1. TOP
  2. ドラマ
  3. 中国・台湾・タイドラマ
  4. ベトナム・フィリピンのコンテンツ事情

ベトナム・フィリピンのコンテンツ事情

ベトナム・フィリピンのコンテンツ事情
(C)Skyline Media
2020・2021年に急成長!! 『ベトナム・フィリピンのコンテンツ事情』

2001年にオランダで初めて同性婚が認められたのを皮切りに、2010年代には東南アジアでもLGBTQへの認識が広まり、ベトナムやフィリピンでもエンタメ作品が多数作られるようになった。フィリピンでは2020年3月から配信されたウェブドラマ『ゲームボーイズ』が世界中で大ヒットし、第10回国際エミー賞にノミネートされた。一方、ベトナムは2018年の映画『ソン・ランの響き』がベトナム映画祭「金の蓮賞」(最優秀作品賞)受賞を初め、各国の映画賞を多数受賞して話題に。

400394

ベトナム、フィリピンでは現在も同性婚は認められていないが、少しずつ変化が生じている。まず、ベトナムでは2014年に結婚法が改正され、同性婚の禁止が廃止された。これにより同性愛は認められてはいないが、罰金の対象にならなくなった。一方、フィリピンはキリスト教徒が多いため法律的には禁止だが、LGBTQへの差別解消に向けて、大型の非政府協力機関「ASEAN SOGIE コーカス」を作り、東南アジアに向けて、LGBTQ普及活動が行われている。

このような背景がありつつ、2020年、COVID-19が世界的に流行したことにより、ベトナムやフィリピンでも街がロックダウンされ、人々の生活は大幅に規制された。これがきっかけとなり、特にフィリピンはネットワーク環境が大きく改善。ベトナムは2019年時点からカフェやレストラン、ホテルにおけるWi-Fi普及率が100%だったのに対し、フィリピンはネットスピードが東南アジアの中で一番遅いと言われていた。だが、2020年のロックダウンやリモートワークのために大幅に改善。そのため、配信動画が楽しみやすくなった上に、一人の時間を楽しむことができるようになったため、センシティブな作品を視聴しやすい環境が整ったことも、人気の上昇に一役買ったのではないかと思われる。

355512

ベトナムはもともとフランス領だったこともあってか、淡い色合いやしっとりした音楽の作品が多く、社会派作品の評価も高い。2018年の映画『ソン・ランの響き』も高く評価されている。

436977

配信ドラマは映画よりもポップな印象で、ゲイのタイと、彼が思いを寄せるティアンの二人がさまざまな災難に襲われる『Tien Bromance』(2019年配信)は、とにかく展開が読めないサバイバルアクションBLドラマ。ほかに類を見ないユニークなストーリーなのだが、その後、すぐに同じ登場人物でいきなりほのぼの設定になる『Double Daddy, Double Happy』が制作されている。そして、2020年10月には、別次元のタイとティアンの物語『Sea Him 君と出会う海』も誕生しており、人気に乗って一気に制作されたのが分かる。ほかにもイケメン社長と辛口年下男子のラブコメコメディ『Nation’s Brother モテモテ! 私のお兄様』が2020年12月から配信され、その1年後には同じキャストによる新作『Mr.シンデレラ』が誕生するなど、同じチームが複数のBLドラマを作る傾向が強いようだ。

399944

一方、フィリピンは、色合いも音楽も賑やかでポップな作品が多い。ベトナムはタイなどBL先進国の作風を取り入れているのに対し、フィリピンはアメリカの国際エミー賞で高く評価された2020年3月スタートの『ゲームボーイズ SEASON1』時から独自のカラーが確立されている。まず『ゲームボーイズ』、『Hello Stranger』、『Boys Lockdown ボーイズ♡ロックダウン』は、制作当時のロックダウン生活をそのまま作風に取り入れ、ビデオ会議画面で会話が繰り広げられることも多かった。そのため、BL作品とはいえ絡みが少なく、BL初心者もとっつきやすかったようだ。また、ビデオ会議画面でのやり取りを経て、ようやく会えるようになるため、主人公カップルを応援する気持ちも自然と強まったように思われる。その後、実際に行動制限がなくなっていったように、同居生活を行う二人の恋物語『Like in The Movies』や、田舎暮らしの青年と都会暮らしの人気モデルの恋物語『君がいるから~Your Home~』など、劇中の行動範囲も広がっているのも面白い。

ベトナム、フィリピンいずれも配信ドラマのため、30分弱で6話から10話程度の構成がほとんどで、とても見やすいのが特徴。どちらの国も、くっきり二重のソース顔をベースに、すっきりクール系とかわいい系のカップルが人気のよう。とはいえ、たとえ同じキャストでも、同じカップルはひと組もいないので、お好みの二人を探してみては?

(文・及川静)

https://news.tv.rakuten.co.jp/2024/04/bl-list.html BL関連記事一覧 https://news.tv.rakuten.co.jp/2022/09/k-gameboys.html フィリピン発BL『ゲームボーイズ SEASON 2』 恋にアクティブなガブと、ゲームが恋人だった草食系カイの恋の行方は⁉︎

Rakuten TVで視聴する

355512,366417,436977

URLをコピー
ポスト
シェア
送る
Lifetime
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集
  • 年月別アーカイブ