1. TOP
  2. お知らせ
  3. ランキング
  4. 【Rakuten TV年間ランキング】 2023年度 邦画編

【Rakuten TV年間ランキング】 2023年度 邦画編

【Rakuten TV年間ランキング】 2023年度 邦画編
Rakuten TVが取り扱う邦画作品の年間ランキングTOP10を発表!今回発表するランキングは、2023年1月1日〜2023年10月31日の間に、Rakuten TVで配信している作品の販売本数を元に集計したものです!
目次

今年の邦画の年間ランキングは『沈黙のパレード』がトップに!東野圭吾の人気ミステリー、ガリレオシリーズの最新作として9年ぶりの映画化。
続く第2位は『キングダム2 遥かなる大地へ』。天下の大将軍になる夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政を壮大なスケールで描く大ヒットシリーズ!

https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/11/2023ranking-youga.html 【Rakuten TV年間ランキング】 2023年度 洋画編 https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/11/2023ranking-koreandrama.html 【Rakuten TV年間ランキング】 2023年度 韓国ドラマ編 https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/11/2023ranking-asiandrama.html 【Rakuten TV年間ランキング】 2023年度 中国・台湾・タイドラマ編 https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/11/2023ranking-bl.html 【Rakuten TV年間ランキング】 2023年度 BL編

第1位

沈黙のパレード

444603

沈黙は、連鎖する――それは罪か、愛か。

福山雅治演じる、変人だけど天才的頭脳を持つ物理学者・湯川学が、不可解な未解決事件を科学的検証と推理で見事に解決していく、大人気・痛快ミステリーシリーズ。映画第3弾となる今作では、柴咲コウ演じる、湯川のバディ的存在の刑事・内海薫と、北村一輝演じる、湯川の親友で内海の先輩刑事・草薙俊平が9年ぶりに再集結!
「ガリレオ」の醍醐味ともいえる、3人の絶妙なやりとりが帰ってきた!
天才物理学者・湯川学の元に、警視庁捜査一課の刑事・内海薫が相談に訪れる。行方不明になっていた女子学生が、数年後に遺体となって発見された。内海によると容疑者は、湯川の親友でもある先輩刑事・草薙俊平がかつて担当した少女殺害事件で、完全黙秘をつらぬき、無罪となった男・蓮沼寛一。蓮沼は今回も同様に完全黙秘を遂行し、証拠不十分で釈放され、女子学生の住んでいた町に戻って来た。町全体を覆う憎悪の空気…。そして、夏祭りのパレード当日、事件が起こる。蓮沼が殺された。女子学生を愛していた、家族、仲間、恋人…全員に動機があると同時に、全員にアリバイがあった。そして、全員が沈黙する。湯川、内海、草薙にまたもふりかかる、超難問...! 果たして、湯川は【沈黙】に隠された【真実】を解き明かせるのか...!?

出演:福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、岡山天音、川床明日香、出口夏希、村上淳、吉田羊、檀れい、椎名桔平
監督:西谷弘
脚本:福田靖

第2位

キングダム2 遥かなる大地へ

https://im.akimg.tv.rakuten.co.jp/content/25/11/435211/slider01.jpg

命をたぎらせ、生きろ。

時は紀元前。春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児として育った信は、王弟のクーデターにより玉座を追われた若き王・嬴政に力を貸し、みごと内乱を鎮圧。玉座を奪還することに成功した。しかし半年後、王宮に突如知らせが届く。隣国「魏」が国境を越え侵攻を開始した。秦国は国王嬴政の号令の下、魏討伐のため決戦の地・蛇甘平原に軍を起こす。歩兵として戦に向かうことになった信は、その道中、同郷の尾平と尾到と再会。尾兄弟に加え、残り者の頼りない伍長・澤圭と、子どものような風貌に哀しい目をした羌瘣と名乗る人物と最弱の伍を組むことになってしまう。信たちが決戦の地・蛇甘平原に着くと、戦況は最悪。完全に後れを取った秦軍だったが、信が配属された隊を指揮する縛虎申は、無謀ともいえる突撃命令を下す。

出演:山﨑賢人、吉沢 亮、橋本環奈、清野菜名、豊川悦司、大沢たかお
監督:佐藤信介
脚本:黒岩 勉、原 泰久

第3位

日本統一54

440668

横浜で出回るクスリの正体とは―

丸神会中森組組長・中森(大賀太郎)と氷室(本宮泰風)が何者かに銃撃を受け、氷室は事情聴取の為警察に連行されていた。氷室不在の間、八王子の株買い占めや、横浜で出回っているフェンタニルの出どころを山崎一門中心に探っている侠和会。そこに虎(小手山 雅)と照(喜矢武 豊)の姿はなかった。虎は田村(山口祥行)の言葉に感銘を受け、成果を出そうと照と共に奮闘していた。そして二人は加須にあるクラブで大騒ぎし、ある波乱を巻き起こそうとしていた。それは関東七人会を切り崩すための氷室と田村の策略であったが…。

出演:本宮泰風、山口祥行、菅田俊、成瀬正孝、小沢仁志
監督:辻裕之
脚本:村田啓一郎

https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/04/nihontouitsu230412.html 55作に及ぶ長い長い物語、「日本統一」をどこから見るか? これから見始める人にオススメのポイントはココ! https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/06/nihontouitsu-motomiya.html シリーズ累計80作を超える『日本統一』。主演のみならず、総合プロデューサーの肩書きも持つ“本宮泰風”とは? https://news.tv.rakuten.co.jp/2022/11/221112nihontouitsu.html 『日本統一』主人公・氷室蓮司と田村悠人のコンビが“Vシネマ”のイメージを変えた

第4位

日本統一55

443961

横浜、再び戦場と化す

若松一家の襲撃から田村(山口祥行)を守るため負傷し、一人囮となり逮捕されてしまった虎(小手山雅)。その一件から、以前より侠和会を目の敵にしていた特捜班・松宮警部は激怒し、ますます侠和会を敵視。検挙しようと躍起になっていた。山崎一門は依然、フェンタニルの売人探しを続けるが、潜んだままの中森(大賀太郎)に向けてより大きい餌をぶら下げようと、三田(菅田俊)の別荘で侠和会と丸神会が落ち合うことに。一方、記者である由利子(宮﨑 優)は、氷室(本宮泰風)から受けたアドバイスを元に新たな情報を掴んでいた。

出演:本宮泰風、山口祥行、舘昌美、勝矢、北代高士、中澤達也、本田広登、川﨑健太、小手山雅、喜矢武豊、岸田タツヤ、宮﨑優、宇野結也、近童弐吉、渡辺裕之、中野英雄、菅田俊、成瀬正孝、小沢仁志
監督:辻裕之
脚本:村田啓一郎

https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/04/nihontouitsu230412.html 55作に及ぶ長い長い物語、「日本統一」をどこから見るか? これから見始める人にオススメのポイントはココ! https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/06/nihontouitsu-motomiya.html シリーズ累計80作を超える『日本統一』。主演のみならず、総合プロデューサーの肩書きも持つ“本宮泰風”とは? https://news.tv.rakuten.co.jp/2022/11/221112nihontouitsu.html 『日本統一』主人公・氷室蓮司と田村悠人のコンビが“Vシネマ”のイメージを変えた

第5位

日本統一53

433232

侠和会、関東進出

鎌倉の御前と銀座・東友会を潰し、東京の貸しジマ制度を撤廃させた侠和会若頭・氷室(本宮泰風)と本部長・田村(山口祥行)。矢車会の跡目と盃を交わした氷室は、再結成した関東七人会に対し、矢車会の健在及び侠和会の威光を示すため、東京で侠和会会長・川谷(小沢仁志)も参加の矢車会先代の葬儀を執り行うことに。葬儀には取材を入れ、侠和会の東京進出を大々的にアピール。そして、東京進出に合わせ、茨城・横浜・八王子のシマの強化・拡大を進める。その最中、横浜ではフェンタニルという合成麻薬が出回っており、不穏な空気が流れ始める。横浜港のドンこと鶴岡(尾藤イサオ)から丸神会横浜支部の中森(大賀太郎)が怪しいと聞いた氷室は、藤代組の川上(中澤達也)と竜次(岸田タツヤ)と共に中森組に乗り込む。シラを切る中森だったが、氷室は中森の後ろに誰かがいると睨んでいた。

出演:本宮泰風、山口祥行、菅田俊、成瀬正孝、小沢仁志
監督:辻裕之
脚本:村田啓一郎

https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/04/nihontouitsu230412.html 55作に及ぶ長い長い物語、「日本統一」をどこから見るか? これから見始める人にオススメのポイントはココ! https://news.tv.rakuten.co.jp/2023/06/nihontouitsu-motomiya.html シリーズ累計80作を超える『日本統一』。主演のみならず、総合プロデューサーの肩書きも持つ“本宮泰風”とは? https://news.tv.rakuten.co.jp/2022/11/221112nihontouitsu.html 『日本統一』主人公・氷室蓮司と田村悠人のコンビが“Vシネマ”のイメージを変えた

第6位

ビリーバーズ

433120

汚れた俗世よ、さようなら―

とある孤島で生活をする二人の男と一人の女。「ニコニコ人生センター」という宗教的な団体に所属している3人は、「孤島のプログラム」と呼ばれる無人島での共同生活を送り、安住の地へ行ける日に思いを馳せていた。1人は本名を捨て、男の1人(磯村勇斗)は「オペレーター」、女(北村優衣)は「副議長」、もう1人の男(宇野祥平)は「議長」と名乗り、互いにそう呼び合っている。笑顔を表す顔文字のようなものがプリントされた揃いのTシャツを着て、毎日決められた「プログラム」に従って、規則正しい生活を送っていた。起床すると地面に腰を下ろし、それぞれの脚を伸ばし三角形を描くように足裏を合わせ瞑想。その後、簡素な朝食を囲み、それぞれ昨晩に見た夢の内容を報告しあう。かと思えば、今度はお互い頭に浮かんだ記号をホワイトボードに書き付け、そのイメージが通じ合っているかを確かめるテレパシーの実験のようなことを始め出す。

出演:磯村勇斗、北村優衣、宇野祥平、毎熊克哉
監督:城定秀夫
脚本:城定秀夫

第7位

Dr.コトー診療所

https://im.akimg.tv.rakuten.co.jp/content/24/73/454237/slider01.jpg

人を救って人に救われて、ずっと、ここで生きてきた。

日本の西の端にぽつんと在る美しい島・志木那島。本土からフェリーで6時間かかるこの絶海の孤島に、19年前東京からやってきた五島健助=コトー(吉岡秀隆)。以来、島に“たったひとりの医師”として、島民すべての命を背負ってきた。長い年月をかけ、島民はコトーに、コトーは島民に信頼をよせ、今や彼は、島にとってかけがえのない存在であり、家族となった。数年前、長年コトーを支えてきた看護師の星野彩佳(柴咲コウ)と結婚し、彩佳は現在妊娠7ヶ月。もうすぐ、コトーは父親になる。コトーは、彩佳、和田、そして新米医師の織田判斗、そして数年前から診療所に勤める島出身の看護師・西野那美と共に診療所を切り盛りしていた。しかし、2022年現在、日本の多くの地方がそうであるように、志木那島もまた過疎高齢化が進んでいる。財政難にあえぐ近隣諸島との医療統合の話が持ち上がりコトーに島を出て拠点病院で働かないかとの提案が。そうなればコトーは長年暮らした島を出て行くことになる。それが島の未来のためになると理解しながらも、コトーは返事を出来ずにいた。そんな折、島に近づく台風。毎年多くの台風の通り道となっている志木那島だが、想像を超える被害がもたらされているという話が役場に入ってくる。次々と診療所に運び込まれる急患。限られた医療体制で対応を強いられる診療所は野戦病院と化す。そして再び、コトーたちは“家族”である島民たちの優しさと人の命の尊さに向き合い葛藤することになる。時として残酷な自然、時を経て宿った新たな命、失われゆくもの、立ちはだかる現実。島はすべてを包み込んで、人々は、そこに生きている。

出演:吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎、大塚寧々、髙橋海人、生田絵梨花、泉谷しげる、筧利夫、小林薫、朝加真由美、大森南朋、富岡涼
監督:中江功
脚本:吉田紀子

第8位

ある男

451183

愛したはずの夫はまったくの別人でした—― 「愛」と「過去」をめぐる珠玉の感動ヒューマンミステリー

弁護士の城戸(妻夫木聡)は、かつての依頼者である里枝(安藤サクラ)から、亡くなった夫「大祐」(窪田正孝)の身元調査という奇妙な相談を受ける。里枝は離婚を経て、子供を連れて故郷に戻り、やがて出会う「大祐」と再婚。そして新たに生まれた子供と4人で幸せな家庭を築いていたが、ある日「大祐」が不慮の事故で命を落としてしまう。悲しみに暮れる中、長年疎遠になっていた大祐の兄・恭一が法要に訪れ、遺影を見ると 「これ、大祐じゃないです」と衝撃の事実を告げる。愛したはずの夫「大祐」は、名前もわからないまったくの別人だったのだ‥‥。「大祐」として生きた「ある男」は、いったい誰だったのか。何故別人として生きていたのか。「ある男」の正体を追い“真実”に近づくにつれて、いつしか城戸の心に別人として生きた男への複雑な思いが生まれていく―――。

出演:妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、眞島秀和、小籔千豊、坂元愛登、山口美也子、きたろう、カトウシンスケ、河合優実、でんでん、仲野太賀、真木よう子、柄本明
監督:石川慶
脚本:向井康介

第9位

すずめの戸締まり

457641

扉の向こうには、すべての時間があった――

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年・草太に出会う。災いが訪れてしまう扉を閉めて鍵をかける“閉じ師”として日本中を旅しているのだという草太だが、二人の前に現れた謎の猫・ダイジンが「すずめすき」「おまえは じゃま」としゃべり出した次の瞬間、草太はなんと、小さな椅子に姿を変えられてしまう――! 逃げるダイジンを追いかけるすずめたちの前で、次々に開き始める扉。不思議な扉と小さな猫に導かれ、九州、四国、関西、そして東京と、日本列島を巻き込んでいくすずめの“戸締まりの旅”。その先ですずめを待っていたのは、忘れられてしまったある真実だった。

声の出演:原菜乃華、松村北斗、深津絵里、神木隆之介、松本白鸚

第10位

映画 イチケイのカラス

https://im.akimg.tv.rakuten.co.jp/content/56/96/456569/slider01.jpg

真実を明らかにするために――本当に裁かれるべきは誰か――

入間みちおが、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を去って2年。岡山に異動したみちおが担当することになったのは、主婦が史上最年少防衛大臣・鵜城英二に包丁を突きつけたという傷害事件。事件の背景には、不審点だらけのイージス艦と貨物船の衝突事故があった。だがイージス艦の航海内容は全て国家機密で、みちおの伝家の宝刀「職権発動」が通用しない難敵…!! 一方、坂間千鶴は、裁判官の「他職経験制度」で弁護士に。配属先は奇しくもみちおの隣町…! そこで出会った人権派弁護士・月本信吾とバディを組み、人々の悩みに寄り添う月本に、次第に心惹かれていく…。そんな中、町を支える地元大企業のある疑惑が浮かび上がる――。2つの事件に隠された、衝撃の真実。それは決して開けてはならない パンドラの箱だった――!? どうする、みちお…!!!?

出演:竹野内豊、黒木華、斎藤工、山崎育三郎、柄本時生、西野七瀬、田中みな実、桜井ユキ、水谷果穂、平山祐介、津田健次郎、八木勇征、尾上菊之助、宮藤官九郎、吉田羊、向井理、小日向文世
監督:田中亮
脚本:浜田秀哉

Rakuten TVで視聴する

444603,435211,440668

ランキング
URLをコピー
ポスト
シェア
送る
前の記事へ
次の記事へ
宝塚歌劇LIVE配信一覧
BL特集

アクセスランキング

  • 月別アーカイブ