1. TOP
  2. ライブ
  3. 超ときめき♡宣伝部インタビュー!ドラマ「リトライ、青春!」出演

超ときめき♡宣伝部インタビュー!ドラマ「リトライ、青春!」出演

超ときめき♡宣伝部インタビュー!ドラマ「リトライ、青春!」出演

「最上級にかわいいの!」がSNSでバズっているアイドルグループ、超ときめき♡宣伝部。メンバー6人が主演を務める生配信ドラマ「リトライ、青春!」がRakuten TVで3月29日(金)・30日(土)・31日(日)の3日間、各日15時から独占生配信される。このドラマは、ドラマの常識を覆す「生配信」による“リアルタイムドラマ”、通称・リアドラ。生だからこその臨場感、没入感を体感できる新感覚のエンターテインメント作品になっている。
高校2年生のそら、菫、苺、桃華、日向、翠の6人は、3年生を送る会でダンスパフォーマンスをすることになったが、赤点免除を条件に苺がリーダーに任命された。バラバラのメンバーたちをまとめようと苺は奮闘するが、本番直前、ある事件をきっかけにチームに亀裂が入る。諦めかけた時、予測不能な展開が待ち受けていた…。
本番に向けて連日稽古に打ち込んでいる超とき宣の辻野かなみさん、杏ジュリアさん、坂井仁香さん、小泉遥香さん、菅田愛貴さん、吉川ひよりさんにドラマへの意気込み、見どころなどを語ってもらった。
(撮影:中川容邦、取材・文:田中隆信)


ドラマ『リトライ、⻘春!』の視聴チケットはこちら

――稽古が続いている状況だと思いますが、本番に向けての気持ちも高まってきたんじゃないですか?

坂井:
先日まで「2か月くらいある」って思っていたんですけど、気づけば本番までの日が短くなっていて、あと1か月もない(取材日は2月下旬)のでビックリというか、焦りも感じますけど、稽古は楽しくやらせてもらっています。監督に優しくご指導していただいたり、共演者の方々も私たちの演技を見てくださっていて、演技の先輩として「ここはもっとこうしたほうがいいんじゃないかな」とか、アドバイスをくださいます。

杏:
まだ本番で使う学校の校舎ではなくて、レッスン場での稽古が続いているんですけど、実際の現場になる学校に行ったらまたドキドキ感とかワクワク感も高まるのかなって思っています。

――台本を読んでの感想とか、物語全体の魅力や面白さを教えてください。

小泉:
最初に台本を読んだ時、純粋に「すごく面白い作品だな」って思いました。物語の中で“タイムリープ”が表現されていて、ドラマとか映画の中で見たことはありましたけど、自分たちでそれを表現できるのは楽しそうだなって。そのタイムリープが肝となる部分ですし、結構表現が難しいとは思うんです。しかも、今回は生配信ドラマなので、どうやってタイムリープするのかがイメージできていませんでした。台本を読んだだけではちゃんと理解できなくて、稽古が始まってようやくわかってきたところがあります。あとは、本番で使う学校に行ってからですね、完全に理解できるのは。

――菅田さんは台本を読んでどう感じましたか?

菅田:
青春を感じる要素がたくさんあって、面白いメンバーとか、面白いキャラクターとか、面白い先生も登場して、クスッと笑えるような内容だったので、「青春コメディーだ!」って思いました(笑)。あと、物語の中で、私たちが演じるキャラクター一人一人の成長がしっかり見える物語にもなっていて、見ている人にも共感してもらえるんじゃないかなって思いました。共感しながら、一緒に青春をリトライしてもらえればいいなと思います。

――生配信ドラマということで、普通のドラマとも違いますし、コンサートや舞台とも違う、新しいチャレンジといえますね。

杏:
最初は「どういうこと?」って思いました(笑)。でも、ドラマだけどリアルタイムで配信されるので見る方も同じ時間を共有できますし、舞台と違ってカメラがたくさんあってスイッチングで場面が変わるので、いろんな視点で見られるところも新しいなって。ドラマや舞台のいいところが集約されているような感じなので、やりがいを感じます。リアドラは、この作品が初になるんですが、SNSと連動した企画など、今までにない新しいところがたくさんあります。

辻野:
初めてってすごく嬉しいですよね。

吉川:
最先端!!

――生配信のドラマということで、成功させるためにみんなで話し合ったり、何かやっていたりしますか?

小泉:
まずはセリフをしっかり覚えなきゃと思って、移動中の新幹線の中でも台本を読んだりしていました。

辻野:
あと、監督さんが役について一人一人話し合いをしてくださいました。「他の人から見て、自分が演じる役はどう見えているのか」とか、そういうことを最初の段階で教わることが出来たので、自分の役を理解してから演じることができました。そういうふうに自分の役をしっかりと作っていけば、もし生配信中に何かあってもカバーし合えるんじゃないかなと思います。

杏:
ライブだと歌詞を間違えたり、振り付けを間違えたりしたら失敗って思われちゃうかもしれないけど、演技は“失敗”じゃないのかなって。その場で、その子が言いそうなことを言ったり、その子がしそうな動きをしたりすれば、それも表現方法の一つとして成立すると思うんです。それと、3日間あるので、1日目、2日目、3日目で私たちの感情も変わってくると思いますし、経験によって演技もきっと変わると思うんです。なので、私たち自身も“変化”を楽しみにしています。

坂井:
台本を見て思ったのが、本番での移動が結構大変なんじゃないかなって。レッスン場と違って、学校の校舎を使うので階段を上ったり降りたりするのが大変そう。苺ちゃん、移動距離長いから痩せるかもしれないです(笑)。

辻野:
本当、階段が大変そう。

坂井:
階段を降りる時、滑り台にしてほしい。

辻野:
あの空気で膨らませる滑り台?

坂井:
そうすれば時間短縮できて楽しそう(笑)。

――それぞれの役柄について教えてください。自分と似てる部分や違うところなども。

辻野:
私は“そら”という役です。普段の私はあまり感情の変化がなくて、いつも同じ感じなんですけど、そらは生徒会をしていたり、真面目なタイプではあるんですけど、落ち込んだり、怒ったり、感情の変化が激しいんです。そこが自分と全然違うのでちょっと苦戦しています。でも、それをうまく表現できたら、宣伝部員さんたち(超とき宣のファン)に新しい自分を楽しんでもらえるかなと思っているので、頑張って稽古しています。

吉川:
私は“翠”という役で、翠が登場する場面はコメディー要素があるので、演じていて楽しいです。甘え上手でみんなを頼る子ですね。自分はその場の空気が読めるほうだと思ってるんですけど(笑)、翠は空気が読めなかったりするので、ドラマの中ではみんなを混乱させるかもしれないです。

小泉:
私が演じる“桃華ちゃん”はフォロワーがたくさんいるインフルエンサーです。インフルエンサーっぽく、トレンドを意識した表情作りとかを自分なりに研究して演じています。すごく芯のある真っ直ぐな女の子で、そういう自分の意思を曲げないところは私自身と似てるかなって思いますし、好きなところなので、自分らしく演じられたらいいなと思います。

菅田:
私は“日向ちゃん”を演じるんですけど、一人称が“僕”なんです。そこからして自分と違っていて、日向ちゃんは不思議ちゃんでもあり、盛り上がっているところに入っていくような何にでも興味津々な性格です。最初、どうやって演じたらいいのか分からなかったんですけど、監督さんに「うまく演じようという意識を持たなくてもいいよ」と言ってもらえて、気持ちが楽になりました。自分が思う日向ちゃんを演じられたらいいなと思っています。

――坂井さんが演じる“苺”は赤点を取りそうな役ですが。

坂井:
そうなんです。この役を演じなかったら、こんなことは言わなかったと思うんですけど、私、学生の頃、本当に赤点ギリギリだったんです。台本を読んだ時、「監督、私の学生時代を見てたのかしら?」って思いました(笑)。結構自分に近い役だと思いますし、稽古の時に共演者の方から「演技やってたの?」と言ってもらえたので嬉しかったです。

杏:
私が演じる“菫ちゃん”も自分に近いところがあるなと思いました。でも、役作りをしていく中で、「もっと菫ちゃんとしての個性を出したい」って思って、自分の中でイメージして“菫”を作り上げていったので、最初の印象と違って、自分とは違ったタイプの女の子になりました。普段の菫ちゃんのスタンスは“超陽キャ”って感じで、自分が言わないようなセリフを言ったり、自分がやらないような行動を取ったりするので、そういう部分を感じてもらえるように本番に向けて頑張ります。

――実際の性格と似てる役を演じる人もいれば、真逆とも言える性格のキャラを演じたり、そういうところも面白そうですね。

坂井:
かなみん(辻野)とは結構長くて、10年以上一緒にいるよね?

辻野:
うん、いるいる。

坂井:
そんなに長くいるのに、これまでに見たことのないかなみんがいたんです! 

辻野:
私じゃなくて“そら”がね(笑)。

坂井:
普段は私が「こんなふうにしようと思うんだけど」って相談すると、「うん、いいよ、いいよ」とか「そうだね。そういうのがいいと思う」ってポジティブに返してくれて、負のオーラを感じたことがないんです。でもそらは、役だけど、ガン詰めされて、「え?そんな一面があったの!?」って思っちゃった。今までも怒らせたことはないんですけど、今後も怒らせちゃいけないなって。プライベートではあれを引き出さないようにするのが目標です(笑)。

辻野:
稽古と本番で、そのキャラが染み付いちゃってプライベートでも出たらごめんね(笑)。

坂井:
絶対にやめていただきたいです!どっちかっていうと、私の方が感情的で、かなみんは気持ちを落ち着かせてくれるほうだから、かなみんまで感情的になったらとき宣が成立しなくなっちゃう。

辻野:
でも、私は感情を出すのが苦手なので、「感情が出せるのってすごいなぁ」って思うこともあるんです。感情を出すことに興味があるというか。

小泉:
え?どういうこと?(笑)

吉川:
もしかして、この役を演じたことでかなみんの人生観が変わったりして(笑)。

――役名がそれぞれのメンバーカラーに由来している感じなので、ファンの方も覚えやすそうですね。もう役名になれましたか?

辻野:
稽古が進むにつれて、“桃華”とか“翠”とか、みんなの役名がぱっと出てくるようになったので馴染んできたなぁって思います。

――「役名入り応援Tシャ
ツ」と「応援ロゴ缶バッチ」といったグッズも販売されてますよね。Tシャツはそれぞれのカラーで、役名とかイラストが入っていたりしてますが。

辻野:
グッズに描かれているイラストとか文字は私たちが描いたものです。コンサートでもグッズにTシャツはありますけど、この役名のTシャツは珍しいので、ぜひこれを着て配信を見てほしいですね。

――本番に先駆けて、3月20日に主題歌「リトライ、青春!」の配信が決定しています。どんな曲になりましたか?

小泉:
ハードルが上がっちゃいますけど、めちゃめちゃいい曲です!青春曲でもあるし、タイムリープ作品というのにかけて、歌詞に「ずっと同じ歌を歌ってる」とか「同じダンス踊ってる」っていうフレーズがあったり、「ドラマを起こそう」っていうのもあったりして、このドラマにピッタリな曲だなって。疾走感があって、明るく元気でパワーをもらえる曲なので、たくさんの方に聴いてもらいたいです。

坂井:
この曲、このドラマが終わった頃には私たちにとっての青春ソングになってそうだなって思いますね。今、ほぼほぼ毎日のように稽古をしている状態で、みんなで駆け抜けているので、最終日とか、この曲を歌って泣いちゃうんじゃないかって。お芝居なので泣いちゃダメなんですけど(笑)、私たちにとっても青春の曲になりそうだなって思いました。

――では最後に、「リトライ、青春!」を楽しみにしている方に見どころとメッセージをお願いします。

小泉:
今回は生配信ドラマということで、私たちにとっても初挑戦の企画になっているので、ファンの皆さんにも私たちと同じくらい、ドキドキハラハラワクワクしていただいて、私たちと一緒に青春を何度でも味わってほしいなと思います。ぜひ見てください!

坂井:
私たちもドキドキしてるし緊張してるし、初めての挑戦なので本番にならなきゃ分からないことが多いんですけど、きっとそんな緊張感を一緒に味わってもらえる作品になるんじゃないかなって思うので、一緒にドキドキしてほしいです。メンバーの普段は見れない顔が、それぞれの役を通して見ることができるので、それも楽しみにしていてください。

杏:
生配信ドラマということで、皆さんも未知ですし、私たちも未知な挑戦になるんですが、私たちの新たな挑戦だったり、新たな一面だったり、すごく新鮮な気持ちになってもらえると思います。きっと皆さんにパワーや元気をお届けできる作品だと思いますし、3日間、同じ作品でも違うものになると思うので、その変化だったり、メンバーそれぞれの成長を見ていただけたら嬉しいです。ぜひ見てください!

菅田:
はい、メンバー6人全員でお芝居をするのが初めてなのでドキドキしています。青春コメディーということで、キラキラした青春も感じてもらえると思いますし、クスッと笑える場面もいっぱいあるので、一緒に青春を感じていただきながら、温かく見守っていただきたいと思います。頑張ります!!

吉川:
普段はライブやメイキング映像など、実際の私たちを見てもらう機会が多いんですけど、今回は6人とも役を演じるので、また一味違った超ときめき♡宣伝部を見ていただけるので、見逃さないでほしいです。3日間、役にも変化があると思うし、私たち自身もきっと変化があると思うので、挑戦する姿をぜひ見てください!リアルタイム配信という、新感覚で新しい要素が詰まったドラマを楽しんでもらえたらと思います!

辻野:
演技経験がたくさんあるわけではないので、最初聴いた時は不安もあったんですけど、自分自身の成長と、竹田そらが悩みながらも成長していく姿を同時に楽しんでいただけたら嬉しいと思いますね。


リトライ、⻘春!

469569 ©リアドラ「リトライ、⻘春︕」製作委員会

配信日時
3⽉29⽇(⾦)配信開始:14:30 / 開演予定:15:00
3⽉30⽇(⼟)配信開始:14:30 / 開演予定:15:00
3⽉31⽇(⽇)配信開始:14:30 / 開演予定:15:00

見逃し視聴期間
見逃し配信準備完了〜4月7日(日)23:59

視聴チケット販売期間
〜4月7日(日)21:00

ドラマ『リトライ、⻘春!』の視聴チケットはこちら

ドラマ『リトライ、⻘春!』の視聴チケットはこちら

Rakuten TVで視聴する

469569

URLをコピー
ポスト
シェア
送る
アジア映画見放題チャンネル
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集
  • 年月別アーカイブ