1. TOP
  2. ドラマ
  3. 中国・台湾・タイドラマ
  4. 『Be Loved in House 約・定~I Do』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #12

『Be Loved in House 約・定~I Do』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #12

『Be Loved in House 約・定~I Do』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #12
中国語映画・ドラマの翻訳や、日本で開催されたアジアBLドラマイベントMCなどに携わり、アジアドラマをこよなく愛する歐陽ママが、注目するドラマの台詞をきりとり、読者の皆様に中国語の表現の面白さなどをお伝えする「歐陽ママとお勉強ちゅう♡」。
目次
(C) 2021“Be Loved in House - I Do” Partners All Rights Reserved.

中国語映画・ドラマの翻訳や、日本で開催されたアジアBLドラマイベントMCなどに携わり、アジアドラマをこよなく愛する歐陽ママが、注目するドラマの台詞をきりとり、読者の皆様に中国語の表現の面白さなどをお伝えする「歐陽ママとお勉強ちゅう♡」。

折り返しを迎えた本作、前半は「横暴ディレクター」と「ツンデレ部下」ですもの、そりゃぶつかるぶつかる! 皮肉言い合ってるシーンみたりしてると「これほんとに仲良くなれるの?」って思ったりするけど、でもふとした瞬間にお互いを見る視線には何か違うものがあるのを感じられたり。あたしはお気に入りのキュンキュンシーンあるけど、皆さんどう? 何度も繰り返し見てるお気に入りのシーンある? ぜひ教えてちょうだいな!

Be Loved in House 約・定~I Do』の作品紹介記事はこちら

前半のポイントになるシーンでのセリフ

前半のキーになるシーンから二つ紹介。“敢”(ㄍㄢˇ|gǎn)は中国語らしい単語で、詳しく解説しだすと止まらなくなるような広い意味、広い使われ方をするわ。ぜひ教科書や辞書を開いて調べてみてほしい単語の一つね。それから物語前半では金予真が手袋をしているシーンが目立つけど、それはいったいなぜなのか。なんたって手袋したままシャワーあびたりすんですものよ、「え?」ってなるわよね。その理由もドラマの中では描かれることになるわ。

作品紹介

Be Loved in House 約・定~I Do

あなたと僕の約束は愛することになるための定め

創業約10年の「精誠スタジオ」は、業績が悪く存続の危機にある。その経営権を買い取った金予真(ジン・ユージェン)が新任のアートディレクターに就任。しかし、その就任初日にスタジオの空気が一変してしまう出来事が起こる!「シングル規約」なるものが貼り出され、社内恋愛禁止、結婚したら解雇、と書かれていた。これは間もなくプロポーズしようとしていた王靖(ワン・ジン)と白筱倩(バイ・シャオチエン)を危機に陥れるものだった。スタジオの社員たちは石磊(シー・レイ)のリーダーシップのもと、この新たなアートディレクターに抗議する。しかし一向に埒が明かず、「シングル規約」を廃するために秘密の計画を実行するのだった…。石磊は金予真に張り付き、この横暴なディレクターの恋愛の証拠を掴もうとする。だがさまざまな巡り合わせの結果、鋼鉄の暴君ディレクターが、孤独と、過去の恋に傷ついた心を抱えていることを知る。石磊の金予真に対する好奇心は、次第にかき立てられていく…。

出演:アーロン・ライ、ハンク・ワン、ウェイポー・リァオ、ユー・ジェエン、ディーン・リー、スタン、フェアリー・ヤオ、エイミー・アイ、リン・ジャーヨウ
監督:ジアン・ビンチェン
脚本:ジーディエン

金予真を挑発する石磊/ 手袋をつけた変態殺人鬼のセリフ

“看來總監對自己很有自信 敢不敢賭一把” 訳:賭けてみますか?

第二話から。“看(ㄎㄢˋ|kn)來(ㄌㄞˊ|li)總(ㄗㄨㄥˇ|zǒng)監(ㄐㄧㄢ|jiān)對(ㄉㄨㄟˋ|du)自(ㄗˋ|z)己(ㄐㄧˇ|jǐ)很(ㄏㄣˇ|hěn)有(ㄧㄡˇ|yǒu)自信(ㄒㄧㄣˋ|xn), 敢(ㄍㄢˇ|gǎn)不(ㄅㄨˋ|)敢賭(ㄉㄨˇ|bù)一(ㄧˋ|yī)把(ㄅㄚˇ|bǎ)”、
“看來”は“看起來”と同じで、「(見たところ)~のようだ/~らしい」という意味。そこでこの文の前半部分は「ディレクターは見たところ自信があるようです」となるのね。さあ、この文のポイントは後半にあるわ。それは“敢”(~するのを躊躇わない/勇気がある、大胆にも~する)というこの語。とっても中国語らしい表現方法だと思う。“你敢吃生魚片嗎?”(「刺身を食べる度胸はありますか?」つまり「刺身は食べられますか?」)なんて使い方もする。イメージとしては「(その行為をしない/できない人がいる前提のもと)~できますか?」と聞く感じ。ここでは「V(動詞)+不+V」で疑問文を作る構文になっているし、石磊は金予真に向かって「賭けをする度胸はあるか?」と挑発的してる雰囲気がでてるわけ。

“不是很好奇,我為什麼要戴手套嗎?” 訳:手袋が気にはならないか?

こちらも第二話。“不是(ㄕˋ|sh)很好(ㄏㄠˋ|ho)奇(ㄑㄧˊ|q),我(ㄨㄛˇ|wǒ)為(ㄨㄟˋ|wi)什(ㄕㄜˊ|shn)麼(˙ㄇㄜ|me)要(ㄧㄠˋ|yo)戴(ㄉㄞˋ|di)手(ㄕㄡˇ|shǒu)套(ㄊㄠˋ|to)嗎(˙ㄇㄚ|ma)?”
こちらは手袋を外さない金予真から石磊が想像をめぐらすシーンから。“不是~嗎?”で「~じゃないか?」という疑問文を作る。“好奇”の“好”は「破音字」と呼ばれるもので、「発音が二つ以上ある字」のことなんだけど、ここでは四声で読むことになってるの。“戴”は「ものをかぶせる/装着する」イメージ。「帽子をかぶる」もこの字を使って言うわ。“手套”はそのまま「手袋」。というわけで、「私がなぜ手袋をしているのか、気にはならないか?」というこの場面、あたしが好きなシーンなんだけど、何が好きってこのセリフに続く「指紋が残らないからさ」という発言のときにみせる金予真の顔よ! もう変態っぽくてイイ! それに返す石磊の発言も“變(ㄅㄧㄢˋ|bin)態(ㄊㄞˋ|ti)!”ですもの。もうほんと、「ヘンタイ!」って感じの雰囲気出てて最高でした。

最後に

ドラマの中での二人の関係の変化と敬語の変化

よく「中国語には敬語がない」って言われるけど、それは厳密には誤りで豊かな敬語表現がちゃんとある。日本語の敬語がシステムとして非常に複雑で、最近は若年層に限らずどの世代でも敬語表現は間違いなく衰退してきてると思う。その分中国語ではその言葉を発する語気や雰囲気を見ながら字幕をつけることになるんだけど、今回は関係の変化とともに少しづつ、二人の会話から敬語が消えていく設計になってるの。これもぜひ注目してほしいポイントよ!

執筆者情報

歐陽ママ

早稲田大学大学院修了。論文のテーマは台湾の文化。
2012年から2013年にかけて台湾で生活、日本語の先生などしてふらふらする。
新宿二丁目では新型コロナの影響もありあたふた。今は新しいお店をオープンしようと画策中。


Rakuten TVで視聴する

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ