1. TOP
  2. ドラマ
  3. 中国・台湾・タイドラマ
  4. 『正負之間~Plus & Minus』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #48

『正負之間~Plus & Minus』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #48

『正負之間~Plus & Minus』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #48
(C)2022 Plus and Minus _ Partners All Rights Reserved.
中国語映画・ドラマの翻訳や、日本で開催されたアジアBLドラマイベントMCなどに携わり、アジアドラマをこよなく愛する歐陽ママが、注目するドラマの台詞をきりとり、読者の皆様に中国語の表現の面白さなどをお伝えする「歐陽ママとお勉強ちゅう♡」。第48回も前回に引き続き『正負之間~Plus & Minus』でお勉強!
目次

鄭則守と傅理躬は27歳の幼馴染二人で弁護士として同じ法律事務所で働いている。一方は相手を「兄弟」ととらえ、一方は二人の関係をそんなありきたりの枠には入れることをせず、それ以上の感情を持っているのね。物語は、気持ちのある意味すれ違いが大きな転換を迎えるように進んでいくわけ。二十数年の関係よ? 想像力を豊かにしてみて。子供の時から一緒にいる「友達」が自分のことを好きだったとしたら…。何がどうなっちゃうのかしらね。

https://news.tv.rakuten.co.jp/2022/06/10ouyangmama.html 『正負之間~Plus & Minus』歐陽(オウヤン)ママの注目作品紹介 https://news.tv.rakuten.co.jp/2022/06/220617obenkyouchu47.html 『正負之間~Plus & Minus』歐陽ママとお勉強ちゅう♡ #47

正負之間~Plus & Minus × 「兄弟」とキレイさんの「つまらない話」

今日はね、台湾のBLを見てると結構出てくる「兄弟」ってフレーズに焦点をあてるわよ。前にどこかで話したことあったと思うんだけど、名詞っていうのはその言語がどうやって世界を切り取っているかがよく分かる面白いものなのよ。例えばアジアの「兄弟」は誰が兄で弟なのかを気にするけれど、英語の“brother”はそれを気にしないといったように。まあ今日の話の「兄弟」はこのきょうだいではないけれどね。
それともう一つ、インスタライブで話した“冷笑話”をご紹介。ドラマ本編とは関係ないけど、どこかで話したいと思ってたのよ。

正負之間 正負の関係

“他是我的鄰居、同事、兄弟、家人” 
訳:"僕の隣人で同僚で兄弟のような存在"

ほとんどオープニングのシーン。傅理躬が鄭則守との関係を簡単に紹介する。

“他(ㄊㄚ|tā)是(ㄕˋ|shì)我(ㄨㄛˇ|wǒ)的(˙ㄉㄜ|de)鄰(ㄌㄧㄣˊ|lín)居(ㄐㄩ|jū)、同(ㄊㄨㄥˊ|tóng)事(ㄕˋ|shì)、兄(ㄒㄩㄥ|xiōng)弟(ㄉㄧˋ|dì)、家(ㄐㄧㄚ|)人(ㄖㄣˊ|)”

“鄰居”は「お隣さん、ご近所さん」、“同事”は「同僚」、ちなみに“同學”は「クラスメート、あるいは学生に見えるような年頃の子供に呼びかける語」、“家人”は日本語でも古い言い方で「家族」のことよね。あたしは使うけど。さあさあそして“兄弟”よ。中国語の辞書を引くと、「弟、あるいは男子が用いる自分より年功の小さい者に対して呼びかける語」とあったわ。びっくり。「お兄ちゃん」は入ってないんだね。ところが一般的にはこの“兄弟”には「友達」や「親友」以上の関係の人を「家族同然の、兄弟同然の関係」という意味で呼ぶことがあるんですよ。日本語には「兄弟分」とか「弟分」という言い方があってその使い方は中国語の古い言い方と同根でしょうね。そのままの使い方だもの。ただ日本語で「兄弟」といった場合には血のつながりが意識されてしまうからねえ。BLで出てくる“兄弟”は訳をあてるのが難しい単語の一つってわけよ。

“水餃在哪裡訂?” 
訳:水餃子はどこで予約する?

簡英澤役のマット君と加藤勇氣役のV仔(キレイさん)のインスタライブでV仔が突然ぶっこんで来た
“冷(ㄌㄥˇ|lěng)笑(ㄒㄧㄠˋ|xiào)話(ㄏㄨㄚˋ|huà)”(「笑えないギャグ、場が凍り付くような話」)
をご紹介。

“你(ㄋㄧˇ|nǐ)知(ㄓ|zhī)道(ㄉㄠˋ|dào)水(ㄕㄨㄟˇ|shuǐ)餃(ㄐㄧㄠˇ|jiǎo)在(ㄗㄞˋ|zài)哪(ㄋㄚˇ|nǎ)裡(ㄌㄧˇ|lǐ)訂(ㄉㄧㄥˋ| dìng)嗎(˙ㄇㄚ|)?”

“訂”は「予約する」の意味でレストランを予約したりするのも“訂位(ㄨㄟˋ|)”と言うのね。「水餃子をどこで予約するか知ってる?」 このぶっこみのあとコメント欄は中国語で「またきたよ」みたいな突っ込みがあふれたわね。答えは“當(ㄉㄤˋ|dàng)鋪(ㄆㄨˋ|pù)”、これ「質屋」。なぜかって? 質屋で水餃子を予約すんのよ? 予約したら受け取るでしょう? 「受け取る」の中国語は“領(ㄌㄧㄥˇ|lǐng)”だから“(在)當鋪領”なわけ。いままでやってこなかったけど無理やりカタカナで発音を表してみると“當鋪領”は「ダンプーリン」。お分かりかしら?

言葉と言葉の間にあるもの

上で「名詞はその言語の世界の切り取り方」が見えるって言ったけど、世界の切り取り方が違うってことは異なる言語間でやっぱりぴったりした訳がつけられることのほうが少ないのよね。「これなんて言うのかなあ」の連続ですもの。V仔の「つまらない話」、あたしは笑っちゃったけどね、これは切り取り方が違うどうのこうのの話じゃない。それであたし言ったわよ。「それをどうやって日本のみんなに訳せっていうのよ!」って。

執筆者情報

歐陽(オウヤン)ママ

早稲田大学大学院修了。論文のテーマは台湾の文化。
2012年から2013年にかけて台湾で生活、日本語の先生などしてふらふらする。
新宿二丁目では2021年10月15日に新しいお店「美麗島」をオープン!

Rakuten TVで視聴する

415901

歐陽ママ 台湾ドラマ 中国語講座

関連記事

ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ