1. TOP
  2. ドラマ
  3. 中国・台湾・タイドラマ
  4. 『DNA Says Love You』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #46

『DNA Says Love You』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #46

『DNA Says Love You』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #46
中国語映画・ドラマの翻訳や、日本で開催されたアジアBLドラマイベントMCなどに携わり、アジアドラマをこよなく愛する歐陽ママが、注目するドラマの台詞をきりとり、読者の皆様に中国語の表現の面白さなどをお伝えする「歐陽ママとお勉強ちゅう♡」。
目次

最終話の第12話も配信が終わって、Rakuten TVでも完結した本作。紹介記事でも触れた、さまざまの謎、一体どういうふうな結末を迎えたのかしら。でも本作でのな謎は、謎と呼ばれるよりは言えないでずっと心にあった思いだったり、打ち明けられずにいた出来事だったり、思い返せばあたしたちも普段から持っているもののことを指しているように思える。誰にも言わない、或いは言えないでいることって、誰にでもあるものじゃないかしらねえ。

『DNA Says Love You』× 予告編でも印象的なセリフ

今日は第三話、孤燈嶺にある帰来庵を探しにいった四人が山の中で一夜を過ごすことになったシーン。伝説の帰来庵のエピソードに思うことを口にする面々、実はあたし本作予告編の日本語字幕を担当させてもらったのだけれど、あのシーンのセリフはとても印象的だったの。そこで本編の字幕と、あたしが前情報なしに訳したものとを見比べる形で紹介してみようと思うわ。それぞれ別の人が訳せば当然違うものが出てくるんだけど、どうして違うかの話ができたらと思っております。

作品紹介

DNA Says Love You

410524

帰来庵の伝説を聞いたことがある?

幼なじみのプー・ラージエン(浦楽建)、ジュアン・シーウェン(荘喜文)、シエ・ユーホー(謝雨荷)は共に過ごした子供時代に、一生離れずにそばにいようと誓う。だが思いもよらず理由もなく別れ、ラージエン、シーウェンはお互いの人生から消えていた。数年後、ラージエンが自分の探検チャンネルのアクセス数が減り続けてることを悩んでいる時、映像制作の勉強をしているアンバーという青年が現れる。そして彼はラージエンたちと共に「帰来庵」を探しに行くのだった。

出演:リン・フイミン、ホアン・シンハオ、レオ・クオ、リン・ウェイジエ、ホアン・ユンシン、リー・ジエントン
監督:ハオ・シンシアン
脚本:ワン・インジン、北府店小二

帰来庵のエピソードに思うところを吐露するシーン

“如果天下有情侶都能夠終成眷屬” 訳:世の中の恋人たちが全員結ばれたら――

帰来庵のエピソードは、簡単に言ってしまえば悲劇。そんなエピソードに思いを致す浦樂建の発言。単純で幼いけど、はっとする言葉よね。
“如(ㄖㄨˊ|rú)果(ㄍㄨㄛˇ|guǒ)天(ㄊㄧㄢ|tiān)下(ㄒㄧㄚˋ|xià)有(ㄧㄡˇ|yǒu)情(ㄑㄧㄥˊ|qíng)侶(ㄌㄩˇ|lǚ)都(ㄉㄡ|dōu)能(ㄋㄥˊ|néng)夠(ㄍㄡˋ|gòu)終(ㄓㄨㄥ|zhōng)成(ㄔㄥˊ|chéng)眷(ㄐㄩㄢˋ|juàn)屬(ㄕㄨˇ|shǔ)”
“如果”は何度も出てきた「もし」、“天下”っていうのは日本語の「世の中」に近いと言っていいでしょう。あちらには天下があってこちらには世の中がある。“情侶”は「恋人たち」でしょうね。自分の恋人をさすっていうよりはそれこそ世の中一般の「恋人たち」というイメージ。“都能夠V”で「すべてみなVできる」“都”はなくても「Vできる」っていう意味だけど、“都”があれば「みな、もれなく」という意味が加わるわ。なにができるのかっていうと、“終成眷屬”、「恋人たちが最終的に家族になること」という意味の成語ね。そんな要素がすべて入った訳が本編字幕のもの。あたしの訳は「恋人たちがみんな家族になれるなら」。

“那是不是就不會有那麼多悲傷的故事” 訳:悲劇は起きずに済む

その発言の続き“那(ㄋㄚˋ|nà)是(ㄕˋ|shì)不(ㄅㄨˊ|bù)是就(ㄐㄧㄡˋ|jiù)不會(ㄏㄨㄟˋ|huì)有(ㄧㄡˇ|yǒu)那麼(˙ㄇㄜ|me)多(ㄉㄨㄛ|duō)悲(ㄅㄟ|bēi)傷(ㄕㄤ|shāng)的(˙ㄉㄜ|de)故(ㄍㄨˋ|gù)事(ㄕˋ|shì)”
“那”はその発言の直前を受けて「じゃあ、それでは」、“是不是”は疑問文を作る構文だけど、「〇〇ではないか」というニュアンスが含まれる。こういう場合の“就”は無視したほうがいいことが多い。“不會”も前に出てきたことあったわね、「〇〇しない、しなそうだ」という未来の否定形ね。“有”は同じ「ある」でしょ、“那麼多”で「そんなにも多くの」、“悲傷的故事”は「悲しい物語」と、全体に文法はなにも難しくないんだけど、必要な要素をきちんと入れつつ訳すとなると工夫が要るのね。あたしのほうは「なぜこんな多くの悲劇が?」予告編の、次々に挟み込まれるセリフのテンポに対応するため短くしてあるのが分かるわ。こう割合に長い文章でも、どこがいいたいことなのかを見抜くことが大事よ。

わたしのDNAはなんていってんのかしら

やっぱり何回見ても洒落てるタイトルだと思うのね。「考える必要もない」、「悩むことも思い煩うこともない」わけ。だって血液型や髪の色、まぶたのひとえ二重、そういう自分で選び取っていない要素のひとつとして「わたしはあなたを愛している」んだよ? なんかちゃんと考えるとドキドキしてきちゃうな。あたしのDNAどうなってんのかな。いちどくわしーく調べてみようかしら。口が悪いとかそういうことがDNAレベルで決まってたりしてね。

執筆者情報

歐陽(オウヤン)ママ

早稲田大学大学院修了。論文のテーマは台湾の文化。
2012年から2013年にかけて台湾で生活、日本語の先生などしてふらふらする。
新宿二丁目では2021年10月15日に新しいお店「美麗島」をオープン!

Rakuten TVで視聴する

410524

歐陽ママ 台湾ドラマ 中国語講座

関連記事

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ