1. TOP
  2. アニメ
  3. “生存戦略”!? リアルと幻想が入り混じった世界での多くの“謎”が魅力-『輪るピングドラム』

“生存戦略”!? リアルと幻想が入り混じった世界での多くの“謎”が魅力-『輪るピングドラム』

“生存戦略”!? リアルと幻想が入り混じった世界での多くの“謎”が魅力-『輪るピングドラム』
(C)イクニチャウダー/ピングループ
少女革命ウテナ』などを手がけた幾原邦彦監督のオリジナル作品として2011年7月にテレビ放送がスタートしたアニメ『輪るピングドラム』。

高倉冠葉(かんば)と晶馬(しょうま)の兄弟は、余命わずかと宣告された妹の陽毬(ひまり)と思い出の水族館に出かけるが、そこで陽毬は倒れてしまい、息絶えてしまう。しかし、悲しむ兄弟の目の前でペンギン型の帽子をかぶった妹がいきなり蘇生。その時に放った言葉が“生存戦略”だった。

ペンギン帽を被った陽毬は、“プリンセス・オブ・ザ・クリスタル”という別人格になっていて、「妹を助けたければ“ピングドラム”を手に入れろ」と冠葉と晶馬に命令する。兄弟はピングドラムを探すために荻野目苹果(りんご)の調査を始めるが、それは思いもかけず過去のある出来事に繋がっていく。

“ピングドラム”や“生存戦略”などアニメの初回から多くの“謎”が登場。この“謎”が作品の大きな魅力となっていて、アニメ放送時、多くの視聴者がさまざまな考察、分析を行いつつストーリー展開を楽しんでいた。

“妹のために”とプリンセスの命令通りにピングドラムを探す冠葉と晶馬、自身の運命を信じて日記に書かれた出来事を実現し続ける苹果、他にも新たな運命を導くために苹果の日記を手に入れようとする夏芽真砂子や大切な“運命の人”を取り戻すために目的を果たそうとする多蕗桂樹と時籠ゆりなど、“ピングドラム”を巡っていろんな思いが錯綜する。

422612

『劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM』は、アニメ放送から10周年というタイミングで公開された劇場版。TVシリーズ全24話を再構築し、新作パートを加えて前編・後編に分けて構成されている。その前編が『劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM[前編]君の列車は生存戦略』。テレビシリーズを見ていた人なら見始めてすぐに気づくと思うが、“総集編”や“ダイジェスト”という作品ではなく新しい作品に生まれ変わっている。テレビシリーズでは最後に子どもの姿になった冠葉と晶馬が旅立っていくが、劇場版ではその2人が池袋の水族館で記憶がない状態から始まる。つまり、テレビシリーズの最終回の後の物語と見ることもできる。また、冒頭からたっぷりと新作パートを見せることによって、この映画が新しい作品であることを視聴者に提示している。

全24話もあって謎も多いというと、マニアックな作品だと思われる方も多いだろう。もちろん考察好きなマニアックな人が楽しめる作品だが、初見の人も予備知識なく楽しめるように再構築されたのが、この劇場版だと言える。テレビシリーズを見ていた人も、新作パートがあることで既存のシーンが違う印象で見えたり、「実はこういう意味があったのかも」と新たな発見もあるはず。7月22日(金)に公開されたばかりの「劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM[後編]僕は君を愛してる」を楽しむためにも、前編をじっくり見てもらいたい。

(文・田中隆信)

Rakuten TVで視聴する

57128,422612

コラム アニメ 輪るピングドラム
ツイート
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧

アクセスランキング

パリーグスペシャル
  • 月別アーカイブ