1. TOP
  2. ライブ
  3. 【後編】寿つかささん&七海ひろきさんインタビュー:『THE MONEY』出演

【後編】寿つかささん&七海ひろきさんインタビュー:『THE MONEY』出演

【後編】寿つかささん&七海ひろきさんインタビュー:『THE MONEY』出演
元宝塚歌劇団宙組組長・寿つかさ退団後初舞台&初主演、七海ひろき初プロデュース演劇企画、舞台『THE MONEY -薪巻満奇のソウサク-』が上演される。Rakuten TVでは、東京・大阪公演千秋楽公演を独占ライブ配信する。 前編では欲望渦巻く5人が織りなす新感覚ミステリーシットコム作品について、出演やプロデュースへの思い、現在の心境や、期待することなどを聞いた。 そして、後編ではRakuten TVで配信している宝塚歌劇団の作品から、ふたりのおすすめ作品をセレクトしてもらい、それぞれのセレクト理由や思い出を語ってもらった。 (文・写真:岩村美佳)

寿さん、七海さんのおすすめ作品はこれだ!

エクスカリバー-美しき騎士たち-(’98年宙組)
銀河英雄伝説@TAKARAZUKA(’12年宙組)


エクスカリバー-美しき騎士たち-(’98年宙組・宝塚)

(c) 宝塚歌劇団

ーー寿さんは『エクスカリバー-美しき騎士たち-(’98年宙組)』を選んでくださいましたが、セレクト理由や、思い出などをお聞かせください。

寿:
今年は宙組誕生25周年なんですよね。25年の宙組の歴史の中で縁があって、今回の舞台『THE MONEY』のメンバーとも出会い、今に繋がっていると感じています。そんな宙組が誕生した作品をぜひもう一度私も振り返ってみたいですし、皆様にも観ていただきたいなと思う作品です。
また、芹香斗亜さんが新トップになって新生宙組がスタートして、またその作品が『エクスカリバー』(注:別バージョンの作品です)ということで、今また25年前の『エクスカリバー-美しき騎士たち-』を観たいなと私自身も思いますし、皆様も楽しんでいただけたらなと思います。絆であったり、愛であったり、何かまた一歩踏み出す勇気が出る作品だと思いますので、ご覧になった方にはまた改めて観ると違うと思いますし、初めての方にも、この宙組誕生という作品を楽しんでいただけたらと。とても楽しい作品なので。

七海:
本当に面白い、いい作品ですよね。

ーー芹香さんの『エクスカリバー』と、宙組誕生の『エクスカリバー-美しき騎士たち-』を拝見すると、まさに「エモい」ってこれだなと思いました。

寿・七海:
そうですよね!

銀河英雄伝説@TAKARAZUKA(’12年宙組)

(c) 宝塚歌劇団

ーー七海さんは、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA(’12年宙組)』を選んでくださいましたが、セレクト理由や、思い出などをお聞かせください。

七海:
すごくたくさん作品があってどうしようかと思ったんですが、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』には、『THE MONEY -薪巻満奇のソウサク-』の出演者が出ていて、さらに今回とは全く違う役をやってるんです。だから、銀英伝で全く違う役をやっている皆さんを見たら、舞台『THE MONEY』も、より楽しんでもらえて、すごく面白いんじゃないかなと思って選ばせていただきました。ぜひどちらも観てもらえたらと思います。

ーー改めて拝見して、例えば、緒月さんと伶美さんがお芝居しているところなど、今観たら新鮮な場面がたくさんありました。

七海:
そうなんですよ。その2人が今度は全然違う役で舞台に立つので、そこもエモいなと思い、選ばせていただきました。

ーーなるほど!おふたりは、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA(’12年宙組)』では共演されていますが、何か当時の思い出とかありますか?

寿:
カイちゃんに引っ張っていただいて。

七海:
原作の「銀河英雄伝説」が大好きでしたからね(笑)。

寿:
読書好きで、コミックも好きでね。

七海:
「銀河英雄伝説」は、高校時代から好きだったんです。

寿:
「歌劇」の座談会のときに、ちょっとまだみんなが役がつかめなかったり、3時間の中に凝縮する分すごくたくさん喋らなければいけなかったりする状況で、カイちゃんが「『銀河英雄伝説』ファンの立場からしたら」って。

七海:
その人物がどうあってほしいかみたいな(笑)。

寿:
すごく説明してくれて、みんなを纏めてくれたり、的確なアドバイスしてくれたりして、「キャラクターが動いてくれることだけでも嬉しい」って。

七海:
言いました!

寿:
それで、みんなで何か一つ腹に落ちたみたいというか、腑に落ちたところからスタートしました。

七海:
今考えるとよくあんなこと言ったなということを、たくさん言いましたね。でも、作品を愛するがゆえに、どうしてもこうしてほしいみたいなのがすごくあって…。だから、みんなにも「こんな感じはどうですか?」とか提案をしていました。

寿:
カイちゃんあっての作品だったんです。

七海:
すごい熱かったですね。

寿:
確かに熱かったね。

ーー11年前の作品ですが、演劇界全体で言うと、刀剣乱舞シリーズが登場するよりも前で、2.5次元のパワーがそれほど大きくない頃だったと思いますが、本当に今上演していてもおかしくない作品だなと思いました。

七海:
皆さんぴったりで素晴らしかったですよね。

ーーあれほどクオリティの高い2.5次元作品だったのだなと、改めて思いました。

寿:
宝塚は『ベルサイユのばら』もそうですが。

七海:
そうですよね。

ーー宙組の皆さんの完成度の高さが詰め込まれている作品だなと思います。

七海:
ラインハルトを演じた主演の凰稀(かなめ)さんは、ラインハルトそのものでした。役作りもさることながら、ビジュアルのとても美しく気高いイメージが完璧で。そして、すっしぃさんの皇帝も、私はすごく好きでした。

寿:
ラインハルトが国を作るという主人公だったじゃないですか。お披露目公演だったので、宇宙を制覇して新たな王をというところと、新しい宙組を作るところが重なって、そこに全員で向かっていったことを覚えています。

ーー『エクスカリバー-美しき騎士たち-』も『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』も、新たな国を作る物語でお披露目公演ですね。『THE MONEY -薪巻満奇のソウサク-』と併せてこちらの2作品も楽しんでいただきたいですね。

寿・七海:
ぜひご覧ください!

https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/08/kotobuki-nanami01.html 【前編】寿つかささん&七海ひろきさんインタビュー:『THE MONEY』出演

Rakuten TVで視聴する

250947,102092

URLをコピー
ポスト
シェア
送る
Lifetime
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集
  • 年月別アーカイブ