1. TOP
  2. 映画
  3. 第76回カンヌ国際映画祭が間もなく開幕!注目を浴びたあの年の受賞作を振り返る

第76回カンヌ国際映画祭が間もなく開幕!注目を浴びたあの年の受賞作を振り返る

第76回カンヌ国際映画祭が間もなく開幕!注目を浴びたあの年の受賞作を振り返る
(C)Meta_Spark&Kärnfilm_AB_2018
76回目を迎えるカンヌ国際映画祭が5月16日に開幕する。最高賞であるパルムドールに、是枝裕和監督の最新作『怪物』や、役所広司が主演を務める『Perfect Days』(ヴィム・ヴェンダース監督)がノミネートされており、賞の行方が気になるところだ。
是枝監督は、第71回(2018年)に『万引き家族』でパルムドールを受賞、ノミネートは第75回(2022年)の『ベイビー・ブローカー』に続き、2年連続となる。
今回は『万引き家族』がパルムドールを受賞した第71回カンヌ国際映画祭主要部門の受賞作の中からRakuten TVで配信中の作品をご紹介!
目次

審査員賞

存在のない子供たち

341803 (C)2018 Mooz Films

両親を告訴する。僕を産んだ罪で。

わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン(ゼイン・アル=ラフィーア)。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。朝から晩まで両親に劣悪な労働を強いられていた。唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、家を飛び出したゼインを待っていたのは、さらに過酷な“現実”だった。果たしてゼインの未来は―?

出演:ゼイン・アル=ラフィーア、ヨルダノス・シフェラウ、ボルワティフ・トレジャー・バンコレ、カウサル・アル=ハッダード、ファーディー・カーメル・ユーセフ、シドラ・イザーム、アラーア・シュシュニーヤ、ナディーン・ラバキー
監督:ナディーン・ラバキー
脚本:ナディーン・ラバキー

男優賞

ドッグマン

325881 (C)2018 Archimede srl – Le Pacte sas

男は落ちてしまった。幸せな日常にあいた、不条理という名の穴に──。

イタリアのさびれた海辺の町で、〈ドッグマン〉という犬のトリミングサロンを営むマルチェロ。質素な店だが、大好きな犬の世話をしながら、愛する娘と会う時間と、仲間と食事やサッカーを楽しむひと時さえあれば、温厚で小心者のマルチェロは幸せだ。だが一方で、暴力的な友人のシモーネに利用され、支配される関係から抜け出せずにいた。ある日、シモーネから持ち掛けられた儲け話を断り切れなかったマルチェロは、その代償として仲間たちの信用とサロンの顧客を失い、娘とも会えなくなってしまう──。

出演:マルチェロ・フォンテ、エドアルド・ペッシェ、アダモ・ディオニージ
監督:マッテオ・ガローネ
脚本:ウーゴ・キーティ、マッシモ・ガウディオソ、マッテオ・ガローネ

監督賞

COLD WAR あの歌、2つの心

322091 (C)OPUS FILM Sp. z o.o. / Apocalypso Pictures Cold War Limited / MK Productions / ARTE France Cinéma / The British Film Institute / Channel Four Televison Corporation / Canal+ Poland / EC1 Łódź / Mazowiecki Instytut Kultury / Instytucja Filmowa Silesia Film / Kino Świat / Wojewódzki Dom Kultury w Rzeszowie

一緒にいたいだけ

冷戦に揺れるポーランドで、歌手を夢見るズーラとピアニストのヴィクトルは音楽舞踏団の養成所で出会い、恋に落ちる。だが、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、パリに亡命する。歌手になったズーラは公演で訪れた先でヴィクトルと再会、幾度かのすれ違いを経て共に暮らし始める。しかし、ある日突然ズーラはポーランドへ帰ってしまう。あとを追うヴィクトルに、思いもかけぬ運命が待ち受けていた。二人の愛が結ばれる日は来るのだろうか・・・。

出演:ヨアンナ・クーリグ、トマシュ・コット、ボリス・シィツ、アガタ・クレシャ、セドリック・カーン、ジャンヌ・バリバール、アダム・フェレンツィ、アダム・ボロノビチ
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ
脚本:パヴェウ・パヴリコフスキ、ヤヌシュ・グウォヴァツキ、ピヨトル・ボルコフスキ

脚本賞

ある女優の不在

343993 (C)Jafar Panahi Film Production

「女優」とは?「人生」とは?スマホサイズの自殺動画から始まる深遠なミステリー。

イランの人気女優ベーナズ・ジャファリのもとに、見知らぬ少女からの悲痛な動画メッセージが届いた。その映画好きの少女マルズィエは、女優を志して芸術大学に合格したが、家族の裏切りによって夢を砕かれて自殺を決意。その動画はマルズィエが首にロープをかけ、カメラ代わりのスマートフォンが地面に落下したところで途切れていた。動画のあまりにも深刻な内容に衝撃を受けたジャファリは、友人である映画監督ジャファル・パナヒが運転する車でマルズィエが住むイラン北西部の村を訪れる。マルズィエは本当に命を絶ってしまったのか。やがて現地調査を行うジャファリとパナヒは、イラン革命後に演じることを禁じられた往年のスター女優シャールザードにまつわる悲劇的な真実を探りあてていくのだった……。

出演:ベーナズ・ジャファリ、ジャファル・パナヒ、マルズィエ・レザイ
監督:ジャファル・パナヒ
脚本:ジャファル・パナヒ

スペシャル・パルムドール

イメージの本

318745 (C)Casa Azul Films – Ecran Noir Productions – 2018

『勝手にしやがれ』の巨匠ゴダールがカンヌ画祭で 史上初の【スペシャル・パルムドール】を受賞した話題作

何ひとつ 望み通りにならなくても、希望は生き続ける―――。88歳を迎えてなお、世界の最先端でエネルギッシュに創作活動 に取り組むジャン=リュック・ゴダールが新たに撮り下ろした子どもたちや美しい海辺などの映像に、様々な<絵画>、<映画> 、<文章>、<音楽>を巧みにコラージュし、この世界が向かおうとする未来を指し示す 5 章からなる物語。

声の出演:ジャン=リュック・ゴダール
監督:ジャン=リュック・ゴダール

ある視点部門 最優秀作品賞

ボーダー 二つの世界

341804 (C)Meta_Spark&Kärnfilm_AB_2018

わたしは心を嗅ぎ分ける

孤独な税関職員のティーナ(エヴァ・メランデル)は、ある日、謎めいた男に出会う――。スウェーデンの税関に勤めるティーナは、違法な物を持ち込む人間を嗅ぎ分ける能力を持っていたが、生まれつきの醜い容姿に悩まされ、孤独な人生を送っていた。ある日、彼女は勤務中に怪しい旅行者ヴォーレ(エーロ・ミロノフ)と出会うが、特に証拠が出ず入国審査をパスする。ヴォーレを見て本能的に何かを感じたティーナは、後日、彼を自宅に招き、離れを宿泊先として提供する。次第にヴォーレに惹かれていくティーナ。しかし、彼にはティーナの出生にも関わる大きな秘密があった――。

出演:エヴァ・メランデル、エーロ・ミロノフ
監督:アリ・アッバシ
脚本:アリ・アッバシ、イサベッラ・エークルーヴ、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト

ある視点部門 最優秀俳優賞

Girl/ガール

339084 (c)Menuet 2018

バレリーナになる。この夢は、何があっても諦めない。

15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねていくが、初めての公演が迫る中、ライバルからの心ない嫉妬、身体の変化により思い通りに動けなくなることへの焦りが、彼女の心と体を追い詰めていく。

出演:ビクトール・ポルスター、アリエ・ワルトアルテ、オリバー・ボダル、ティヒメン・フーファールツ
監督:ルーカス・ドン
脚本:ルーカス・ドンアンジェロ・ティヒセン

Rakuten TVで視聴する

341804,341803,325881

カンヌ国際映画祭 賞レース 是枝裕和
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ