踊らせるホンソク……、ふたりの関係を通し、愛や夢の大切さを改めて感じさせてくれる作品だ。

375524

現代舞踊専攻の大学生、ソン・シオンを演じたチュ・ヨンウは、名門「韓国芸術総合学校」で舞踊を学ぶ現役大学生。当初の脚本では主人公がダンサーではなかったが、チュ・ヨンウに合わせて設定変更されたというだけあって、そのダンスシーンは本格的で美しく、本作の大きな見どころのひとつとなっている。

2021年秋にドラマ『警察授業』(KBS)でチャ・テヒョン、B1A4 ジニョン、f(x) クリスタルらと共演。11月には、イ・ジョンソク、キム・ウビン、ナム・ジュヒョクなどスター俳優ブレイクのきっかけとなった人気シリーズドラマ『学校2021』(KBS)に出演。主演は、大人気オーディション番組『PRODUCE X 101』から誕生したX1出身、現WEiのキム・ヨハン。彼の秘密を握る学生という重要な役でキャスティングされており、2022年のブレイクが予測される注目株に。本作は、彼のデビュー作としても見逃せない作品となるだろう。

375520

ツンデレぶりと、笑顔のギャップを見せつけたチン・ホンソク役のウォン・ヒョンフンも、チュ・ヨンウと同じく「韓国芸術総合学校」出身。名門の成均館(ソンギュングァン)大学を退学して韓国芸術総合学校に入り直し、役者の道へ進んだという変わり種。187センチという長身が映える。

助演陣も個性豊か。闇金融業者<チャチャチャキャピタル>のチャ社長を演じたイ・スリョンは、韓国大統領官邸初の女性警護員出身という特殊な経歴の持ち主で、10年にわたり、大統領や海外VIPの警護を担当していた。

シオンのライバル、イ・ジョンフン役のLEXは、日本でも精力的に活動していたK-POPグループBIGFLO(ビッグフロー)の元メンバーなので、見覚えがある方もいるかもしれない。

そして、美しい映像を紡ぐ監督は、韓国のクィア映画の代表的な担い手として「REC」(2009年)などを手掛けるソ・ジュンムン。

Rakuten TVで視聴する

375518

コラム YoumakemeDance~紅縁<ホンヨン>
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ