1. TOP
  2. ドラマ
  3. 『Be Loved in House 約・定~I Do』歐陽(オウヤン)ママの注目作品紹介

『Be Loved in House 約・定~I Do』歐陽(オウヤン)ママの注目作品紹介

『Be Loved in House 約・定~I Do』歐陽(オウヤン)ママの注目作品紹介
大豊作の台湾BLから最新作、『Be Loved in House 約・定~I Do』をご紹介よ! ただ、本作は気合入ってるわよ~。なぜ気合が満ち満ちているのか、なぜ日本語でインスタライブができたのか、そんな裏話も話しちゃいます!
目次

作品紹介

Be Loved in House 約・定~I Do

まずはタイトルの話から。Be Loved in House、略してBLiH、ここにも「BL」あったね。あたしこういうのは好きなのよね。なんかおしゃれだと思う。そして、“約定”(ㄩㄝ/yuē| ㄉㄧㄥˋ/dng)。ドラマの読みとしては「やくてい」と読むようだけど、通常は「やくじょう」って読んで「約束して定めること」っていう意味もある(あとは株をやる人には馴染みがあるかしらね)。なかなか日常では使わない単語よね。普通は「約束」っていうもの。でも中国語では日本語の「約束」と同じようなカジュアルさで使う日常用語なの。なぜこんなタイトルがついているのか。これは「シングル規約」が引き起こすドラマの筋にも関わるキーワードだから、もうこれはご覧いただければばっちりわかるわ!

出演:アーロン・ライ、ハンク・ワン、ウェイポー・リァオ、ユー・ジェエン、ディーン・リー、スタン、フェアリー・ヤオ、エイミー・アイ、リン・ジャーヨウ
監督:ジアン・ビンチェン
脚本:ジーディエン

横暴ディレクターVSツンデレ部下

恋愛禁止の「シングル規約」!?

創業約10年の「精誠スタジオ」は、業績が悪く存続の危機にある。その経営権を買い取った金予真(ジン・ユージェン)が新任のアートディレクターに就任。しかし、その就任初日にスタジオの空気が一変してしまう出来事が起こる!「シングル規約」なるものが貼り出され、社内恋愛禁止、結婚したら解雇、と書かれていた。これは間もなくプロポーズしようとしていた王靖(ワン・ジン)と白筱倩(バイ・シャオチエン)を危機に陥れるものだった。スタジオの社員たちは石磊(シー・レイ)のリーダーシップのもと、この新たなアートディレクターに抗議する。しかし一向に埒が明かず、「シングル規約」を廃するために秘密の計画を実行するのだった…。
石磊は金予真に張り付き、この横暴なディレクターの恋愛の証拠を掴もうとする。だがさまざまな巡り合わせの結果、鋼鉄の暴君ディレクターが、孤独と、過去の恋に傷ついた心を抱えていることを知る。石磊の金予真に対する好奇心は、次第にかき立てられていく…。


日本からも制作にかかわる新たな試み

じ・つ・は『Be Loved in House 約・定~I DO』、日本からも制作陣に名を連ねているのです。ひょっとすると勘のいい人は気づいた人もいるかしらね。あたし、ドラマの脚本ができたてほやほや(用語はやっぱり古い)で出てきた段階から日本語翻訳に携わっていて、その日本語訳をもとに日本側がドラマの内容を把握していくっていうことをしたのよ。だからあたし、日本じゃ一番初めに内容を知ることができたっていうなんとも幸せなパートを担うことになっていたのでした。
実は、日本の制作陣もオーディションから(とはいってもコロナ禍のせいでオンラインで!)参加していたという、今までにはなかったことが行われていた。すごいことが行われていたものよね。そんな縁もあって五月の最終週には人生初めてのインスタライブでアーロン/金予真(演:賴東賢)とハンク/石磊(演:王碩瀚)を迎えて司会の大役を仰せつかっていっぱいいっぱいになったり、あたしにとっても深く深く思い入れのある作品になっているのでした。
それに字幕上の変化だと、登場人物の名前が漢字で表記されるようになったのよ! これは大きな変化でしょう? あたしは漢字表記のほうが好みだけど、皆さんどうかしら?

ドラマの中で見え方が変化してゆく魅力的な主人公たち

横暴ディレクター 金予真

本作のメインCPは金石の二人。今回はその金石CPを演じるアーロンとハンクの話をしたい。
金予真役のアーロンは92年生まれの29歳。台湾ドラマをご覧になってる方は『飛魚高校生』でも目にしたことがあるだろうし、なんといってもヒストリカルな作品、『HIStory マイ・ヒーロー』で麥英雄を演じてくれた。どこかでBL界の「元老」なんて紹介までされてたわ。彼はなんと建国高校を経て台湾大学へ進学と、日本でいうと筑駒から東大コースというような、絵に描いた超秀才! あのルックスでお勉強もできちゃうスーパーイケメンよ。あのルックスといえば、アーロンは鍛え抜かれた身体も魅力的よね。あたし、周りの組合員に聞いてみたの。そしたらちょっと、アーロン一番人気よ。やっぱりね。
でも彼、実は2019年に大きな交通事故に遭ってしまって身体にその時の傷跡が残ってしまう。そう、ドラマの中で描かれている金予真の傷…実はアーロン本人の本物の傷なのです…。大変な事故だったのだろうなと思うんだけど、あの奇麗なお顔は無事だったわけで、強運の持ち主なのよね。事故の傷が残ってしまうっていうことは、もちろん俳優さんとして大きな契機になっただろうことは想像に難くないんだけど、それがなぜドラマの中でも描かれるようになったのか、きっとこれから先、紹介できる機会があると思うわ。


ツンデレ部下 石磊

金石CPのもう一人は石磊、「石」が四つの名前って、すごいよね。その石磊を演じるのは24歳のハンク。オーディションを経て日台でデビューしたnoovyというバンドのギタリストをしていたから、ずっと追いかけてるファンの人もいるんじゃないかしら。なんとギターはゼロから初めてメジャーデビューにこぎつけたのだというから大変な努力家よね。あの輝くまぶしい笑顔の裏にはきっと涙ぐましい努力が潜んでいるのよ。
日本でも活躍していた彼、インスタライブで披露してくれた日本語にはあたしも驚いたわ。それこそ笑顔で問いかけに日本語で答えてくれた。ハンクって、なんていうか若さと勢いのある「体当たり」って言葉が似合う感じがする。例の「パオーン」のシーンなんて、まさに体当たりよね。本作の配信ではメイキング映像もなんと日台同時配信で見られるわけなんだけど、そのメイキング映像ではちゃんとトランクス履いてたわね(ちっ!)。あのトランクスも日本の制作陣がプレゼントしたものだそう。
劇中では本当に輝く素敵な笑顔をたくさん見せてくれるハンク、あたしはあの笑顔を見るためだけにでもついつい繰り返しみたくなっちゃう。ハンクの人並外れたところは、やっぱり彼自身が積み重ねてきた努力の数々を笑顔一つであたしたちファンに感じさせないところにあるんだと思ったわ。


「言」兆綱と「午」思齊の許許CP

5/20(愛してるの日)から始まった本作、毎週木曜日に1話づつの更新なのでやっぱり待ち遠しい日々が続くわけよね。でもあたし思うんだけど、こうやって新しいエピソードを待っていられる日々って幸せだわ。まだ始まったばかりの本作、前半ではまだいわゆる“粉紅泡泡”(ピンクの泡泡。甘い雰囲気のこと)は物足りないかもしれない。でもね、それも裏を返せば楽しみがあたしたちを待っていて悶絶させてくれるってことでしょう? そうよ、楽しみなような、終わってほしくないような、やっぱり複雑な気持ちになっちゃうわ。まあ、木曜日が来てくれれば結局すぐ見ちゃうんだけどね。これからの『Be Loved in House 約・定~I DO』に乞うご期待! 「ぜひご覧ください」、よ!

執筆者情報

歐陽(オウヤン)ママ

早稲田大学大学院修了。論文のテーマは台湾の文化。
2012年から2013年にかけて台湾で生活、日本語の先生などしてふらふらする。
新宿二丁目では新型コロナの影響もありあたふた。今は新しいお店をオープンしようと画策中。

Rakuten TVで視聴する

383311

BLドラマ 中国語講座 歐陽ママ
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ